スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)近距離恋愛

今日のBlu-rayは
近距離恋愛」(初見)
2008年 1:41 28Mb/s(AVC) 640kbps(TrueHD)
サラウンド感:★     音質:★★★★  画質:5

典型的なロマンスラブコメディ。
ありふれた展開で何のひねりも無くストレートに、
斜め読みすればまるで子供が我侭を通しているだけのように思えなくも無いがw
変に肩肘張ってみるようなシリアスさもなく、単純に楽しめる。
ただ話が話だけに、純愛だったりロマンティックだったりしているわけでもなく、
コメディ要素もやや弱い。
笑ったらよいのか、共感したらよいのか、どっちつかずの微妙なスタンス。
むしろ無理にハッピーエンドに持っていかず、少し切ないバットエンドの方が良かった気がする。
まぁ王道的なラブロマンス系なので仕方ないっちゃ仕方ないか。
悪くは無いが特に心に残るってものでもないのかな。
極論、凡作。
主演の二人も魅力に欠け印象も薄い。

画質は悪い。
これがBlu-rayかと思わせるくらい精細感に欠ける。
ビットレートがほぼ28Mb/sと固定されているのでエンコードによるものではないのかな。
たぶんこれは元からなんだろうとは思うが、それにしたって綺麗じゃない。
前半部のNYの街並みやビル群の夜景、
後半のスコットランドの大自然など見所となりそうな映像が多いだけに非常に残念だ。
ちょっとDVDと大差ないのではなかろうかと思ったので、
確認の為ラブソングができるまでと見比べてみた。
あ、やっぱ違う。違うね。
どちらも精細感が無く薄ぼんやりとした映像なんだけど、近距離~の方が質感が良い。
同じ情報量不足の映像でもディティールがしっかりしてるというか。のぺっりしていない。
暗部の階調も差があるし、ザワつきも無い。
またフィルムグレインはこっちの方が細かく見易い。
ただ近距離~の方はレートが固定だからか、映像もほぼ一定に対し、
ラブソング~の方はシーンによってかなり印象が変わる。
色味とかの影響なのかもしれないが、コッテリした映像のラブソング~なので、
アップのシーンなどは力強く見える。
黒潰れした映像も、見様によってはクッキリ・ハッキリして見えるし。
正直、全然画作りが違う両者だが一長一短。
ただもし近距離~がDVDだったらレートの低さからくるノイズやディティール潰れなどで、
さらに酷くなりそうな予感。下手したらDVDでも最低画質クラスになってしまうのかもw
まぁ大きな破綻が無い分、Blu-rayで良かったのかもしれない。
が、決して高画質ではない事は間違いない。

音質はそこそこ。
際立って音が自己主張してくる事も無いが、LFEもしっかりしているので、
安心して観ていられる。
後に比べたラブソング~とは明らかに音の抜け具合が違って聞こえた。
空間がひとまわりか、ふたまわり程広く感じられる。
サラウンドに関しては殆ど機能していない。
(一部のシーンで後方の効果音とかで使われてはいるが)
包囲感も無く、完全にフロントの音の補助。
ただその補助があるか、無いか、で結構印象が変わってくるから不思議。
反響音だとか、臨場感だとか、そういった音は無いのにも関わらず、
リアスピーカーがあるかないかで、音の広がりが違ってくる。
面白いと言えば面白い。

恋愛感情抜きに男女で親友関係が続けられるのか。
もっとも近い存在だからそのにある感情に気付き難い。
しかし気付いた時には既に遅い。
それでもその愛を奪われたくない。
こんなありふれた話だが、悪い気分では無いので、暇があれば観ても。
程度。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2008.12.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。