スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)グレイヴ・エンカウンターズ

本日のレンタルBlu-rayは
グレイヴ・エンカウンターズ」(初見)
2011年 1:33 12~25Mb/s(AVC) 1.5~1.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

[前置き2]
土・日とレンタルショップに通うも、やっぱり「白雪姫と鏡の女王」はレンタル中。
そうこうしているうちにスカイフォールもレンタル中に・・・。
すっかり世間にもBlu-ray再生環境が浸透したのでしょうか。
本数は少ないとは言え、DVDが余ってBDはいつでもレンタル中って事もしばしば。
以前は私が初めてレンタルしたのだろう、まっさらな状態のBDが多かったのに。
で、仕方なく気になっていたホラーを手に取るあたり、私らしいですよねw



2匹目のドジョウ狙いのパラノーマル系。
架空の出来事をあたかも事実のように捏造し、
ドキュメンタリーとして構成する”モキュメンタリー映画”
ヤラセ心霊番組内で廃虚となった精神病院に潜入し、
それっぽい映像撮って怖がらせようとしたら、
ほんとに超常現象が記録されちゃいましたーをモキュメントした映画。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と、
「パラノーマル・アクティビティ」を足したような感じだろうか。
Jホラーで言うところの「ノロイ」に近い。
グレイヴ・エンカウンターズ

モキュメンタリーを強調する割りに、
オバケは平気で姿を見せるし、血は吐くわ、出口が消えて迷路化するわで、
どこもかしこも胡散臭さが付いてまわり、
超常現象というよりオバケ屋敷のそれと何ら変わりない作りモノ感で興醒め。

ぶっちゃけ、
過去にこの手のPOV手法のホラーを幾つも見てきたが、
本作が最もツマらなくて、最も怖くない。
予告トレーラーの作りが上手いだけであって、
実際観ると大した事無かったです・・。
グレイヴ・エンカウンターズ

画質は良く分からん。
暗いし、ブレるし、乱れるし。
本編の半分は暗視映像か暗がりばかり。
画面の見辛さよりもツギハギ編集の方が気になったかも。
グレイヴ・エンカウンターズ

音質はそこそこ。
パラノーマルシリーズと違い、
フルで5.1chのサラウンド仕様(笑)
廃墟に響き渡る残響音や物音など、
閉鎖空間なりの広がりを感じさせる。
サラウンド感もたっぷり。
終盤になると、
アチコチから聞こえる物音が建物に反響し、
リバー風呂状態でワンワン鳴って煩いくらい。
精神病棟の廃墟ビルの雰囲気はそこそこ伝わって不気味なものの、
本編が胡散臭さたっぷりなので、
本格的なサラウンドされると逆に作り物感が出てしまうかも。
メリハリというか、押しと引きが大事なのかな~と。

ヤラセ心霊番組の恐怖体験。
モキュメンタリーらしく作るも胡散臭さたっぷり。
こちとら「もしかしたらいるのかも?」の、
半信半疑の状況が楽しい(怖い)んであって、
もっともらしく「本当にいましたよ!」と言われると逆に興醒め。

この作品にも続編があるようだが、もはや興味なし。

   



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2013.04.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。