(BD)プレデター 特別編

本日のBlu-rayは
プレデター 特別編
1987年 1:47 28~36Mb/s(AVC) 4.1~5.6Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

以前、プレデターズAVPを観た後でつい低価格に釣られポチってそのまま放置していた。
初期の頃のMPEG-2からリマスターのMPEG-4 AVC新装版。
多分これ以上高画質にはなり得ない(よほど良いマスターが見付からない限り)だろうし、
音質は元より評判も良かったようなので、所有しておいても無駄ではなかろうか。
プレデター 特別編

内容は言わずもがな。
FOXを代表するモンスター・プレデターと、
シュワちゃん率いるコマンドー部隊の狩るか、狩られるかのサバイバル。
鬱蒼としたジャングルを舞台に、
序盤の姿見えない敵に一人、また一人とやられて行く様や、
罠を仕掛け、追われる側から追う側へ変わる瞬間など、
いつみてもワクワクさせてくれます。
後半やや駆け足気味な気もするけど、テンポも良いし毎年観ても飽きませんね。
プレデター 特別編

さて、画質の方がだが、まずまずではなかろうか。
従来(TV放送やDVD)のような、ノイズともグレインともとれないザラ付いた映像から一変。
ツルっとした質感でお化粧直しされた画質に。
発色は驚くほどコッテリ。
情報量も年代を考慮すれば想像以上だろう。
特にジャングルのシーンの奥行き感は目を見張るものアリ。
ただノイズ除去の弊害か、人物の肌などの質感が削がれ、
ややノッペリとしたスカッとしない画。
また綺麗にし過ぎた為か、時折挟まれる元々低画質なシーンが逆に目立つ。
個人的にはもう少しグレインを効かせた方が好みなのだが、
これはこれで”見易い”画質としては十分綺麗に仕上がっているのではなかろうか。
プレデター 特別編

音質はすこぶる良好。
旧作のモノラル音源を無理やり音圧上げただけのような出来損ないではない。
古さを殆ど感じさせない鋭さ・厚みがあり、
文字通り「今まで聴いた事の無いプレデター」を体感出来るw
効果音自体は年代相応の古臭さを感じたり、
セリフの篭りが残っているシーンも一部あったりするけど、
逆に録り直した?と思わせるような鮮明な部分もあったり。
移動音などは今ほどセパレートされていないので、
定位感がやや散漫気味に感じられてしまうものの、音場の広さは今でも十分通用する出来栄え。
とにかく全体を通して年代を感じさせない、力強い音響。
好きならば、期待せずに観てみると結構驚かされるかも。

    



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2011.05.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販