スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)96時間/リベンジ

本日のレンタルBlu-rayは無敵パパ再びー。
96時間/リベンジ」(初見)
2012年 1:38 21~28Mb/s(AVC) 3.8~4.7Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

”無敵の父親”再び。
前作では誘拐された娘を力づくで取り戻す親バカだったが、
今回は何と父親(+元妻)が誘拐されてしまう!
ただ個人的にどうしてもリーアム・ニーソンが孤軍奮闘する物語だと、
記憶が無いんだっけ?と「アンノウン」と混同してしまったw
キャラ作りが似てるんだよね・・。

内容はイスタンブールを舞台に、
前作で息子や部下たちを殺された犯罪組織のボスによる復讐劇。
現在進行形のジェットコースタームービーなのは前作同様。
冷静かつ的確な状況分析の元、悪党を躊躇無く瞬殺してゆく、
サスペンスとアクションの同時展開
96時間/リベンジ

ただ今回の(救出)ターゲットは娘+元妻。
父親自ら拉致られ、娘に指示を出して監禁場所を突き止めるなど、
前作の逆パターンながらもゾクゾクさせられたんですが、
いかんせん、元妻が邪魔w(ストーリーテンポ的にね)
娘も助けるが、元妻も助け出す~って、
”二兎を追う者は一兎をも得ず”ってことわざ知らんのか?w
結局、家族ごっこで悪を退治する話に収まってしまう。
また犯罪組織の復讐劇なんて中途半端な悪役作るも、
行動がバカ過ぎて緊迫感薄れるし。
何だか「ダイ・ハード4」っぽいノリに感じられてしまった。
96時間/リベンジ

画質は良好。
いまどき珍しくなりつつあるグレインをしっかり残したフィルムライクな映像。
シャープでクリアなHDデジタル映像に慣れてしまったが、
彫りの深いフィルム独特の立体感も捨てがたい。
カリカリの情報量や精細感度でないが、
十二分に高画質の部類。
スカイフォールに続いてインスタンブールの立体迷路?での追いかけっこ&カーチェイスが見所。
96時間/リベンジ

音質も良好。
非常に透明感あるクリアな音が特徴的で、
空気感を含む広い音場空間が味わえる。
どうも最近の濃密な音響ばかりだと楽しいのだが聴き疲れする。
 (スカイフォールやライジング、アベンジャーズなど)
こちらの方が適度にSEやBGM、セリフなどに空間があり、
自然な広がりを感じるかも。

”無敵パパ”再びー。
今度は拉致られる!?w
スマッシュヒットを飛ばした前作。
それを超える続編を作るのもなかなか難しいのだろうか、
立場を変えて四苦八苦するも、
やはり前作と同じサスペンスとアクションの同時展開。
ただ至極シンプルだからこそ面白かった前作に比べ、
三つ巴の構図が中途半端に勢いを削いでしまう。
比較しなければそこそこ楽しめるアクション映画なのだが、
続編としては過度の期待は禁物と言ったところか。

   



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2013.05.08 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 0-9

コメント

ども。

昨日、これツタヤで借りようと思ったら最新作で2泊しか出来なかったので先送りしてました。

ワシも「アンノウン」と記憶がゴッチャになってて、続編って何?って思ってました(^^;
面白そうなので、早速観てみます。

2013-05-10 金 09:24:31 | URL | チラコ #- [ 編集]

>チラコさん

どもどもです。

続編として過度の期待さえしなければ、
そこそこ楽しめるのではないでしょうか。

アンノウン観たときは96時間とダブって見えて、
今度は逆にアンノウンがダブって見えるという・・・。
前作のあらすじだけでも復習しておいた方が良いかも?

2013-05-10 金 21:37:02 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。