スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)星を追う子ども

本日のBlu-rayは頑張れ新海誠、次は頑張れっ!
星を追う子ども」(初見)
2011年 1:56 30~40Mb/s(AVC) 3.8~4.9Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

「ほしのこえ」を観た時からすっかり新海誠のファンになり、
後に発表された作品は全て購入済みだ。
前作「秒速5センチメートル」から4年後に発表された今作。
もちろん即予約購入したのだが、何故かそれっきり音沙汰なし。
サスケさんのレビューを観てようやく思い出した始末。
うん、すっかり忘れてたw
危うく積みソフトになるとこだったわ(十分積んじゃってますけど)
たぶんね、前評判があんまり良くなかったから、
そんなに期待してなかったんだと思うよ。

内容は常に孤独を感じ自分の居場所を探していた明日菜が、
不思議な少年と出会い、やがて「アガルタ」なる地下世界へと冒険の旅に出るお話。
これまでの新海誠の作風とはかなり異なり、
ファンタジー要素がより強く出たジュブナイルアニメーションになっている。

星を追う子ども

さて、どうしたものか。
他でも散々言われている事を私も言わなくちゃイケナイのか。
うん、めっちゃジブリ臭するんですけどw
パッと思いつくだけで、
ナウシカ、ラピュタ、耳を澄ませば、もののけ、千と千尋、ゲド戦記。
それらのゴッチャ混ぜ。継ぎ合わせ。
これ完全にパクってお手本にしちゃってますよね??
本人いわく、宮崎駿作品へのオマージュも含めたらしいが、
これではオリジナリティの欠片もない、パクr教科書丸写しじゃないか。
もうね、何が似てるって全て。
物語は勿論のこと、キャラの設定・描写・デザイン、
地下世界の世界観・雰囲気・ディティール、
小道具や風景描写、生き物の描写、
作画の動き、カット割り、演出、、、等々。
もうね、新海誠らしさはいつもの光や背景のディテール感、
降り落ちる雪や雨といったものだけ。
あとは他所から借りてきたものをトレースしたかのような出来合い物。
真骨頂であるモノローグ語りの中二病だったり、
ほろ苦く切ないセンチメンタルジャーニーな距離感・空気感だったりは一切封印。
星を追う子ども

自身の才能を過信し過ぎたのか、
正直、この監督さん、そんなに引出しが多そうには見えない。
相変わらず物語を書くのが下手くそで、
せっかくの未知なる地下世界も全て言葉で説明しちゃってるし。
神々が乗る船「シャクナ・ヴィマーナ」とか、世界の果て「フィニス・テラ」とか、
アガルタの秘密を狙う組織「アルカンジェリ」とか、太古からの門番「ケツァルトル」とか、
生命の水「ヴィータクア」とか、アガルタへの鍵「クラヴィス」とか、
中二横文字言いたかっただけちゃうんかいっ!w
星を追う子ども

ヒロインも自分探し(居場所探し)の漠然とした動機は今時のアニメなので構わないが、
物語の主軸を完全にオッサンに持ってかれてしまっている。
誰も好き好んで淫行教師オッサンと少女の旅なんて見たくないつーのw
そして如何せん尺が長過ぎる。
テーマは思ったほど悪くはなく、
”心の喪失感をどう受け止めれば良いのか(寂しいだけ)”なんて、
新海誠らしい着地点が用意されているので、
終盤は若干の盛り返しがあるものの、そこに至るまでが永延長い。
特にアガルタに来てからはジブリキャラが無駄に多く登場し、
何をするにも既視感しか出てこない。
ぶっちゃけだ、
借り物の寄せ集めで作った作品に、物語の求心力があるハズが無いw

でも大丈夫だ。
あの宮崎吾朗だって「ゲド戦記」を乗り越え、
「コクリコ坂から」で盛り返したじゃないか。
きっと新海誠だって次回作は大丈夫に違いない。

画質はすこぶる良好。
やっぱり新海誠の作品はHD映えする。
画の力強さや暖か味だとか、色彩豊かなグラデーションだとか、
そういったものよりも、ただただ綺麗なのだ。
この背景のディテール感は新海誠にしか作れないんだろうね。
なんだろ、決してリアリティあるワケじゃないんだけど、
記憶画、記憶色をそのまま再現したような感覚。
画質的には秒速よりも上。
デジタル製作たる輪郭のシャープさや、
ノイズの無い透明感溢れる映像はさすがだ。
星を追う子ども

