(BD)LOVERS

本日のBlu-rayはHERO二番煎じ
LOVERS
2004年 2:00 13~22Mb/s(AVC) 4.3~5.5Mbps(ドルビー TrueHD 5.1ch)

HERO~英雄~に引き続き、LOVERS。
ちなみにアマゾンでHEROとブルーレイ2枚組セットが出ていますが、
それぞれ単品を輪ゴムで纏めてあるだけですwww
まぁ両方欲しければセットの方がお買い得。
HEROはガッカリ画質でしたが、
LOVERSは当たりでした。
少なくともDVD版とは全くの別物。

以下、DVDとBDの画質比較を交えて紹介します。

まず明るさと発色が全然違います。
Blu-rayの方で露出を固定しているのでDVDの方が暗くくすんだ感じに見えますが、
逆に言えばBlu-rayの方が凄く明るく鮮やかです。
また大きい画像を見てもらえると分かるのですが、
画角だけでなく映像サイズもトリミングされています。
これは全体を通してほぼBlu-rayの方はトリミングでズームアップされています。
ちょっと損した気分・・・
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

DVDでは色味が潰れ色彩感が減ってコッテリしていますが、
Blu-rayでは自然な色味が再現されており、同じシーンでもかなり印象が違って見えます。
また服装の色彩や刺繍の細かい部分までしっかり見えており、
ワダエミの衣裳デザインがBlu-rayになって初めて実感出来ましたw
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

シーンによってDVDはかなり暗く沈んだ映像ですが、Blu-rayは適正な明るさに。
Blu-rayに露出合わせている関係でさすがにDVDはここまで暗くはないですが、
とても同じシーンとは思えないくらいBlu-rayでは明るくしっかり暗部の情報が残っています。
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

肌の色を見てもらえると分かりますが、
DVDでは暗くくすんでシミともソバカスとも見えますが、
Blu-rayでは白くクリアな素肌に。
またHEROの時は殆ど解像度差を感じなかったのですが、
こちらはシーンによって結構大きな差を感じる事が出来ます。
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

適正な明るさに変更されているのはもちろんですが、
同様にカラーバランスも適正化されており、
このシーンでDVDは夕暮れのように見えるが、
Blu-rayではまだ昼下がりといった時間帯に見えます。
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

このシーンは露出の関係でDVDの方が青くなり過ぎてますが、
実際はここまで酷くは無いものの、やはり実際の時間帯より2~3時間暮れた暗さ。
とにかく人肌がナチュラルに見えるって大事なのだと改めて実感。
DVDは肌の色艶が悪くくすんでケバケバしく見える。
LOVERS
 (オンマウス:DVD アウトマウス:Blu-ray) 大きい画像→DVD // Blu-ray

ちなみにパッケージでは1080P Hi-Defと書いてありますが、
実際には1080/24p収録です。
またマスターフィルムが違うのか、もしくは画像処理されているのか分かりませんが、
DVDで見受けられたノイズやデジタルノイズが無くなっていました。

総評。
HEROではBlu-ray、DVD大差なかったものの、
LOVERSはDVDとは全くの別物。
Blu-rayの方は画角だけでなく映像自体もトリミングされており、
DVDと比較すると画の情報がやや狭くなってしまっていますが、
暗くくすんでいたDVDに比べて適正な明るさ・カラーバランスに整えられており、
非常に明るく鮮やかで見やすい映像。
やや白飛び気味なシーンも結構ありますが、
元々の撮影フィルムから白飛びを起こしているように見えます。
解像度感もシーンによっては大きな差を感じる事が出来る。
ただどうしても元々が甘いシーンはやはりそのまま甘いので、
ややバラつきがあるかも。
全体的にDVDとは比較にならず、Blu-rayの恩恵は十二分に感じる事が出来るだろう。
Blu-ray画質として見ると旧作からのBDと考えても、もう少し精細感が足りない。
HEROよりは確実に綺麗だとは思う。

ついでに音質も。
こちらもDVDと比べBlu-rayの恩恵は結構ある。
DVDではDTS 754kbpsのハーフレート。
これでも十分かと思っていたが、さすがにロスレスTrueHDともなれば音の厚みが歴然。
序盤の仙人指路(豆追っかけ太鼓)で聞き比べると、
太鼓が揺らす空気の振動に含まれる低音成分の量が結構違う。
DTSだとスピーカー周りだけ振動している印象なのに対し、
TrueHDだとスピーカーを中心に部屋中に空気振動が広がってゆくのが分かる。
その後の豆をぶち撒けるシーンなんかでは、
DTSとTrueHDでは確実に豆の数が違って聞こえる。
もちろんTrueHDの方が情報量が多く、ピーク時に6.2Mbpsにも達する。
そういった厚みや情報量の違いによって音場空間がTrueHDの方がひと回りくらい大きく感じる。
音のクリアさ等は同等レベルだった。
ちなみにDVDのデフォルト音声がドルデジ448kbps。
これはTrueHDはもちろんだが、DTSと比べても高域が明らかに篭って空間が狭く、
低音もスッカスカで驚いた。
TrueHDの音響が10だとすると、DTSは7~8くらいで、ドルデジは4くらいに思えたw
こちらもHEROよりは確実に音質は良いと思う。

     



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2013.06.09 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 ら

コメント

あらら、これは買いなおそうかな??(^▽^;)
これは輸入版のBDを持ってますが、あれはBDであって
BDじゃないですよね(笑)

仙人指路はチェックしてみたいです!(^^♪

2013-06-09 日 21:38:57 | URL | take51 #- [ 編集]

>take51さん

北米盤BDは観たこと無いですけど、たぶん国内版の方が画も音も良いと思われます。
それほど高くは無いと思いますので、好きならば買って損は無いかも。

そして北米盤と国内盤の比較検証を是非!(笑)

2013-06-09 日 22:38:16 | URL | nor #- [ 編集]

ムムッ
これはやはり買いか?
ん~どうしよう・・・

2013-06-11 火 13:37:38 | URL | チラコ #- [ 編集]

>チラコさん

どもどもです。
HEROと比べるとLOVERSは間違いなく良くなっています。

take51さんが後ほど北米盤と国内盤の比較をやってくれると思うのでw
そちらを見てから判断しても遅くは無いと思いますよ~。

2013-06-11 火 21:48:14 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販