FC2ブログ

サーロジック ルームチューニングパネル:肆

連日サーロジックパネル関係ばかりw

スクリーンとの兼ね合いスクリーンを前に突き出しパネルをその背後に設置した。
言わずもがな、スクリーンによる吸音効果があるわけでして、
音楽を聴く場合にはスクリーンは巻き上げている。
(うぅ、こうなると電動スクリーンががg・・・)

スクリーンを下ろしている状態と比べると音数や解像度感が全然違ってくる。
一言で表せば”見通しがハッキリする”
これは誰が聴いてもその違いは感じ取れると思う。
ただ壁際に設置してある簾があるせいか反射音が混濁しているようで、
音像もややボケ気味で高域音が目立ち煩く
感じられた。
923c.jpg

そう言えば以前、自分の記事で簾の縦目と横目の違いが~どうたら書いた記憶が。
 ”縦目の場合、音の反射効果があるようです。
  横目の場合は音の拡散効果。”
だそうでw ホントかどうか試してみたw
923d.jpg
うん、全然ちゃうわw
確かに横目にした方が混濁した音が適度に分散して聞き易くなった。
でも音像のボケはまだ気になる。
何というかそこに音があるのは分かるのだが、イマイチ形が掴めないような。

ここで一旦サーロジックのサイトを読み返してみると、
パネル・スピーカー背後の壁面は、
 ”吸音するとサウンドステージの奥行きが失われる、
  かといって強い反射があると頭上が喧しくなる。
  反射音の存在を感じさせない平面反射がベスト。”
とあり、また
 ”スピーカー背後の拡散音が一旦途切れて天井につながらないと
  ホール上空の深さのある奥行き感が得られない、
  得もいわれぬ上空の漂い感を作るには、
  反射音の存在を感じさせない平面反射音がちょうど良い。”
とも。

うん、なるほど。
簾は撤去だなっ!w

923e.jpg
さっそく簾を撤去してみたらビックリ。
混濁していた音が綺麗サッパリ無くなり、サウンドステージの佇まいが自然になった。
撤去してみて気付いたけど簾の反射音が結構目立っていたんだなぁ。
これはサーロジックパネルを導入した結果によるものなので、
以前のような何もしていない状態ならば簾効果は十分発揮出来る。
ただ今回の場合、
サーロジックパネルと簾の兼ね合いで反射音が喧嘩してしまっていたのだ。

うーん、
やっぱりルームアコースティックは一筋縄ではいかないようで、
足したり引いたりのトライ&エラー!



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2012.12.18 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販