サーロジック ルームチューニングパネル:参

※記事ネタはあるけど書く暇が無い(言い訳)
 書きかけばかりで内容と現状が前後しちゃうかもかも・・・




さて、そろそろ本格的なサーロジックパネルの感想をば。
ここ2週間、エボナイズの為パネルを撤去した状態でしたので、
改めてパネルの有り・無しでどれだけ音が変わるのかも再認識出来ました。


とりあえず分かり易い所でここ数日実感した事。
サーロジックパネルが無くなると音数が極端に減ったように感じ、
凄く物足りなさを感じた。
何と言うか空間が急に狭くなったような、音が凄く近くでなっているような。
やっぱりパネル無しではいられない耳になってしまったようですw
ちなみにパネル導入にあたりスダレは撤去済みなので余計にそう感じたのだと思う。

ではでは本題へ。
以前、サーロジックパネルを”マジックアイテム”と称しましたが、
”万能アイテム”では決して無い事も付け加えておきます。
基本的には良い方向へ改善されているのですが、
幾つか不満点というか今後の課題点も見付かりました。

まず今ではすっかり耳も慣れましたが導入当初凄く感じていた事。
サーロジックパネルによる木の響きが音に乗る
なんというか、
音の立ち上がり・余韻といった部分に木独特の残響音みたいな物が感じられ、
全体的に音がやや硬い印象を受けた。
木の響きというのは比喩に近いブラセボ効果だと思います。
「ゴム素材を使うと音が死ぬ」みたいなものでw
単に硬い木によって反射音(倍音?)が届き、偽薬効果でそれが木の響きと感じる。
まぁこんな話はどうでもいいですがw
やや音が硬く感じる事があるという事です。
特にピアノなどの倍音成分が多い楽曲でそう感じやすい。
ただオーディオのおっかない所でして、
耳が慣れたのか木の響きみたいなものは感じなくなった。
え?サーロジックパネルのエージングが進んだって?!ww

次に音像の上方シフト。
どうも欲張ってパネルサイズを1800cmにしたせいなのか、
全体的に音像が高くなってしまった。
ボーカルなどはスクリーンの中央くらいまで高くなってしまい、
明らかにスピーカーのツィーターより上に定位。
普段通りに視聴するとやや見上げる感じに近くなってしまった。
またピアノなど高音成分が多い楽器も高い位置に引っ張られている感も。
これは逆を返せばそれだけサーロジックパネルの拡散・反射音の支配が、
思った以上に大きいという事に他ならないのだろうと思う。
有効かどうかまだ試していないが、
パネルの上部を薄布などで覆って拡散反射を弱めてみたらどうだろうか。
逆にスピーカー間にセンターパネルのように、
定位を引き付ける反射拡散板のようなものを設置とか。

もうひとつ。
サウンドステージに奥行きが出たは良いが、
やや音場や音像が遠く感じられてしまう。
これは言い様なのかもしれないが、
 奥行き感が増す=音像が引っ込む
 音像が前に出る=奥行きが乏しく平面的
個人的にスピーカー間よりも後方にボーカルが定位した方が好みなので、
壁際、下手したら壁より後方にまで下がってしまう場合も。
パネルの拡散反射のお陰で細かい音が増えて音量が増したように感じるのだが、
奥行きが深すぎて逆にボリュームを上げがちに。
こちらもやはりセンターパネルのようなもので音像定位をコントロールする必要があるのかも。

最後にこれまた感覚的なものなので、
サウンドステージの奥行きが深くなって、
ボーカルや楽器のまわりに空気感が漂い自然な佇まいが出てきたのは良いのだが、
音の実在感?存在感?がやや希薄に感じられる。
B&W CM8はどちらかと言うと音像定位はやや緩め。
PMC FB1やaudio pro IMAGE11/KAIのようなシャープな音像定位が好みだったので、
時折ハッとするような音像定位感(実在感や存在感)が欲しい。
サーロジックパネルで立体感な広がり・奥行きが増す反面、音像感が散漫気味な気がする。
これはデッドな環境とライブな環境の差そのままの感じなのかも。
デッドなほど音像はハッキリしてくるだろうし、
ライブになれば広がりや空気感は増すけど音像はボヤけてくる。
うん、たぶん今そんな感じだ。


ちなみに上記の感想イメージですが、
友人Bさんに視聴してもらった感想ではどれも感じなかったそうな。
うーん、やっぱり私の感覚的なもの程度の不満なのかもしれない。



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2012.12.16 | Comments(1) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-12-17 月 07:41:04 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販