(BD)アジャストメント

本日のレンタルBlu-rayは神様のメモ帳?
アジャストメント」(初見)
2011年 1:46 23~33Mb/s(VC-1) 3.6~4.1Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

[前置き]
最近すっかりアニメにオーディオに凝ってしまい、
(どこからかアニメネタはもうウンザリとか聞こえてきそうw)
映画を殆ど、いや全然観ていなかった。
久しぶりに映画をレンタルしてきたが、実に1ヶ月ぶりだったw
とりあえず準新作が100円レンタルだったのと、
大型連休前に最新作に追いついておこうかと、まずは準新作から。
というか、TSUTAYAさん、ガイガーカウンターもレンタル始めたんですねw
なんとも怖いご時世になったものだ。



内容は人の運命はあらかじめ決まっており、運命調整局なるものにより管理されていた。
そんな中、若き政治家デイビッド(マット・デイモン)と、
ダンサーを夢見るエリース(エミリー・ブラント)が”偶然にも運命的な出会い”をしてしまい、
運命調整局に恋路を邪魔されつつも、運命に抗うSFラブロマンス。
アジャストメント

うん、すっかり騙されていた。
 「第三者によって運命を支配された現実を舞台に、
 巨大な陰謀に立ち向かう男の奮闘を描くサスペンスアクション」
なんてキャッチコピーを鵜呑みにしてしまったけど、
アクションっていうほどアクションもしていないし、
サスペンスと言うよりファンタジーだった。
”運命はあらかじめ定められているのか、
 それとも自ら切り開いてゆくのか”

なんて如何にも厨二が好きそうなネタを、大真面目に映画にしてしまったようなもの。
似たような映画で思い浮かぶのは「天使のくれた時間」だろうか。
でもまぁこんなような話は漫画やアニメで散々見てきた気がするので、
新鮮味も無ければ、今更感たっぷり。
アジャストメント

運命論の押し問答はこの際置いておいても、
この作品、致命的なミスを犯してしまっている。
それは序盤にネタバレをしてしまってから、物語が動き出す作り。
具体的には運命調整局がどういったもので、何故そうするのかを説明してくれてしまう。
”人知を超えた存在がある”とぶっちゃけてしまったせいで、
後の恋愛ごとや逃走劇がシリアスになればなるほど、
安っぽい物(ファンタジー)に
感じられてしまい、
結局最後まで盛り上がりに欠けてしまった。

定められた運命によって引き裂かれようとも、
信念を貫き障害を越えながら愛と成功を得ようとする有り勝ちな物語でも、
それなりに胸を締め付けられる気持ちにさせるので、
無理にファンタジー要素は要らないんじゃね?と思うのだが、
それならばこの映画の意味って・・・?と。
そんな感じの映画でしたw

画質は良好。
グレインをかなり残したフィルムライクな柔らかさがありつつも、
新作らしい豊富な情報量や解像度感も十分。
もはやVC-1コーデックだから・・・と訝る理由はどこにも見当たりません。
発色もかなりニュートラル。
昨今のVFX全開で作られた感たっぷりの色調とは明らかに一線を画した色合い。
ただ誇張されたBDに慣れてしまっていると、物足りない気も?
アジャストメント

音質も良好。
こちらも驚くほどニュートラルバランス。
あまりに自然過ぎて、リアスピーカーの音を確認してしまいたくなるほど。
もちろんサラウンドとしてはニューヨークの雑踏、講堂内、狭い路地裏といった、
場面に応じた空間表現が上手く包囲感を与えてくれている。
特にこの作品は”どこでもドア”で様々な場所へ瞬時に移動するので、
音響からも多彩なロケーションを楽しめる。
ただし基本ドラマメインなのでセリフ中心の地味な音響設計だと理解すべし。

マット・デイモン主演の運命論ラブロマンス。
間違ってもサスペンスアクションではない。
極力VFXに頼らず「運命は変えられるか?」をシリアスに描くも、
序盤のぶっちゃけトークで以降は失速。
運命、運命と騒いでいた割には何となく終わってしまう印象。
一目惚れ(これが運命ってヤツですか)で、
必死に運命に抗おうとするマット・デイモンを観たければ。
自分はロマンチストだと思う人は是非。
現実主義な私には現実逃避出来るだけの面白さは見当たりませんでした。
そんな私にはFate/Zero(stay night)の方が感動出来そうですw

   



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2012.04.13 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

理由はどうであれ
突然、捨てられる彼女が
マット・デイモンを待つ理由が全く無い為に
ラブファンタジィーなんですけど
゛燃えるような恋゛などの描写が無く

彼女がただの゛不思議ちゃん゛程度で終わってるw
どちらかと言えば女性向け作品かも

2012-04-15 日 21:36:08 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

>サスケさん

一目惚れに理由は必要ありませんw
女性向けというより、まんま少女漫画ですかね。
なんたって二人は前世?から運命で結ばれているですからw
なのでMIBのおっちゃん達に違和感を感じました。
もっとサラッと自然に出してくれていれば良かったんですけど。

かなり不完全燃焼な映画でした。
が、4デイズで完全に燃え尽きました、ラストで「どっかーん」とw

2012-04-15 日 23:09:39 | URL | nor #- [ 編集]

ロマンチストですけどダメでした

なんかこう盛り上がりに欠けますよね。norさんの仰るとおり、序盤にネタばらししてるせいかな。
それに婚約者が忘れ去られてるのが可哀想だし、デイビッドの家族を葬っておいて感動したから自由にしていいよ…って酷すぎ!

安っぽいファンタジーにしても、もっと面白くできると思うんだけどなぁ。
ティーン向け青春コメディを量産してるディズニーなら、もっと上手く料理できたかもと思いました。

2015-11-13 金 11:33:27 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもコメントありがとうございます。

> なんかこう盛り上がりに欠けますよね。norさんの仰るとおり、序盤にネタばらししてるせいかな。
> それに婚約者が忘れ去られてるのが可哀想だし、デイビッドの家族を葬っておいて感動したから自由にしていいよ…って酷すぎ!

世界観が良く分からないまま展開だけ進むから、
感情移入する暇すらなく、それかかえって粗に目がいきやすくなってしまったのかと・・・
真面目に考えたらツッコミ所多過ぎてそれどころじゃなくなるけど(苦笑)


> 安っぽいファンタジーにしても、もっと面白くできると思うんだけどなぁ。
> ティーン向け青春コメディを量産してるディズニーなら、もっと上手く料理できたかもと思いました。

大人向けスィーツ()映画を作ろうとして失敗した感じでしょうかね。
現実感とSFファンタジーの半端な所取りみたいな。
確かに素材は良さそうに思えましたから、ディズニーだったら楽しめたのかもしれませんね。

2015-11-15 日 23:46:33 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販