(BD)ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~

本日のBlu-rayは
ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~」(初見)
2010年 2:11 16~24Mb/s(AVC 1080i)1.53Mbps(リニアPCM 2ch)/0.38Mbps(DD 5.1ch)

たま~に、どうしようもなく変わった物が欲しくなる時があるw
たまたまその瞬間の物欲の勢いに負けたというか。
もちろん多少なりと興味はあったのだが、
買うほどでもない程度(高いし)だった物を、ついポチってしまう衝動。
まぁ建前はどうでも良いですね、はい、天下のミクさんのライブBlu-rayです。

まず知らない人は居ないであろうVOCALOID初音ミク。
日本だけに留まらず、
海外の雑誌やメディアで取り上げられる程の世界的な知名度。
まぁその辺りの説明はするまでも無いので割愛するとして、
そのミクさんのライブ。
普段はモニター内だけの存在だったけど、
透過スクリーンに等身大の3D映像を投影する事で、
あたかもそこに居るかのようなリアルさを。

まさに現実とバーチャルの狭間のような不思議な感覚に囚われる。
ミクの日感謝祭 39's

楽曲はVOCALOIDに合わせて生演奏が行われる形なのだが、
これが無駄に凄い(褒め言葉です)
まずバックバンドの演奏が凄く巧くてビックリ。
なんでもヤマハの一流所を集めたとかかんとか(?)
VOCALOIDも良いけど、バック演奏だけ聴いていても満足出来そうw
そもそもライブといったら、バンマス(ドラム)に合わせるのが普通だけど、
逆にVOCALOIDの音声に合わせて演奏しなくちゃいけない。
リズムは完璧に一致していないと音声や映像とのズレが出てしまうだろうし、
ミスやアドリブなんて以ての外だろう。
これは演奏に限った事だけではなく、演出などのタイミングもそうだ。
完璧なタイムスケジュールで進めなければならないと思うと素直に凄い事だ。
ミクの日感謝祭 39's

ライブ内容はミクさん他、
巡音ルカ、鏡音リン、レンなども登場し、総40曲。
どの楽曲も人気曲(であろう)、それこそ再生数10万とか100万クラスばかり。
個人的には5~6曲しか知らなかったが、
バラエティ豊かで個性的な楽曲ばかりで聴き応え十分。
ただその分、全部がメインディッシュのような感じになってしまい、
また楽曲と楽曲の間が無く、
(技術的にMCが無理で、逆に休憩や衣装替えの手間も不要)
ほぼ2時間ノンストップ状態だと聴き疲れを起こすかも。
動きは3Dモデリング独特のふわふわ、カクカク、ぬるぬるの間を取ったような動きで、
決して人間らしい自然な動きとは言えないまでも、
見慣れていれば何て事は無く、細かく良く動くし、
ちょっとした仕草が何とも愛らしく見えてしまう不思議。
他にも曲にあわせたコスチュームチェンジはお手の物。
とにかく製作スタッフの愛情が凄く伝わってくる。
ミクの日感謝祭 39's

画質は悪い。
悪い評判通り、アップになると映像の荒さが酷く目立ち、
それが映像であることを認識させられてしまう。

なんでもアップの映像を撮っていなかったらしく?
他の引きの映像をトリミングし拡大させた映像を、
仕方なくアップショットとして使用しているのだとか?
(実際はどうだか知りませんけどw)
当時の映像は綺麗(引きのショット同様に)であって、編集段階の問題らしい?
とにかく映像のバラつきが非常に激しい。
また全体的にもブロックノイズが頻繁に発生しており、
解像度だけ高い、ザワついたBS放送のような印象。
せっかくの見せるコンテンツが台無しだ。
ただ動画サイトなどで見慣れた映像とは比べるまでも無く、
大画面で映し出されるミクに何とも言えない物が込み上げて来るw
ミクの日感謝祭 39's

音質は良い。
何故か5.1chサラウンドがまさかのロッシー音源。
それでもドルデジの悪い印象は無く、
思った以上に音は良い。
LFEもしっかり入っており、低音の量感にも問題は無い。
高音はややノイズっぽさがあり、ロスレスのようなクリアさは期待出来ないが、
楽曲が楽曲だけに、それほど不満に感じるような事は無い。
試しにリニアPCM 2chと聞き比べてみたが、
やはり高域の透明感や質感などに差が感じられた。
特にドラムのハイハットや音声のサ行などが分かり易い。
こちらも動画サイトの音声とは天と地との差があり、
個人的には映像よりも音質の恩恵の方が大きく感じられた。
サラウンド感も上々。
やや強めの残響音が乗っており、程よいホールの広さが感じられ、
距離的にはスタンディングフロアやや前方の位置くらいだろうか。
かなり後方からのホール感やファンの歓声が聞こえてくる。
時折、背後からゾゾっとする絶叫が聞こえてくるw
純粋に音質だけを選べばリニアPCM 2chの方が良いが、
やはりライブは臨場感が命なので、
細かい事は気にせずに大音量でサラウンドを楽しむべし。
個性的な楽曲や生演奏のお陰で、
かなりガンガン鳴らすととにかく気持ち良いサウンドですw

VOCALOID初音ミクのライブBlu-ray。
動画投稿サイトで圧倒的な人気を誇る。
サブカルチャーと言ってしまえばそれまでかもしれないが、
VOCALOIDというコンテンツに音楽・映像・技術が合わさり、
これだけのクリエイティブな物が出来るのだから凄い事だ。
歌や動きのぎこちなさや、立体映像の見え方など、
まだまだ発展途上であり今後どう進化してゆくのか楽しみだ。
ライブの内容はなかなか充実しており、
初めてミクを知るには丁度良いかも。
個人的な要望としては歌詞の字幕表示が欲しい所。
とりあえず下の動画を見て「これは!」と思ったら是非w



     



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2011.10.07 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 他

コメント

意外とこの手は縁遠い人間と
思われるかも知れませんが
昔は筋金入りのPCゲーマー&自作PCオタクだったので
初音ミクの登場は新鮮であり衝撃でした

このライブも3Dミク制作など
実験的ではあるものの
色んな可能性と言う意味では興味深いと感じます

あのーー
ミック、ミックにしてあげる
入ってますかねw

あれ好きなんですよ

2011-10-09 日 19:46:21 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

>サスケさん

昔からPC弄っている人やゲーム好きなら大抵ミクを知らない人は居ないでしょう。
私も昔はDTMやってた人間だったので、VOCALOIDは衝撃でしたね。

>色んな可能性と言う意味では興味深いと感じます
確かにそうだと思います。
コンテンツでありながら、技術進歩や創作活動に繋がり、
またそれらがエンタメにもなり得る。
(米国)トヨタのCMにもある意味頷けます(笑)

>ミック、ミックにしてあげる
残念ながらこの曲は入っていませんでした。
メルト以降に流行った曲ばかりですので。

もし興味がおありでしたら(?)
来月発売される「ミクパ♪」の方をお勧めします。
東京公演と札幌公演の2枚組みですし、歌詞の字幕クレジット付きみたいです。

2011-10-09 日 21:13:51 | URL | nor #- [ 編集]

前に

アメリカのトヨタのCMで
ミクが出ていたのが
このLiveみたいのでした。
異様な感じ。
本物でないのに、Liveに
きている人は、まるで本物
のように声援を送る。
本当にサイバーな感じ。
ついていけません。

2011-10-12 水 21:42:14 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

まぁ一般的な感覚からしたら異様な物かも知れません。
私的には全然アリだと思っているので、
拒否反応どころか、むしろ楽しめちゃっていたりします。

2011-10-13 木 20:34:48 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販