基本に立ち返ってみる?

サスケさんからのアドバイスにより、基本に立ち返ってみることにした。
ウチの基本はやはりIMAGE44だ。
開放的で透明感の高い中高域、軽快で乾いた低音。
立体的な空間に明瞭に浮かび上がる音像など、audio pro独特の世界が広がる。
すっかりFB1の超低音に毒されてしまっていたがw
ここらでひとつ、リフレッシュしてみよう!

674a.jpg

という事で、IMAGE44、FB1それぞれ繋いでみた。
SPケーブルや足元(スパイク受け)の違いはあれど、
ひとまずこの状態で両者のガチンコ対決www

感想としてましては、思った以上に両者の音色が似ていた。
帯域バランスや広がり方など違っているも、
極端に音色が変わるような事は無かった。
でもまぁそれぞれ鳴り方の方向性がまるで違うし、
同じ土俵で比べるのも何だか可哀想な気もしてくる(価格差3倍強)

まずIMAGE44の特徴でもある透明感のある煌びやかな高音域。
これを聞いた直後だとFB1の音が篭って聞こえる。
決してナローレンジな訳ではないのだが、明らかに高音の量が少ない。
分かり易いのがブラスの音だ。
IMAGE44の場合、突き刺さるような甲高い音で鳴るのに対し、
FB1は耳に付くキツさはなく、やや色褪せたビンテージ物で演奏しているのでは?
と思えてしまう(イメージ的な話です)
同様にボーカルなども明瞭さという違いがあり、
高感度マイクで録ったかのような、唇の動きまでハッキリ感じ取れるIMAGE44。
一方、FB1は微かな空気音などが一切無く、マイクを介さず直接歌っているような印象。
明瞭さのあるサウンドなので、細かい音はIMAGE44の方がハッキリと聞こえる。
FB1は吸音材を沢山仕込んだスタジオのような、素の音がそのまま届く感じだろうか。
質感はIMAGE44はやや安っぽいと言うか、線が細く上擦り気味。
ピアノやアコギなど、一音一音クッキリ聞こえるのだが、
逆に聞こえ過ぎて打ち込み音のように感じてしまうかも。
FB1は高音に硬く芯が通っており、余計な響きが乗らずスゥーと消えてゆく感じ。

中音域はIMAGE44はハイ上がりに鳴るのに対し、
FB1はローへと沈み込んでゆく感じだ。
音の厚みという意味なら革ジャン2枚くらいの差(どんな例えやねんw)
鳴り方としてはIMAGE44はどんどん音を押し出して空間を広げてゆくような、
源泉掛け流し?的。
一方、FB1は常に一定の量を同じタイミングで鳴らすような、ブレが非常に少ない。
なのでボーカルや各楽器の定位がビシっと決まり、音像がハッキリしている。
IMAGE44は良い意味で音像が広がり(甘くは無い)コンサートホールで聞いているよう。
FB1はまさにスタジオ音だ。

低音の差は大きい。
深さ・厚み・量感・質感どれをとってもFB1に軍配が上がる。
IMAGE44も大分健闘はしているのだが、FB1の後に聞いてしまうと物足りなさを実感する。
唯一利点を挙げるとすれば、タイトになるので爽快なリズムで鳴るくらいだろう。
ちなみに両者へSWを付け足せば差は一気に縮まる。
IMAGE44にSWを付け足せば、歯切れ良い低音になり量感も不足に感じる事はまず無い。
同じSWの低音でもFB1に追加するとゴリゴリとした超低音が聞こえてくる。
何と言うか空気や耳元を震わせるような低音。
最近この音に対し病みつきになってしまい、もはや低音中毒(ジャンキー)一歩手前だw
またSW無しのFB1とSW有りのIMAGE44ならば、圧倒的に後者の方が勝る。

全体的にIMAGE44は煌びやかで広い空間表現が魅力。
ソースの良し悪しを問わず、IMAGE44独自の空間を作り上げコンサートホールのような、
部屋中を音で満たすような気持ちよい音場を作り上げてくれる。
また透明感ある中高音域も女性ボーカルなど艶っぽく色付けしてくれるので、
ソース以上の魅力を引き出しているような印象を受ける。
FB1は良くも悪くもソースそのまま、素の音。
殆ど味付けはせず、かといって暗く鳴るわけでもなく、無味無臭・無色透明。
音場はスタジオで聞いているかのような正確な定位感とピントのあった音像。
あたかも目の前で演奏しているかのような存在感を感じさせる。
また音量を上げれば上げるだけ音が付いてくるので、
つい大ボリュームで聞いてしまいたくなる欲望に駆られてしまうw
IMAGE44ではそうはいかず、どうしてもある程度の音量までくると音にピークが感じられ、
やや歪んだような、耳に煩く感じるような音になってしまうのだ。
他に音の細かさや耳に聞こえる情報量はIMAGE44の方が良いが、
音の質感やリアリティを感じられるFB1を聞いてしまうと、やや安っぽく感じられてしまうかも。
全体的にも、
IMAGE44という音場・音像・音色を加え、IMAGE44の世界に引き込むような鳴り方。
音というより音楽として捉える事が出来る。
一方FB1は余計なものは一切無く、頑固なまでにソースそのものを忠実に再現しているよう。
なのでソースの出来・不出来、または向き・不向きがあり、
音から構成される音楽を聴いているように感じてしまう。


