スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

マンイーター

今日のレンタルDVDはネイチャー風のワニワニパニック映画
マンイーター」(初見)
2007年 1:32 4.94Mb/s 448kbps(DD 5.1ch)

去年(2012年)公開されていた作品だが、豪州2007年公開作品らしい。
サム・ワーシントンが出ているが「アバター」でブレイクする前に出演していた事になる。
視聴前、てっきり本作の主役かと思ったがーあの扱い。なるほど、納得w

「ヘビ」「サメ」に並ぶモンスターパニック定番の「ワニ」
そういえば最近も似たようなワニワニパニック映画を観た記憶が。
カニング・キラー 殺戮の沼
ブラック・ウォーター
どちらも2007年公開。
ワニワニ当たり年だったようだw

内容はオーストラリアのカカドゥ国立公園で、
観光客を乗せたリバークルーズ船が座礁し中州に取り残されてしまう。
そこは現生の爬虫類の中では最大級のイリエワニの縄張りだった・・・
予告を見る限りモンスターパニック色が強そうに思えたが、
どちらかというと「ブラック・ウォーター」のように、
いつ襲ってくるか分からないワニに怯えつつ、
水辺から離れろ!水の中には入りたくない!と、こう着状態が続く。
特に前半は世界遺産だか何だか知らんが、無意味な自然風景のクローズアップを多用し、
オーストラリア自然紀行風のかなり退屈な観光旅行。
中盤以降にようやく巨大ワニが死亡(生存)フラグを無視して捕食を始めてからが本番。
ワニの見てくれも良く、最終的にワニとのバトルになる訳だが興醒めする事は無い。
恐怖の過剰演出(大げさで派手なBGM)で、そこそこハラハラ感は味わえるだろう。
マンイーター

ただ前半のゆったりとしたペース中に、
人物像や小物を使った伏線などが一切無く、
終盤のせっかくのパニック展開がほぼ一辺倒。
よって誰が食われて、誰が生き残ったか殆ど記憶に残らないし、
ぶっちゃけ、誰だって良かったんじゃね?と思ってしまう。
唯一、印象に残ったのが犬。
自分達が助かる為に飼い犬を囮(ワニの餌)に出来るか?
う、うーん・・・。
マンイーター

画質はペグノイズが多め。
片面1層の低ビットレートなので仕方ない事なのだが、
かなり派手にペグノイズが散見出来てしまう。
また終盤の夜闇でも暗部は潰れ気味で少し観辛いかも。
元々の映像は良さげなので、Blu-rayならば・・。
マンイーター

音質は良好。
B級映画とは言え、そこそこ予算がかけられている作品なので、
音響はかなり気合が入っている。
大自然の中での虫や鳥の鳴き声などかなり音数は多いし、
ひとたびワニが出てくればサラウンドスピーカー全てを使って派手なBGMが鳴る。
またワニののっそりとした動きにもかなり強調された低音が鳴るので、
大音量で観れば見るほどモンスター色が強く感じるかも知れない。

ネイチャー風のワニワニパニック映画。
巨大ワニが襲ってくるモンスターパニックモノだが、
前半はかなり退屈な観光旅行だったり、
捻りの無い一辺倒の展開だったりと、
パニックモノとしてはやや淡白な印象。
派手なBGM演出やワニの見てくれは良く、
ワニが登場している間はそこそこ楽しめるも、
終わってみれば何も残らず、物足りなさを感じる。
割りと良く出来たB級映画なのか、
ただのA級映画崩れなのか微妙なトコロ。


   



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2013.06.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。