名状しがたいFB1のようなもの(スピーカーの配置)

ところで今回のFB1、CM8の入れ替えにより、
今までに無いほどのサラウンド感の繋がりを感じるようになった。
これは組み合わせがよかったのか、
たまたまMCACCの設定にマッチしたのか。
あるいはそのどちらもか。

実は他にも考えられる要素がありました。
GW中、スピーカーのセッティングを大きく見直していました。

これが今までの大まかなスピーカー配置図です。
(センターなどは割愛、左右の長細い物はソフト・機器のラックです)
フロント、リアサラウンドともにやや内振りを大きめにして、
スィートスポットを広くなるようにしています。
またフロント側がライブになっているので、なるべく広く空間を取っています。
左右や背後の壁の距離もギリギリ50cm確保。
その為、リアサラウンドはどうしても置き場所の制約があり、
ほぼ部屋のコーナー設置で、リスニングポジションとの距離も取れず。

たまたまLX83の説明書を読んでいたら、
”リスニングポジションの後方30~80cmにすべてのスピーカーを向けると、
良好な定位感が得られる”
との文章を見つけました。
リスニングポジション前方なら分かるのですが、後方ですか?
なるほど、試してみよう!と。
ようはこんな感じでしょうかね。
実際に聴いてみると、前後の繋がりは良くなるものの、
フロント側の定位感や音場に不満が。
特に2ch音楽を聴く場合、
やはり強めの内振り(交差点がリスニングポジションより少し前)の方が良好なので、
後方に交差点がくると違和感を感じてしまう。

そこでふと、以前から考えていた配置を試してみようと。
それはフロントとリアサラウンドの距離を合わせるというもの。
849c.gif
そうなるとリスニングポジションを大きく前進させる必要がありますので、
実際にはこんな感じになります。
2ch音楽主体のスピーカー配置になっているので、
どうしてもフロントスピーカーは壁から50cm離さなければならず、
結果的にフロントとの距離を詰めた形に。
視聴結果としては、
フロントスピーカーとの距離が思いっきり近くなった為、
 (かなりのニアフィールド状態)
細かい音まで聞き取れるようになるも、
やはり音が近すぎてスピーカーから音が出てますよ感が。
極端に言えばヘッドフォンで聴いているような感覚に近くなった。
ただリアサラウンドは大きく好転。
リスニングポジションとの空間が確保出来た為か、
サラウンド感がより明確になり、後方の空間表現が巧くなった。
特に後方にも高さが加わり、より大きなサラウンド空間に感じられる。
サラウンド感はかなり良くなったものの、
フロント側は耐えられそうになく、まずこの配置は無い。
やはり出来ればフロント同様に、
リアサラウンドスピーカーの距離も取るに越した事は無いのか。
なら少しでも距離を稼ぐには、天吊り設置にでもするしかないか。

そんなこんなで、色々と試してみるが良好な結果が得られず仕舞い。
どうせここまでスピーカーのセッティングを変えてしまっているのなら、
せっかくだしFB1をフロントに持ってくるも一緒だろうという事で、
今回の流れになったワケでした。
ちなみにこれが現在のスピーカー配置です。
849d.gif
やはりフロント側はリスニングポジションの直前あたりにスピーカーの交差点を。
リアサラウンドは音の繋がりなどを考え、同様にリスポジ直前に交差点を持ってきてみた。
この状態で、MCACC測定のマイク位置もあえてリスポジの直前に置いてみた。
ようはフロント交差点、リアサラウンド交差点、測定マイク、
すべて同じ位置
にしたというわけです。
これで今までに無いサラウンド感が得られました。



テーマ:AV機器のセッティング - ジャンル:映画

2012.05.13 | Comments(4) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

こんにちは!!(^^♪
norさんも色々やられてますね!!
このスピーカーの配置が前に言われてたセッティングの
変更の件なんですよね??

センタースピーカーの距離の件を指摘頂いた後、フロントスピーカーを
視聴位置に近づけてみました。
結果、壁から離れたことになりましたが
これが大正解だったようです!2chもサラウンドも良くなりました!!(^^♪

しかしスピーカーの位置もちょっとしたことで
変わるんで面白いですよね!!

>フロント、リアサラウンドともにやや内振りを大きめにして、
>スィートスポットを広くなるようにしています。

うちは視聴位置で交わるようにしてるせいか、
物凄くピンスポットです。かなり不自由なくらい(笑)
この辺の遊びを大きくとると音は後退するような気がして・・
いろいろ悩めて楽しいです(笑)

ところでイラストの座ってる人の絵が上手いですね!
これらの絵は自作です??変なところに食いついて
すみません(^▽^;)

2012-05-13 日 17:55:47 | URL | take51 #- [ 編集]

凄く わかる

家もサラウンドSPを同じモノにしてから
物凄くシームレスで音は一つで鳴っていますが
その中で移動音が動く感じに驚きました

それにプレーヤー&アンプを新しいモノに変えて
旧作のパイレーツオブのリニアPCMの鳴りっぷりが
激変してやっと満足した音で楽しめました
リニアPCMはアップサンプリングの恩恵は大きいです

2012-05-13 日 19:35:03 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

>take51さん

> このスピーカーの配置が前に言われてたセッティングの
> 変更の件なんですよね??
そうです。
記事にするかどうか迷いましたが、
少しでも参考になれれば~と思って、図解付きで頑張りました(^^)

> センタースピーカーの距離の件を指摘頂いた後、フロントスピーカーを
> 視聴位置に近づけてみました。
> 結果、壁から離れたことになりましたが
> これが大正解だったようです!2chもサラウンドも良くなりました!!(^^♪
ウチの場合、とことん2chの音を突き詰めて、それに合わせたサラウンドが基本なので、
フロント側のスピーカーセッティングには力入れています。
なので、2ch音楽を聴く場合、MCACCを含めたDSPはバイパスさせたソース(ピュア)ダイレクト。
これが最も解像度が高くクリアな音で聴こえます。
MCACCは所詮、音を弄ったギミック的な物だと考えていますので。


> うちは視聴位置で交わるようにしてるせいか、
> 物凄くピンスポットです。かなり不自由なくらい(笑)
> この辺の遊びを大きくとると音は後退するような気がして・・
> いろいろ悩めて楽しいです(笑)
これは好みにもよると思います。
私的にはフロント側に綺麗な音場・音像形成されるようにセッティングしてます。
あとはスピーカーの癖もありますし、実際にやってみて好ましい角度を見つけるしかないでしょう。


> ところでイラストの座ってる人の絵が上手いですね!
> これらの絵は自作です??変なところに食いついて
あれはどっかのサイトから拾ってきた物だったと思います。

2012-05-13 日 22:20:46 | URL | nor #- [ 編集]

>サスケさん

すいません、フロントとリアサラウンド、
メーカーどころか個性まで真逆なスピーカーなんですけど・・・w
それでも全く同じ音に聴こえてます。
MCACC恐ろしや・・・

>その中で移動音が動く感じに驚きました
これ凄く分かりますw
音切れなく胴繋がりで動く感じですかね。


正直な所、サラウンドに関しては頭打ちを感じていましたけど、
今回の件でまだまだやる事があったんだと気付きました。
プレイヤーはちょっと目ぼしいのが見当たらないので現状維持かな。
(LX7○シリーズの復活を!)

パイレーツのリニアPCM、今度聴いてみます。
サスケさんが”激変”と言うくらいですから、よほどの事なのでしょうね(笑)

2012-05-13 日 22:42:36 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販