ペイ・フォワード

今日のDVDはいい加減ダークナイトネタが飽きたという事でw
ペイ・フォワード
2000年 2:03 6.29Mb/s 384kbps(DD)
サラウンド感:★    音質:★★

久しぶりに観たけど、良いね。心くすぐられると言うか。
観終えた後はほんの少しでも誰かに優しくしてあげたくなるような気持ちにさせてくれる。
いや、まさにそれを望んだ映画だと思うけどw
”ペイ・フォワード” (次へ渡せ)
簡単そうで難しい、でも素晴らしい発想だと思ったね。
こんな世界かもしれないけど、思ったほど世の中捨てたものじゃない。
ケヴィン・スペイシーの演技も流石だし、やっぱハーレイ・ジョエル・オスメントの存在感。
あの吸い込まれるような瞳。純粋無垢な象徴の様ですねぃ。
ただ勿体無いのがペイ・フォワードという最高のネタなのにそれを活かせていない。
ネズミ講ならぬ(失礼w)善意の連鎖のハズ。
なのにそれが作品中で途切れ途切れになっている事。
全てがきれいに繋がったらもっと感動出来たのになぁ。
あとボン・ジョヴィが出てくるんだけど、大根振りに驚いたw
つかあそこでバッサリと流れを止めてしまう存在感は逆に凄い事なのかもwww

画質はノイズが多めでザラついているし、シーンによってはかなりボケ気味。
やや色褪せ気味な色調でどこか懐かしさを感じさせる画作り。一部白飛びが酷いシーンも。
フィルムグレインも多かったり少なかったり。ザワつき感はたまに。
またフィルムの傷ノイズも結構目立つ。
DVDの中でも決して良い画質とは言えない。どちらかと言うと悪い方だろう。
音質は悪くは無いが、全体的に質素。よく言えばシンプル?
もともと音数も少ない内容なので、あまり音が主張してくるようなことは無い。
またLFEが皆無。一応5.1chなんですけどね。。。。
サラウンド感は一部で包囲感はあるものの、あまり体感は期待出来ない。
クライマックス付近の音がぐるぐる回るシーンもあるのだが、フロントに比べリアの音が弱い。
もう少し大げさでも良かったのではと思う。

まぁこの作品を知らない人はモグリだろうw
もし観た事が無い人は一度お勧めする。
心洗われると言うか、誰かに対し何かしてあげたくなるようにさせてくれる。
真摯なまでの善意。
新車のジャガーを他人に譲ってしまう。
こんなご時世だからこその思いやり。

    



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2008.12.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販