FC2ブログ

黒い家

今日のレンタルDVDは韓国発のサスペンスホラー
黒い家」(初見)
2008年 1:44 5.25Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★    音質:★★★★

近年の韓流ブームにより逆に敬遠しがちな韓国の映画だが、
基本的に韓国の映画のクオリティは昔から高かった。
JSAシュリリベラ・メオールド・ボーイ殺人の追憶などなど、
かなり良質な映画が多い。
下手なハリウッド映画よりも良く出来てるし、話題先行の邦画をも凌駕してる。
特に韓国のクオリティの高い映画に共通しているのはとにかくリアル志向。
あまりにリアリティを追求するあまりダークな作品になり勝ちだが、
それくらい気合が入っている。
これが今のハリウッドや邦画には欠けている点が多い。

で、今回の黒い家。
元々は邦画からのリメイクらしい。
例によって原作の邦画は全く観たこと無いww
ただどこかで観た事あるような展開やオチで、どうも先が読めてしまい没入出来なかった。
そもそもこの展開やオチは出尽くした感が否めない二番煎じなのだろうか。
サスペンス系で先が読めてしまうのは致命的で、どんなに凄い映像や音響だろうと
一定の距離を感じてしまう。
今作も例に漏れず、ゾクッとするような内容・展開があり、
一つ一つがリアルで生々しい演出が結構怖い。
ただその怖さも先が読めてしまっているのでどこかで客観視してしまう。
終盤のどんでん返し的な急展開で盛り上るハズのシーンも、
「うぉっ、音楽が気合入ってるな~」と別な所ばかり意識してしまう。
肝心の展開は「あ~、やっぱりね」
まぁ気合が入った演出や作りだけでも十分に楽しめたのが唯一の救いかなw

画質はレートの低さとは裏腹にかなり綺麗。
と言うよりもフィルムグレインが無いので、スッキリした見易さ。
また色合いがやや青緑にシフトしているので余計にキリっとした映像美。
でもってコントラスト感も高いので、かなり立体感のある映像。
アップのシーンではBlu-rayか?と思う程に綺麗。
ただレートが低い影響で引きのシーンで情報量(背景や物)が増えるとノイズが多発する。
また動きの少ないシーンでは引きでも十分耐えられる映像なのだが、
画面が動き出すと途端にノイズが発生するなど、典型的なDVD画質w
この作品は暗部の表現が最も重要となるらしく暗部階調調整のテスト画面が付いてくる。
が、これが全く意味がなされない。
確かに平均レートが低い割には暗いシーンでのレート割りが高めだった(6~8Mb)
ザワツキも一切ないのだが、肝心の階調がほとんどない。
バッサリと黒一色。
下手に黒浮きしたり、ザワついたりするよりもよっぽど観やすいけどw
音質はかなり秀逸。
細かい音もしっかり聞き取れて、音の質感も良くリアルに聞こえる。
(耳を覆いたくなるほどにリアルw)
またBGMが気合が入っており、かなり良質な音楽で盛り上げてくれる。
ただその割にはサラウンド感はなく、リアスピーカーは補助的な役割。
特に不満は感じないが、せっかくなら贅沢に楽しみたかったと言うのが本音だw

サスペンスものに慣れた人はあまり期待しない方が賢明かと。
逆に韓流ブームで韓国の映画を観始めた人には是非とも見ておくべき一本。
ただしぬるい恋愛物ばかり見ているのなら度肝を抜かれるから覚悟が必要w
ホラー要素は見た目に痛い系。
音響の整った環境で本領を発揮する玄人クオリティ。
終盤のどんでん返しで衝撃を受けれる人は幸せ者ですw

    

>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2008.12.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販