音質も良好。
あまり派手に鳴るような作品ではないものの、
天門の透明感あるBGMに乗せ、開放的に広がる音響。
セリフの明瞭さも申し分なく、
画面奥にステレオ主体のBGM、前面に出てくるセンターセリフと、
如何にもアニメらしい音場配置。
サラウンド感はやや物足りない。
常に何かしらの音がリアスピーカーからも鳴っているものの(サー音なども含め)
効果音や環境音などはフロントに比べ薄く、情報量も少なめ。
場面に応じた広がりは感じられるが、包み込まれるような包囲感は薄い。

今までの新海誠作品とはかなり異なる作風となっており、
ファンタジー要素がより強く出たジュブナイルアニメーション。
なので新海誠の青臭く切ない空気感を期待すると肩透かし。
ジュブナイルアニメの枠組みとしては王道展開だが、
その表現方法がとにかくジブリ臭い。
物語やテーマは普通ながら、上映時間が長くテンポ感が一切感じられない。
相変わらず綺麗な風景映像は健在なので、
映像美を堪能するだけの時間は十分あるかとw

   



テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

2012.06.04 | Comments(9) | Trackback(1) | 映画 他

コメント

見る気も起こらない
そのうちケーブルテレビで
やるまで待ちますわ

2012-06-05 火 00:14:57 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

これは

オマージュと言うより
新海誠が作ったジブリ映画w
まぁ作品イメージが固まっているので
違うモノを作りたかったけど
コケたく無かったから、パクったw

2012-06-05 火 21:37:49 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

私もBDで鑑賞しました.
ストーリーは確かに独特ですが,下手なテレビアニメよりは良かったと思います.ただ,秒速の方が私は好みですが(笑).
映像はとにかく綺麗で思わず唸ってしまいましたね.

2012-06-06 水 00:08:21 | URL | BP! #- [ 編集]

>レーザーさん

あまりレーザーさん向けのアニメじゃないと思うのでw
それで十分かと思います。

2012-06-06 水 06:29:43 | URL | nor #- [ 編集]

>サスケさん

ひとつ言えるのは、たぶん新海誠はジブリ好き。
でも好きや憧れだけで良作は作れないw
コンセプトの段階から見誤ったんでしょうね。
この失敗をバネにして次回作で頑張って欲しいです。

2012-06-06 水 06:30:59 | URL | nor #- [ 編集]

>BP!さん

ども、はじめまして。
確かに悪くは無いと思います。
良くないだけで(笑)
私も秒速は好きです。
彼にはああいった短編オムニバス形式があってるかと。
長編を作ろうと思えば思うほど底が浅くなってしまうようで。

2012-06-06 水 06:35:12 | URL | nor #- [ 編集]

こんにちは!

この作品はぜんぜん知りませんでした。
そんなにジブリっぽいんですね(笑)
画像からもなんとなくわかるけど、描き込みは丁寧で見ごたえありそう。でも、確かにオッサンと女子中学生の組み合わせは犯罪臭が…。

ところで、今月もブログDEロードショーやるんですけど、またしてもモノクロで「三つ数えろ」という作品です。残念でした!
来月は普通にカラーなので、それまでゆっくりしてて下さい(笑)

あ、そういえば、ブログのTOPがスタイルシート適用されてないみたいな状態なんですけど、テンプレートいじりました?
わたしのブラウザ(opera)がおかしいのかな?

2012-06-15 金 11:19:18 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

お願い

★マイブログに、トラバ&リンク&引用、貼らせてもらいました。
不都合あればお知らせください(削除いたします!)
なにとぞ宜しく、お願いいたしまっす!

2017-02-05 日 00:36:40 | URL | ジョニーA #E9eLvxbA [ 編集]

>ジョニーAさん

ご紹介ありがとうございます。
記事の方確認させてもらいました。
まったくもって問題ありません!

2017-02-07 火 23:53:01 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/857-4048860d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『星を追う子供』ジブリ・・・のようなもの

{{{[http://eiga.com/movie/55847/ eiga.com 作品情報 『星を追う子ども』]}}} {{{: ■解説:「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」など繊細な心理描写と緻密な映像美で知られるアニメーション作家・新海誠が、「秒速5センチメートル」以来5年ぶりに手がけたオリジナル長編作。少女アスナが父の形見の鉱石ラジオで聞いた不思議な音楽をきっかけに、大冒険へ...

2017.02.05 | ジョニー暴れん坊デップの部屋

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。