スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

ダーク・フェアリー

今日のレンタルDVDは借り暮らしの小さな悪魔
ダーク・フェアリー」(初見)
2011年 1:40 7.90Mb/s 448kbps(DD 5.1ch)

永遠のこどもたち」のギレルモ・デル・トロが脚本と製作を務め、
テレビ映画「地下室の魔物」をリメイクしたダーク・ファンタジー。
ギレルモ独特の切なくも怖いダークファンタジーを期待していたのだが、
正直、かなり在り来たりの凡作どまり。

内容は歯の妖精「トゥースフェアリー」をモチーフに、
郊外の屋敷に引っ越してきた孤独な少女と地下室に棲む魔物の出会いの物語
冒頭なかなかの恐怖演出でつかみはOKかと思ったが、その後失速。
想像の域を全くはみ出ない王道展開で、
何を言っても信じない父親と、図書館で謎を探る義母、
独りを狙って襲われるブサカワの少女は結局最後まで無傷。
ダークな雰囲気と妖精目線のローアングルが良かっただけ。
ダーク・フェアリー

冒頭シーンが良かっただけに期待が高まったのだが、
割りと早い段階で妖精の容姿が露にされてしまい、
チマチマと襲ってくるも実害無しという半端さ。
脇役も分かっちゃいるがイライラ要因でしかなく、
また何といっても子役が垂れ頬の膨れっ面で全然可愛くない!w
これといった見所も無く凡庸凡作。
ダーク・フェアリー

画質は良好。
DVDにしてはなかなかの解像度感があり、ハイデフ栄えしそうに思う。
映像はシャープなのだがその分、モスキートノイズも多く散見出来てしまう。
ダークな雰囲気に合わせた彩度の低い映像なのだが、
一部、暗部がだだ潰れ状態で観辛いのが残念。
ダーク・フェアリー

音質は普通。
極端なビックリ音なども無く、割りと大人しい音響。
中音域を中心に低域から高域まで程々に伸びたかまぼこバランス。
LFEはしっかり入っているが量感はそれ程でもない。
サラウンド感の聴き所はやはりワサワサと這い回る妖精達だろう。
特に序盤は姿は見えずとも音響で存在感を表すサラウンドメイク。

歯の妖精「トゥースフェアリー」をモチーフにした、
ギレルモ印のダークファンタジー。
そつのない王道展開ではあるものの、
子役ヒロインや脇役などに魅力が無く、
歯の妖精に至っても割りと早期に容姿を見せてくれるが微妙。
救いのないラストも後味悪い。
なんだか鳥人間コンテストを見ている気分w
(最初の滑空が見所で、あとはゆっくり下降してゆくダラダラ感)

   



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2013.06.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。