(BD)4デイズ

本日のレンタルBlu-rayは下手なホラーよりよっぽどスリル
4デイズ」(初見)
2011年 1:37 25~30Mb/s(AVC) 3.2~3.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

これはやられた。
新作コーナーに「4デイズ」「スリーデイズ」「5デイズ」と似たようなタイトルが並び、
昨今の侵略系SFムービーや異世界ファンタジーなど、
類似映画が多くて何とはなしにこの作品もそんな感じだと勝手に思ってた。
パッケージの内容も核兵器だのテロだの国家危機だの、
お馴染みのフレーズに溢れていたから尚更だ。
しかし、この映画は違った。
テロリスト(イスラム)vsFBI捜査官(アメリカ)なんて簡単な構図では収まりきらない、
もっと根深く、人間の道徳観や価値観を叩きつけられたパンチのある映画。
ぶっちゃけ、
そんじょそこらのホラー映画より、
よっぽどスリリングでショッキングな内容でした。

この胸と胃の間を締め付けられるような感覚、
過度のストレスを強いられるような感覚、
あのハイテンション以来かもしれません。
ハッキリ言います。
結構グロいシーン(指を切断など)もありますし、
何よりそれが現実感あり過ぎて直視出来ないかもしれません。
映画の軸は上質なサスペンスであり、メッセージ性のある社会派映画です。
が、それらを本気にさせる為の手法があまりにショッキングなのです。

特にアメリカ上映中止になったラストシーン。
本国での上映はあまりにショッキング過ぎるラストはカットも納得でしょう。
もちろん本来の意味での問題定義は真のラストシーンであり、
視聴の際は日本公開版で必ず見て下さい。
4デイズ

内容はアメリカ国内の3つの都市に核爆弾を仕掛けたテロリスト。
国家的危機の中で拷問のプロと、法(人権)を守ろうとするFBI捜査官による、
極限状態のやり取りを描いた疑似密室サスペンス。
そう、核兵器・テロリスト・国家危機と話は大袈裟だが、
基本的には尋問室でのやりとりが永延と続く密室劇なのだ。
しかしそこにはチープさは一切無く、
緊張感と究極の選択を強いる心理サスペンスが味わえる。
数千万人の一般人の命と、
目の前に居るテロリストの命(人権)、
両天秤を”強いられた”時、果たして一線(拷問)を越えてよいのだろうか。
もちろんこれだけではなく、
現代のアメリカの立ち位置を示すような問題提起も見え隠れし、
なかなか痛烈な物となっている。
あまり詳しく言ってしまうと面白味を削いでしまう危険性もあり、
出来れば前知識を持たずに観た方が、より楽しめる気がする。
(現に私がそうだったので)
4デイズ

それらのメッセージ性のインパクト、
低予算を全く感じさせないクオリティ、
観る側にも緊張を強いる緊迫感など、
全てはマイケル・シーン、サミュエル・L・ジャクソン、キャリー=アン・モスの、
迫真の演技の下支えあっての賜物。
これだけでも観る価値は十分にあるかも。

画質は良好。
いかにも最新作らしい色温度が高めのシャープな画調。
グレインとエッジの立った、キリリとした画質で、
硬質で彩度の低い色合いも作風にマッチしていると思う。
もはや最新作の殆どが高画質と呼べるレベルに達しているので、
いちいちアレコレ指摘するまでもないのだが、
アジャストメントの豊富な色数とは対照的に、
こちらはかなり色数を削いだ、やや茶系の支配の強い画調。
4デイズ

音質も良好。
こちらもフロント重視の音場設計。
音数も最低限に留めた印象で、音響だけみれば物足りないかもしれない。
ただ本編がそれどころではなく、
またBGMが迫力や緊張を高める役割をになっており、
音質云々を気にする余裕すら無いかもw
サラウンド感はかなり控えめ。
ほぼフロント補助に従事した印象で、空間表現はあまり高くない。
というより、ほぼ尋問室の空間ばかりなので仕方ないのかも。

アメリカ国民の安全を守るための取り調べは、
やがて狂気じみた“想像を絶する”尋問へと姿を変える。
そんな究極の事態が起きた時、
尋問官を支持するのか?
それとも法(人権)を守ろうとするFBI捜査官を支持するのか?
何度も言いますが、
かなりの緊張やストレスを強いるショッキングな内容になっていると思いますので、
それなりの覚悟は必要かも。
もちろんサスペンスとしても見応え十分。
怖い物見たさで是非!w

   



テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

2012.04.15 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 0-9

コメント

こんにちは!
この映画は面白かったですね!
僕は冒頭のビデオの撮り直しのシーンに騙されました。
「ん?チャラケた人?」と思ってみてましたので・・
ギャップにやられた感が満載でした(笑)

サミュエルの真面目な演技も久しぶりに見た気がします。
グロくてビックリもしたけど、今年見た映画で1、2です。

内容に没頭して音どころじゃなかったです(笑)

2012-04-15 日 15:54:57 | URL | take51 #- [ 編集]

>take51さん

>「ん?チャラケた人?」と思ってみてましたので・・

私はむしろただならぬ雰囲気を感じました。
冒頭にドキュメンタリータッチを持ってくる手法の作品って、
大抵、社会批判やメッセージ性が込められている事が多いので妙に現実感が感じられますし。


私も久しぶりにどっぷり前のめりで映画に入り込んでしまいました。
画質・音質どころじゃなかったですね(^^;
ここ1年まで広げても、ここまで面白かった映画はちょっと思い浮かばないかも。
あ、近いところで「告白」
ラストも結構似てるかも。

2012-04-15 日 17:15:36 | URL | nor #- [ 編集]

これはレンタルBD開始して直ぐに見ました
どちらの倫理観念を問われる内容ですが
ラストが変わっている事で大きく違いが出てしまいます

日本版の爆発するラストだと
サミュエル・L・ジャクソンの行過ぎとも思える拷問も
正当化されますが
アメリカ版だと印象が変わってしまいますね
そんな感じでレビューはパスしてましたw

ただラストまでのヒリヒリ感は非常に楽しめた作品です

2012-04-15 日 21:23:57 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

>サスケさん

価値観によって色々意見が変わってくる良作ですね。
私はあの結末は「どちらにせよもう後戻りは出来ないのだよ」と言われている気がしました。
マイケル・シーン視点で見れば良く分かりますが、
4つ目の在り処は言うつもりが無かったのですから。
日本に住んでいてホント良かったと思えるラストでしたw

2012-04-15 日 23:04:28 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販