(BD)キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

本日のレンタルBlu-rayは「日本よ、これがキャプテン星条旗だ!」
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(初見)
2011年 2:04 26~30Mb/s(AVC) 4.8~7.1Mbps(DTS-HD Master Audio 7.1ch)

アベンジャーズ計画最後のヒーローにして最初のヒーロー。
正直これもキックアスとかグリーンランタンなどと混同視してました。
ぶっちゃけ変態コスプレヒーロー気取り?(ランタン観た事無いけど)
んーまぁ実際コスプレヒーローまんまなんだけどw
その裏にチラチラ見え隠れするプロパガンダ的なノリが鼻に付く。
そもそも第二次世界大戦下のドイツ軍と戦争するヒーロー物って水と油というか、
油と油で胸焼け起こしそう・・・

内容は虚弱体質がゆえに入隊テストに不合格となってしまう正義感の強い青年が、
軍の極秘プロジェクトによって超人的な肉体を獲得し、
星条旗の名の下にナチスと戦う物語。
特に意味も無くコスプレして、
ちょっとだけ身体能力が高くて、ちょっとだけ過剰な愛国心の強い青年。
うん、絵に描いたようなマーベルヒーロー像だわ。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

前半はマッチョになったものの、
「父親たちの星条旗」よろしく軍の広告塔を強いられ自問自答。
後半になりようやく自分の意思で戦いを始めたと思ったらダイジェストで流れて、
結局最後は敵の自滅でしゅーりょぉーー、っておぃっ!

ドーピング実験も実は他国の亡命科学者の産物で、
平和主義者だった青年も、
広告塔を命じられる事で自らの意思で先陣切って戦いに赴くようになるし、
ナチスドイツからいつの間にかヒドラ党が悪の枢軸になってるし、
何このやたらと巧妙な摩り替えは!?
でも表面的には、
古風に割りと泥臭く地でヒーロー物を描いているから凄いよな~。
っとまぁ捻くれた考えになってしまうのも、
いくら荒唐無稽なアメコミ映画だからって、
第二次世界大戦時にありえない科学力をもって、
世界征服を企む秘密結社ヒドラ党とか言われちゃテンションも上がらんて。
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

画質はしっとり高画質?
時代背景を考えた画作りなのだろう、
彩度・色温度ともに低いフィルムライクな映像。
グレインは大分取り除かれているも、フィルムっぽさはしっかり残っている感じ。
ヒューゴの後で目がバカになってしまっているがw
解像度感やコントラスト感は結構頑張ってた気がする。
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

音質もこっそり高音質?
派手さはあるもソーほどガッツリ系ではなく、
地にしっかり足を着けた音響だろうか。
と言うのもシャープな音像の効果音や移動音と言うよりは、
周りの空気感も含んだ印象があり、
密度感や情報量はあるも音粒がやや大きめに感じられた。
また地を這うような重低音もあったりとどこかTrueHDっぽい。

アベンジャーズ古参ヒーロー星条旗。
毛の生えた程度の身体能力で正義感が強いコスプレヒーロー。
ハルク、アイアンマン、ソーなど怪物染みた顔並みと比べて、
スパイダーマンやバットマンに近い、
等身大+αの王道アメコミヒーロー。

ただし時代背景や米国プロパガンダ的なノリが肌に合うか・合わないか。
変に期待せずに”アベンジャーズの繋ぎ映画”として観るべし。
エンドロール後にアベンジャーズ本番へ向けた予告あり。
それが一番盛り上がってしまったw

   



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2013.01.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販