(HV)エクソシズム

今日のWOWOWは
エクソシズム」(初見)
2010年 1:41 HV・AAC 2.0ch(WOWOW)

スペイン産のエクソシスト。
ガチンコ恐怖のREC/レックよりも、どちらかと言えば永遠のこどもたちに近いかも。

内容は悪魔に取り憑かれた少女と、
教会を追われた神父が悪魔祓いに挑むエクソシスト。
スピリチュアルな内容(悪魔憑き?)と、思春期の鬱積(精神疾患?)
どちらとも取れるニュアンスで、胡散臭さが鼻に付かず、
またストーリーもそれを巧く利用した展開になっており、
なかなか唸らせてくれるモノがある。
全体的な流れはエミリー・ローズを思わせるも、
悪魔憑きのショッキング描写はかなり控えめになっており、
そういった物を期待してしまうと非常に淡白に感じる。
逆に言えば悪霊などエクソシスト系が苦手な人でも苦もなく視聴出来ると思う。
(自傷シーンが多少ある程度)
エクソシズム

手持ちカメラによるドキュメンタリー風の撮影がアクセントになっており、
ズームインの多用など画面のブレがやや強いが、
描かれる内容は精神的に追い詰められてゆく少女とその一家の崩壊の様、
そして悪魔払いを引き受けた神父の意図といった、
ちょっとしたサスペンスドラマにも見える。
全体を通して既存のエクソシスト系とはやや毛色が違い、
あくまで人間的なドラマがメインであり、
超常現象や衝撃映像といったものはとにかく薄い。

この点を見誤らない事が重要だろう。
エクソシズム

画質はすこぶる良好。
グレインの一切ないスッキリとした映像で、
HVらしい解像度感・精細感度に溢れるなかなかの高画質。
コントラストをやや強めた感のある彫の深い映像。
僅かに黒潰れがある程度で、それ以外の不満は殆どないだろう。
エクソシズム

音質は勿体無い。
低音域から高音域まで割りとシッカリ入っており、
SWが無くとも低音に物足りなさは感じず、
5.1chでなくとも空間の広がりなどを十分感じさせてくれる。
また疑似サラウンドさせるとBGMなど分かり易くサラウンドしてくれたりと、
5.1chじゃないのが残念に思える音響。

スペイン産の悪魔祓い。
他のエクソシスト系とは違い、
悪魔憑依や超常現象といったショッキングな映像描写は殆ど無く、
進行も大人しめ。
悪魔に取り憑かれた少女とその家族、
そして神父の三者三様の思いをじっくり描いた内容。
オカルト的な胡散臭さを感じさせない距離感で、落とし所も割りと納得。
妙に惹き込まれるスペイン・ホラー。
例えるなら
”オカルトはあまり信じていないけど、
 実際に悪魔払いとかって案外こういった感じなのかもね?”

そんな印象かもしれないw

    

>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2011.09.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販