B&W CM8を使おう!

前々から思っていた事なのだが、
CM8、左右へのワイドな広がり・音の回り込みに優れている。
ただし上方向への広がりが極端に悪い。

どういう事かというと、
普段のリスニングポジションで座った状態から、
立ち上がると極端に音が悪くなる。
(ツィーターを下に見る感じ)

もちろん定在波だ、反射だと部屋の環境によって、
その場所場所で音の聞こえ方が違うのは当たり前なんだけど、
それが上方向には極端なのだ。
スィートスポットが狭いとかそういった話でもない。
とにかく立ち上がった状態では、部屋の何処で聞いても音が悪く聴こえる。
音楽や映画時は座っているから別に問題ないんだけど、
部屋ではいつも音楽を鳴らしているので、歩き回っている時や掃除中などで気になるかな。

今までIMAGE44やFB1などと使ってきたが、
ここまで極端に悪くなる事は無い。
音のバランスが変わり、多少なりと聴こえ方が変わる程度だった。
そう、聴こえ方が変わるけど、それが悪くなるとは言えなかった。
良い・悪いではなく、変わる、だった。
しかしCM8に限って言えば、悪く感じるのだ。

だからなのか、音場感の広がりも前後左右には良いけど、
どうも高さがイマイチぱっとしない。
天井を感じると言うか、
IMAGE44やFB1ほど壁を取っ払たかのような広がりは感じられない。
悪く言えばこじんまりとした、部屋なりの音場。
良く言えば手に届く範囲でキチンと定位した分かり易い音場。
音楽ソースによって相性の有無はあるけど、
どちらかと言えばリラックスして聴き入るよりは、
割りとガンガン鳴らしこんだ方が楽しいかも。
また映画ソースになると、
IMAGE44やFB1はその場に居合わせているような臨場感に対し、
CM8は映画館そのもので観ているような臨場感に近いかも。


それとは別に、ここ最近ようやく音楽が良く聴こえるようになってきた。
気温が低かったり(抵抗値減少)、連日の雪降りで湿度が上昇したり(除電?)
そういった可能性ももしかしたらあるかもですがw
主にBi-AMP接続だったものを、シングルワイヤーたすき掛けに戻した。
というのも、バイアンプ接続では確かに情報量や透明感、レンジ幅が増す。
特に高域が滑らかで煌びやかになる。
最初は低音域に支配された窮屈な音場感を緩和してくれて満足していたのだが、
幾度と無くMCACCの設定を変えていくうちにドンシャリ傾向が強くなり、
聴き疲れする音になってしまった。
もちろんMCACCのEQでフラットになっているハズなのだが。

そこでいま一度シングルワイヤーに戻し、SCR-AC/SP/EVDジャンパーのたすき掛けに。
bi_amp.jpg

すると今まで張り詰めていた緊張感が一気に和らぎ、
シットリと、かつ確実に音楽が伝わってくる。
情報量や明瞭度といったものはほんの少し後退するも、
それがかえって音に一体感が出来、まとまりある音になった。
何というか、
今まで高音・低音が明瞭に聞こえるもバラバラに鳴っているような感覚だったのだが、
それが帯域のエネルギーバランスが調和したような印象に。
若干、高域がドライでやや硬い音色に変わったが、むしろこれは私の好み。
ぶっちゃけ、以前ショップで聞いたCM9の時の印象を思い出した。
どうもLX83を買ってからというもの、
音質(解像度感やS/N比、レンジ幅)などを求める傾向が強くなってしまい、
結果、ボリュームを上げてガンガン鳴らしていた。
これはこれで映画を観る際には迫力だの臨場感だのといった効果をもたらしてくれる。
が、音楽ソースを聴くとこれがマイナスに作用してしまっていた。
本来CM8は包み込むような空間表現で懐の深い落ち着いた鳴らし方をするスピーカー。
それを思い出させてくれたのだ。
いやむしろそれ以上にも感じられる。
高域はややシャリっとした感じで煌びやかに聞こえるのがCM8だが、
シングルたすき掛けにする事で、高域にカツっとした芯の強さが出た。
ここにIMAGE11/KAIのようなキレ味が加われば最高なんだけどw

それと実はバイアンプ接続からシングルたすき掛けにする際、
前と後でそれぞれ残響特性を寸分違わず間髪をいれずに計測したのだが、
微妙な違いはあるも(誤差レベル)、
有意義な差を見出せなかった。残念。
また本来ならココでMCACCを再測定すべきなのだろうけど、
今のバランスが崩れるのが怖いので、設定はそのままにしておこう。



2012.03.04 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販