スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)猿の惑星:創世記(ジェネシス)

本日のレンタルBlu-rayは
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 」(初見)
2011年 1:46 25~30Mb/s(AVC) 3.5~5.2Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚をひもとく話題作。
らしい。
実は旧「猿の惑星」シリーズは未見。
もしかすると1~2本くらい子供の頃に観たかもしれないが、憶えていない。
唯一観た事があるのがティム・バートン版の「猿の惑星」のみ。
これが意外と高画質・高音質なDVDソフトだったんで、
割りとちょくちょく観てました。

内容はアルツハイマーの新薬をチンパンジーでテストしたら、
変異的な知能進化をみせた。
しかし人間のエゴにより切り捨てらてようとした時、
猿の本能が芽生え、人間との溝が深まってゆくのであった・・・。
”猿の惑星”というには事足らず、
SF要素はかなり薄く、そもそもココは人間の惑星だw
てっきり猿が君臨する、もしくは猿の逆襲的な、
もっと広域に渡る大きな規模での話かと思ったら、
1匹の猿だけに焦点を当てその葛藤を描いている。
ストーリーとしては「マイティ・ジョー」とか「アイ,ロボット」に近く、
設定としては「ジュラシックパーク/ロストワールド」や「キングコング」系。
既存のどこかで観た事のある内容の組み合わせなので、
SF映画の金字塔と言われたオリジナルのような斬新さは無い。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)

が、これ単品として観ると良くまとめられており、
本編時間の半分近く使ってチンパンジーとの絆や関係性が描かれるので、
後半はすっかり猿側に感情移入出来てしまう。
こうした丁寧な脚本のお陰で、
突飛なSF設定に抵抗のある旧作未見の一般層にこそ受けが良さそうな気がする。
特に猿の感情が細かな表情によって伝わってくるVFX技術も後押し。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)

画質はそこそこ良好。
細かな粒子感がしっかりと感じられるフィルムライクな映像。
発色はニュートラに近く、鮮やかさも十分。
黒の沈みも良く、コントラスト感や陰影に富んだ映像。
ただなまじ解像度感が高いがゆえ、
猿の自然な毛並みや肌の質感がリアル過ぎて全体として若干違和感も。
ほんの数年前まではここまでのCG技術がなく、
実写とのバランスでCGの誤魔化し感があったのだが、
これは既にCGが実写の解像度を超えてしまっているw
こうなってくると実写撮影もIMAXや4K-8K撮影を強いられてくるのではなかろうか。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)

音質はすこぶる良好。
まさにFOXらしいワイドレンジなDTS-HDサウンド。
一つ一つの音がクッキリしており、分厚い芯の通った音。
猿の叫び声やゴリラの咆哮など、突き抜けるようなサウンドが堪能出来るw
また重低音もかなりの量感で部屋をビリ付かせるのでボリューム調整は注意。
サラウンド感もすこぶる良好。
猿なだけあって縦横無尽に空間を移動しまくる。
フロントに全く引けを取らないリアサラウンド密度で、
空間の広さ・高さともに申し分なく感じる事が出来る。
たぶん5.1chとしては限界まできてるのかも?
7.1ch、はたまたフロントハイを加えた9.1chだと化けそうな予感。

「猿の惑星」の前日譚らしいが、
これ単品かつ、旧猿の惑星を未見でも十分に楽しめる出来。
昨今の金属VFX全盛のなか、猿の自然な仕草や表情が見所でもあり、
またそれを魅せるだけのストーリーも用意されている。
旧シリーズとの繋がりは良く分からないが、
本作の続編を是非観てみたいと思える内容だった。

   



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2012.06.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。