(BD)ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

本日のBlu-rayは
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
1997年 2:09 24~36Mb/s(VC-1) 5.5~6.8Mbps(DTS-HD Master Audio 7.1ch)

続いてロスト・ワールドのBlu-ray。
前作では初めて見る恐竜の映像にただ圧倒されていけど、
今作は続編という事もあり、恐竜の魅せ方に拘った作りに。
主にT-レックスの子育てに焦点を合わせ、
また孤島だけでなく、T-レックスが街中で暴れる様は何ともユニーク。
一歩間違えば単なる怪獣映画なだけに(GODZILLAも好きだな~w)
この辺で前作とどっちが好きか意見が別れそう。
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

さて、画質だが正直厳しいと言わざるを得ない。
フィルムグレインの粗さは前作よりもスッキリとさせているが、
その反動なのか知らんが、とにかく全体的に甘くボケボケの映像。
完全にディティールが損失しており、
表面がヌルヌメといった感じに見えてしまう。
その為、解像度感・精細度感といった物も前作より感じられない。
続けて見てしまうと、自分の目が悪くなったのか?と思いたくなるくらい酷い。
発色も諧調が自然になったのは良いが、彩度は地味に。
暗部に関しては完全に情報が欠落しており泣きたくなってくる。
あまりの酷い有様だったので、試しにSUPER BIT版と見比べてみたが、
解像度の違いを考慮しても、DVDの方が立体的で綺麗に思えてしまう。
ただDVD版はスクラッチノイズ等が結構目立っていたが、
その辺りBDではすっかり無くなっていた。
う~ん、これは残念な画質と言うしか無い。
確かにノイズの少なさや滲み、発色の自然さなど、
Blu-rayならではの恩恵はあるものの、
とにかく甘くボケたヌルヌメ画質なので、これをどう判断するか。
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

音質は前作以上に良好。
良くも悪くも前作よりDレンジ・Fレンジが大きく、メリハリのある音響。
高域も鋭さが増し、切迫感や緊迫感の含む音になり、
低音も力強く地に足の付いた切れ込みがある。
音の傾向としては前作をそのまま上下・大小を広げたような印象だろうか。
サラウンド感もより積極的に、効果的にサウンドメイクされている。
T-レックスの唸り声や鎌首を振り回したりと、
部屋中に重低音がうごめきたつ。
完全に映像を凌駕してしまっている音響だ。
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

1作目は間違いなくBDとしてこれ以上無い出来だろう。
しかしロスト・ワールドの方は画質に不満が残る。
ヌルヌメっとした質感やフォーカスの甘い映像は、
かなり厳しいと言わざるを得ない。
対して音響は文句の付け様も無い素晴らしい出来栄え。
T-レックスが出るたびに血が沸き起こる感覚が味わえ、
また当時の劇場音響すら凌駕している事だろう。
画質を我慢して、音響に期待するなら十分アリ。
個人的には音響重視の環境なので、割りと満足度は高いかも。
ちなみにこちらも豊富な映像特典が魅力(まだ見てませんけどw)
さて、次はシリーズとして無かった事にされているⅢですが・・・

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2011.10.29 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

久しぶりに再見しました

ホント妙に画質が悪いし暗いシーンが多かったですね。
ストーリー的にも、ハモンドの命令で動いていたカメラマンと、専門家であるはずのサラのおバカな行動で周りが犠牲になりすぎなところがどうも…。
まあ、前作が傑作だっただけに、比較してがっかりしてしまったところもあります。
T-レックスは相変わらず迫力満点でした!

2016-01-19 火 11:01:36 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

>宵乃さん

どもコメントありがとうございます。


> まあ、前作が傑作だっただけに、比較してがっかりしてしまったところもあります。

個人的に好きなのは 2>1>>>3 の順なんですよ。。。
確かに1作目のインパクトがあって期待値高まった続編に不満を覚える事も多いですが、
結局何度も繰り返し見たくなるのは続編の方だったりします。
(T2、エイリアン2、ダイハード2、トランスフォーマー2)
どの作品も共通しているのが、
1作目で完成された世界観があるので、2作目はエンタメとしてより魅せる方向になっているので、
何度も楽しめるのは2作目の方だったり。
もちろん1作目ありきなんですけどね。


> ストーリー的にも、ハモンドの命令で動いていたカメラマンと、専門家であるはずのサラのおバカな行動で周りが犠牲になりすぎなところがどうも…。

??これ良くわからないんですが、
あの二人のせいで犠牲になったの崖から助けようとしたエディだけですよね?
おバカな行動ってインジェンの社長くらいしか記憶にないですけど・・・

2016-01-20 水 06:26:59 | URL | nor #- [ 編集]

おはようございます

>あの二人のせいで犠牲になったの崖から助けようとしたエディだけですよね?

