デイブレイカー

今日のレンタルDVDは色々詰め込むもどれも不完全燃焼
デイブレイカー」(初見)
2009年 1:37 5.61Mb/s 448kbps(DD 5.1ch)

ゾンビ映画にしろ、バンパイア映画にしろ、
最近は既存の設定に囚われない、新たな発想を持った映画が作られている。
昔ながらを好む層にとっては「これはゾンビじゃない!」と一蹴してしまいそうだが、
個人的には大歓迎。

内容はバンパイアが世界を支配する(人口の95%)近未来。
不死を手に入れたが、食料問題(人間の血)に悩まされていた。
そこで代用血液の研究が進められてゆくのだが・・・。
世界を支配する側のバンパイア、一方絶滅寸前の人間といった、
両者の立場が逆転した世界観が本作の見所だろうか。
なかなか面白そうなアイディアなのだが、そのどれもが煮詰まっていない。
まず人間に代わるバンパイア社会だが、人間のそれと殆ど変わらず。
コーヒーの変わりに血液だったり、車は遮光仕様だったり、
ぽっと思いついた程度のアイディアしか無く、
せっかくのバンパイア社会の魅力が活かせていない。
そもそも10年やそこらでそこまで繁栄するとも思えない。
他にも食糧問題も、なんとも原始的な発想でしかなく(飼うなら繁殖させろよw)
その解決法や結末等もかなり拍子抜けを食う。
デイブレイカー

その他、バンパイア(ウィルス感染)もゾンビを意識した部分が多々あるが、
本家ゾンビ映画と比べるとホラー・スプラッター要素は薄く中途半端。
モンスターアクションとしてみても、どこが山場なのか分かり難く盛り上がりに欠ける。
近未来SFだが、生き残った人間が細々と潜む終末世界風でもあったりするも、
こちらまで手が回っていないご様子。
ドラマ部分を取ってもみても、
主人公(イーサン・ホーク)が人間らしさを望もうと葛藤するも、
その動機付けがまるで無く、「何か凄く悩んでますよ~」的な表情ばかりが目に付く。
とにかく何処もかしこも煮え切らない。
アイディアだけあれもこれもと詰め込んだは良いが、
それらをまとめ上げる事も出来なければ、魅力的なものに変える事も出来ていない。
すごく偉そうに言ってしまうと、
良く出来たプロットではあるものの、
それを監督の頭の中で思い描けていないまま撮影してしまった。

そんな印象を受ける。

画質は良好。
バンパイア世界観に合った青緑がかったクールな色彩。
解像度感も十分でさぞHD栄えしそうだろう。
黒の締まりも良く、キリッとした画質。
ドス黒い血が印象的。
デイブレイカー

音質も不満なく。
やや硬質でメタリック?な音質。
密度感はやはりロスレスのそれと比べると物足りなさを感じてしまうが、
音圧はそこそこ感じられる。
サラウンド感も上々。
弓矢や銃などの風切り音がシャープに耳元をかすめて行くといった、
移動空間表現が良い感じ。

既存の枠に囚われない新ジャンルのバンパイア映画。
食糧問題に悩まされるバンパイア社会なんて、
面白そうな世界観なのだが、
アレもコレもとアイディアを詰め込むも、
煮込みが足らず、魅力的に感じられず終い。
ナイト・ウォッチ以上、アンダーワールド未満といったトコロか。

   



テーマ:映画 - ジャンル:映画

2012.03.20 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画 た

コメント

こんにちは!

ホント、アイデアが面白かっただけに、中途半端で残念な作品でした。
繁殖については、真っ先に思いつけよという感じ。何か出来ない理由があるにしても、ちゃんと説明して欲しかったです。

>そもそも10年やそこらでそこまで繁栄するとも思えない。

一人が二人に、二人が四人…と繰り返して一気にほとんどの人間がヴァンパイアになったから、人間の頃の地位、貧富の差そのままのヴァンパイア社会が出来上がって、生活もほぼ人間の頃のままなんだと思いました。
愚かなところもまったく変ってないというのは、個人的に皮肉が効いていてよかったかな。

でもやっぱりラストは拍子抜けですね。面白くなる要素はたくさんあったのに、残念です!

2013-08-31 土 13:12:54 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

>宵乃さん

どもどもです。

>ホント、アイデアが面白かっただけに、中途半端で残念な作品でした。

ホント、勿体無かったですね。
B級映画ならではとしてみれば頑張ってるのかな。


>一人が二人に、二人が四人…と繰り返して一気にほとんどの人間がヴァンパイアになったから、人間の頃の地位、貧富の差そのままのヴァンパイア社会が出来上がって、生活もほぼ人間の頃のままなんだと思いました。

なるほど、そういう見方も出来ますね。
私的にはもっとターミネーターのような終末世界になっていそうなイメージがあったんですよね。
徐々にヴァンパイアが広がっていったにしろ、
どこかで誰かが気づいて掃討作戦と称して、ミサイルの1発や2発はぶっ放していそうだし(笑)
そこから現代の人間社会と変わらないヴァンパイア社会を築き上げるのに10年は短過ぎるかなと。


>愚かなところもまったく変ってないというのは、個人的に皮肉が効いていてよかったかな。

たぶんこれに尽きるのでしょう。
ヴァンパイア社会でも弱肉強食の資本主義なのだなと。


>でもやっぱりラストは拍子抜けですね。面白くなる要素はたくさんあったのに、残念です!

そうそうキッチリ解決しないと不満が出るという・・・(^^;
ラストでヴァンパイアだった人たちが日の光を浴びる、ってだけで十分だと思います。
あるかどうかは別にしても続編も作り易そうですし(笑)

2013-08-31 土 23:16:03 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/822-4e7dedb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「デイブレイカー」観た

原題:DAYBREAKERS 製作:オーストラリア・アメリカ’09 監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ ジャンル:SF/ホラー/アクション2019年。謎のウイルスの蔓延により

2013.08.31 | 忘却エンドロール

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販