スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

マイ・ボディガード

今日のDVDは天才子役繋がりでダコタ・ファニング出演の
マイ・ボディガード
2004年 2:26 6.62Mb/s 1509kbps(DTS)
サラウンド感:★★★  音質:★★★★

やっぱすげー良いね。この映画。
魂を揺さぶられると言うか、衝撃を受ける事請け合い。
かのクエンティン・タランティーノも「地獄のようなすさまじさだぜ!」と言わしめただけはあるw
2時間26分が怒涛のように過ぎ去って時間の感覚すらなくなりますもん。
しかも感動的と言うか涙無しには語れないw
これ、ホント大好きな映画のひとつです。
そして何よりダコタ・ファニングが反則なまでに可愛いから困るwww
この子の叫び声や泣く姿は一級品と言うか国宝級?w
人類の宝ですw
まぁ宇宙戦争でもトム・クルーズを食ってしまう程の演技派なのも承知の事実。
マイ・ボディガードでもデンゼル・ワシントンと対等に渡り歩く堂々とした演技。
何でもデンゼルのアドリブにも全く動じず対応していたらしいですよw
いや、マジですげー。

画質ですが、フィルムグレインがかなり強めになっているにもかかわらず、
個人的に好みの映像と言うか、普通に綺麗だと思った。
色が凄く濃いのも特徴的で、グレインとの相乗効果で凄く立体的と言うか画に力が感じられる。
シーンによってはグレインそのものがキツくなり過ぎてザワついて見える事もあるが、
グレインそのものは凄く効果的と言うか嫌味に感じられない。
質感がよく感じられる、フィルムライクながらも力強い画作り。
またフォーカス感が恐ろしく良く、ボヤけるような事が一切無い。
これもまた力強い画に一躍かっているのだろうと思う。
その他DVD特有のノイズはやや多めに見受けられ、グレインにもノイズが影響を及ぼしている。
とにかくBlu-ray化を激しく希望してる作品ですね。
音質もDTSのフルレートで満足のいく音です。
LFEも引き締っており、随所で活躍している。
また音の広がり感が良く、見通しの良い音?って言うのかな。
閉鎖感などとは縁が無く、部屋が映像の空間と一体になってるような感覚になる。
(作品によっては”映画館”で観ているような音だったりする事もあるので)
サラウンド感もそこそこあり、包囲感にすぐれる。
移動音や後方定位などは殆ど無いが、それでもリアスピーカーが重要になってくると思う。
とにかく包み込まれるような、臨場感と言うか空気感が自然と漂うサウンドメイク。
個人的には派手な音響も好きだが、こう言った自然な感じも心地よくて好きだ。

前半は人間ドラマと言うか、ダコタとデンゼルが心を徐々に通わせてゆく心温まる展開。
それが中盤で一転し、後半に向け怒涛の激しさを増す。
そしてラストは・・・・。
とにかく面白い。ただ面白いのではない。
観る者に対し何かしらの衝撃や感情を与えてくれる面白さがある。
最もお勧めしたい映画の中のひとつ。
ダコタの可愛さはもちろん、完璧なまでの演技には必見。
個人的にはこの作品のダコタが一番好きだし、演技も一番だと思う。

    



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2008.12.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。