サラが血のついた上着を着ていたせいで、キャンプが襲撃を受けた時に、誰も犠牲になってませんでしたっけ?
あと、犠牲者はなかったと思うけど、ステゴサウルスの子供に不用意に近づいて親を怒らせるくだりなど、専門家のくせに危なっかしい印象があります。

ニックについては、人が大勢いる時に危険な肉食恐竜も檻から解放したり、ハンターの人の弾を抜いて自衛手段すら奪ったりと、「恐竜をいじめる奴は喰われても自業自得!」みたいなスタンスだったような…。

2016-01-21 木 07:59:40 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

ども再びコメントありがとうございます。


> サラが血のついた上着を着ていたせいで、キャンプが襲撃を受けた時に、誰も犠牲になってませんでしたっけ?
> あと、犠牲者はなかったと思うけど、ステゴサウルスの子供に不用意に近づいて親を怒らせるくだりなど、専門家のくせに危なっかしい印象があります。

サラは専門家と言っても恐竜の専門家じゃないですからね。
意図せずフィルムが切れてしまい驚かせてしまっただけ。
そもそもステゴサウルスは草食恐竜なので、猛獣よりよっぽど大人しいハズ。

映画的に、
序盤であの島ではどんな些細な事で何が起こるか分からないって状況を説明する描写なんだと思います。
またロストワールドのテーマは恐竜の子育て。
まず恐竜の最初の見せ場にすると同時にステゴサウルスですら子育ての為に獰猛になる瞬間もあるっていうのを見せたかったんだと思います。

それに専門家のくせに不用意に近付く描写は1作目のグラント博士方がヤヴァイでしょう。
あの時は生態すら詳しく分かっていない状況で、
子供たちを連れて車から勝手に降りだしたり(トリケラトプスのシーン)
平気で触れたりもしていましたよね。

サラの上着の血は確かに配慮が足りなかったように思えますが、
猛獣のプロであるローランドも気付いていましたよね。
それがT-レックスの血かどうかは分らなかったのかもしれませんが、あの状況下で確認を行っていなかった時点で同罪。
 (そのせいで仲間を1人失っていますしね、点呼すらしないのはバカを通り越してます)

またT-レックスは一度狩場を変えた(エディのことで)ので、
まさかまた自分たちを追ってくるなんて事は考え難かった可能性もあります。
もちろん映画的な盛り上げの意図もあるでしょうし、
もっと言ってしまえば、あの血はどこで付着したの??って話も。
T-レックスの子供は骨折はしていたものの、外傷は無い様に見えました。
じゃぁあの血は誰の?なぜ親が追ってきたの?って根本的なツッコミも。


> ニックについては、人が大勢いる時に危険な肉食恐竜も檻から解放したり、ハンターの人の弾を抜いて自衛手段すら奪ったりと、「恐竜をいじめる奴は喰われても自業自得!」みたいなスタンスだったような…。

ニックは動物愛護団体側の出身+ハモンド氏の依頼を受けた身。
危険な恐竜を本土に持ち帰らせない為に檻を破壊し、あわよくば相手の通信手段等を奪うのが目的。
あの時点では自分たちの通信機材は生きていたし、
また出資者たちに恐竜を見せてパーク建設を推進していた事も許せなかったのでしょう。
ちなみにあの場に居た恐竜は全てハンター達が捕獲した草食・雑食恐竜で、危険な恐竜は居ませんでしたよ。

ローランドは地上最強の生物を殺すという自己満足のためだけに参加していましたから、
実弾をこっそり抜いたのは立場上も人道的にも善行だと思います。

恐竜をいじめるどころか、本国に持ち帰ろうとしている連中です。
今でいう所の核や化学兵器を国内に持ち込もうとしているようなもの。
普通なら政府が介入して阻止するなりしてもおかしくない状況。
ニック程度の行為はむしろ愛嬌すら感じます。

ちなみに原作でニックはプテラノドンに襲われ死ぬらしいです。


個人的にジュラシックパークシリーズは思い入れが深く、
何度と無く視聴しているので色々言いたい事もありますが、
やはりスピルバーグ色の強い、エンタメ作品なのだと思います。
サラやニックがおバカなキャラになっていると言うより、
物語を分りやすく見せる為の演出というか、舞台装置になっているだけ。
おバカ度を言えば島では全く何もしていないイアンの方でしょう。
前作の当事者のクセに何も学んでいないのか、口ばかりで少しイラッとします。
そもそも数学者のクセに機械を扱えない設定は理解不能です。
またその娘も自分で付いてきておいて、怖い目にあったら帰ると泣き喚く。
子供らしいかもしれませんが、イライラさせられます。
この辺も前作同様、
機械コンプレックス、子供は自由奔放(我がまま)と、いかにもスピルバーグっぽい発想です。


少々荒っぽい言葉使いになっているかもしれません、すいません。
宵乃さんがどうこうじゃなく、
個人的に好きな作品なので全力で擁護させてもらいました(笑)
確かに宵乃さんの言う様に、
客観的に見ればサラもニックも身勝手な行動をとっているように思えます。
私はそれを物語の展開として捉えていたので全く気にもなりませんでした。
アニメでもそうですけど、
やっぱり自分の好きな作品が少しでも悪く言われると(まったく悪気はなくとも)
どうしても擁護したい気持ちになってしまいますよね。
人それぞれの感じ方があるし、
気になる人はどうしても気になっちゃうのも良く理解出来ます。

長々とすいません、
決して宵乃さんを責めているとかそういうのは一切無いですからね!

2016-01-25 月 21:00:48 | URL | nor #- [ 編集]

この作品が大好きな気持ちが伝わってきます♪

私の勘違いや見逃していた点にも気付けましたし、詳しく教えて下さってありがとうございました!
いつも思い込みで観てるところがあるので、それで楽しめてればいいんですが、そうじゃない時は冷静な方の分析は本当に参考になります。
今回の再見では「前回楽しめなかった」という思いもあったので、次回はフラットな気持ちで望めそうです。

2016-01-26 火 10:14:11 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもどもです。

この作品はもう数え切れないくらい観ているので、
自分なりの解釈やイメージが凝り固まっているのかもしれません。
たぶん初見時は恐竜の映像にワクワクして、
細かいツッコミ所はそれどころじゃなかったのかも(笑)

2016-02-01 月 02:39:50 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販