スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

サーロジック ルームチューニングパネル:陸

自作拡散棒の続き。
実際に色々と配置して聞き比べてみました。

925a.jpg
まずセンターパネル風の定番?配置。
この場合だと高さが足りないせいなのか、思ったよりも効果が薄いかも。
全体的に音が明るくなり、細かい音も中央に集まってくる感じ。
肝心の定位感はボーカルなど前に出てくるも、やはりイマイチ音像が散漫気味かも。

925b.jpg
続いて拡散棒の開きを閉じてほぼ垂直に配置。
先ほどよりもクセが少なく、拡散棒が無いときの音に近い印象。
効果としてはあまり感じれないものの、違和感が少ない配置なのかも。

925c.jpg
次はWASINを見真似たセンター配置。
これは驚いた。
音が拡散棒に引き付けられたかのように中央に音が集まってくる。
先の二通りよりも高域音がハッキリし、音調もずっと明るくなった。
しかしそのせいで音がややピーキーに喧しく感じる。
またボーカルなども前に出過ぎて疲れる。

925d.jpg
今度はやや後ろに下げてSWの上に配置で高さも出してみた。
うーん、これは・・・
ボーカルも同じようにやや後ろに下がったは良いが、
先程よりも高域音が多くなった。
ピーキーさは薄くなったが、音像がふら付く感じがする。

925e.jpg
では前と後ろに配置してみた。
あ、やっぱり。
ここまでくると予想が付いていたが、これが一番無いわw
この配置が最も細かい音が聞こえ、見通しもハッキリするし、音のテンションも高め。
ただとにかく喧しいw
何というか、
携帯オーディオの付属イヤホンでJ-Popを聞いてる感じ?www
とにかく中~高音域の音がしゃしゃり出て聞き疲れを起こしそうな音。


いちおう微妙な角度や位置の調整はしているつもりだったが、
どの配置も期待していたような効果は見出せなかった。
あえて配置するなら2番目の垂直かな?と思って、
一度拡散ポールを外してみた。

・・・・・あれ?
アレレ??
無いパターンが一番音良くね?!ww

音像はやや引っ込み勝ちで、音調も暗く感じるものの(良く言えばしっとり?)
定位や広がりは断然、自然な感じに聴こえる。
なにより聞き易い。
ふぅ~、どうやら自作の拡散棒。
無駄に終わった・・・・


かのように思えましたが、
意外な場所での使い道が見付かりましたw
また次回へ~♪
(たぶん次で最後)



テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

2012.12.21 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。