ぶっちゃけ、どちらのスピーカーが良いか?
と問われたら、
「IMAGE44の魅力も非常に捨て難いけど、FB1かな。」
と答えるだろう。
それなりに気持ちよく聴けて、気軽に楽しめる・満足できるIMAGE44なのだが、
オーディオ的に拘りを持って聴くのならば、
堅物で頑固で扱い難いけど、音(音楽)に対し真摯に向き合って鳴らすFB1。
好みの音は間違いなくIMAGE44なのだ。
しかしFB1の存在感があまりに大きく、目を背く事が出来ない。
例えるなら、
”毎日食べても飽きないカップラーメン。
 でも本場のラーメンを食べてしまうと、もうカップラには戻れない・・・”

みたいな?
なんか違うな。
”何でも些細なネタで盛り上がれる気の置けない友人。
 一方、取っ付き難いけど自分に無い物を全て持っている気の置ける知人”

みたいな? ※「気の置ける」と「気の置けない」
ん~、シックリこない。
でもまぁ要はそういうことですw


じゃぁ、今後の展望は・・・・・
                        つづく?



テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画

2011.04.17 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

感想文

例えるなら、
別れた女と、今の女を天秤に掛けて
前の女のクビレは良かったけど、
ケツは今の女が最高と言った有様

別れて気付いた男の未練ばっかり言ってないで
新しい女(FB1)に慣れなさいってw
その、たまに机の中から昔の女の写真見つめて
「あの頃はよかったよなぁ~」まずはココ卒業 メモしてる

スピーカーケーブルの時もそうでしたが
グレードアップを目指す割に 今のモノと比較し過ぎるクセが有ります
決めたら、パッパッパーーーってはずして 過去とはおさらばww

冗談は置いといて
私はどちらの音質がどうよりも、むしろ
FB1をフロントに使う事で
サラウンドSPとの出力差によるバランス
こっちの方が気になりましたね

参考になるか分かりませんが家の環境と
ポイントを書きますと 家はマンションなのでLDK
リビング+ダイニングキッチンで床面積としては13畳位

ただし、家の場合は箱(囲われた部屋)で音場を作れない
何故ならば左の壁はありませんからw
部屋としての区切りが無く、キッチンや和室が有るので
左側は広い空間になっています

私が音像とSPバランスに拘って煮詰める理由はここに有ります
箱で空間を作れないのがスタートなので
視聴位置で音の空間を作る為に
視聴位置に音を集める(追い込む)セッティングが中心です

フロントSPに対して格落ちのサラウンドSPでは
家の部屋の状態では気持ち良くサラウンドしてくれないので
中古で型古でもフロントで使える位の出力のSPにしました
ここが家の音の個性になっていると思います

サラウンドSPの方が低音も出せるモノを使っているいるので
広い空間でも、限られた視聴位置に音場を作る事が出来ています
サラウンドSPの役割って映画では移動音が主体ですよね

ヘリコプターやジェット機、列車など中低音が主体なんですよ
だからサラウンドSPこそ贅沢なモノを使う勇気ww
たいがいは置くスペースの問題やフロントSPフンパツし過ぎて金ケツで
サラウンドSPは次の段階と格落ちで始める人が多いと思いますしそれも正しい

出来ない事を書いて申し訳ありませんが
サラウンドSPにFB1を贅沢に使ったら激変する予感大かも!!

FB1に限界を感じるなら私に嫁に出してなどと今まででしたら言えましたが
何分、色々問題が有りまして金ケツのドンゾコな身なのでおとなしくしてます
まぁ、ゆっくの悩んで下さい 良くも悪くも自分のシアターですから

長文お許し下さい 自分のブログ更新するより時間掛かったぞww

サスケより

2011-04-18 月 22:36:34 | URL | サスケ #- [ 編集]

>サスケさん

うはw
すっごい文章量(お時間)頂いて恐れ入りますm(_ _)m
こちらも気合入れて返信しなきゃですね。

>今のモノと比較し過ぎるクセが有ります
例え話はまさにその通り過ぎて爆笑してしまいましたw
というか、むしろ私の性格を的確に指摘されているようでビクッとしちゃいましたよ・・・
かなり過去を気にしてしまう性質ですから・・・・・
ただそう簡単に切り替えられたらこんなに悩まなくて済むんですけどね。

>FB1をフロントに使う事で
>サラウンドSPとの出力差によるバランス
う~む、あんまり気にした事なかったかも。
ウチの場合、6畳一部屋の完全に区切られた狭い空間です。
その為あえてフロントとの距離を長めに取って、
逆にサラウンドSPとの距離は近い状態です。
なのであまりサラウンドが強過ぎるスピーカーは選び難かったり。
あくまでサラウンドSPは包囲感の補助として考えていましたけど、
そこはしっかり鳴らせるスピーカーにすべきなのでしょうかね。

>サラウンドSPにFB1を贅沢に使ったら激変する予感大かも!!
これは・・・・どうなんだ?(^^;;;
アリなの?ねぇアリなの?ヤヴァくね?w
ちょっと思いもよらないセッティングなので、戸惑っちゃいますが、
サスケさんが言うなら間違いないでしょう!
ちょっくらやってみようかと思いますw

>FB1に限界を感じるなら私に嫁に出してなどと今まででしたら言えましたが
限界と言うか、鳴らし難いなぁと。
今までは粗が気付かなかった事も、FB1だと全部さらけ出してしまうので。
嫁と言うか、FB1は男なので婿になるかな(あくまでイメージ的な話です)
IMAGE44はもちろん女性です(あくまでイメージ的な話です)


長文、何度も何度も読み返させて頂きました(返信遅れてすいません)
かなり煮詰まってた状況だったので、凄く参考になりました。
こうなったら徹底的に色々やってみる事にします。
それで失敗したら責任とって下さいね?w

2011-04-20 水 18:28:48 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販