チアーズ!

今日のレンタルDVDはあっけらかんとしたアメリカン青春チアムービー
チアーズ!」(初見)
2000年 1:40 7.75Mb/s 754kbps(DTS 5.1ch)

今月も「ブログ DE ロードショー」にお誘い頂きました。
チアリーディングをテーマとした青春ムービーという事で、
この手のスポ根+学園ドラマはハズレが少ないので大いに期待したは良いが・・・

内容は栄光と挫折、そして復活と言う典型的なサクセスストーリーと、
スポーツを通した友情や恋愛と言った学園ドラマを合わせた、
まさに鉄板とも言えるべく青春ムービー。
終始、陽気でハイテンションなノリで展開し、
要所ではハードでアクロバティックなチアリーディングを見せ付ける。
元々アメフトの応援団がチアリーディングだったものが、
いつしかスポーツ競技として確立し、日本でもドラマになるほどの人気ぶり。
チア(応援団)の試合を応援するという不思議な構図は何とも面白いw
そんな人気のスポーツ映画なのだが、ドラマ部が全てを台無しに。
挫折を描くのに相手チームの盗作だの、プロの振付師を雇うだの、不正が目立つ。
そもそもプロを雇うのにお金を皆で稼ぐ?
「そんな時間があるなら真面目に練習の一つでもしろよ!」と言いたくなってしまうw
またいくら応援する自校のアメフト部が弱小だとしても、
それを「どーでも良い」と平気で言い放つなんてガッカリですわ。
チアーズ!

相手を蔑んだり、悪態ついたり、でも自らは努力を惜しむ。
優勝常連校です→不正がバレました→今度は真面目にやります!→勝ちました
そんな楽して勝とうなんて、当時の好景気に沸くアメリカならではのノリなのだろうか。
独創性のみで勝敗が決まり、たった3週間の練習で優勝が見えてくるとか、
完全に努力を完全否定するなんて、スポ根としてもNGだ。
例えば、
大会で優勝出来なくても、弱小アメフト部と和解し、必死の応援で初勝利に導く。
そっちの方がよっぽど青春してるし、スポ根としても綺麗に終われたのではなかろうか。

画質は良好。
TVドラマのようなカラフルで明るい画調。
液晶TVなどの画質モードをダイナミックにしたような印象とでも言えばよいだろうか。
少々どぎつさも感じるかもしれないが、
明るく元気な作風には合っているのかも。
グレインも最小限に落ち着いており、ペグノイズも思ったほど酷くない。
流石に引きのショットでは解像度不足感が否めないが、
DVDとしては総じて綺麗と思える画質だろう。
チアーズ!

音質も良好。
さすがDTSだけあって、冒頭からノリの良い音楽が心地よく鳴り響く。
低音も豊富でBGMにもキッチリLFEが振り分けられている。
セリフもクリアで、全体的にメリハリの効いた音響が特徴的。
サラウンド感はもう少し欲しい所。
どうしてもフロント側の音が強過ぎてしまい、
ダンス会場の臨場感といった物を相殺している。
音楽が主体の作品なので、それだけでも十分楽しめるが、
ここに包み込まれるような包囲感が加われば、もっと文句が無かったのだが・・・。

元気で明るい青春ムービー。
と言っては聞こえは良いが、
その実、不正や悪態ばかりで、努力が見られず、
ラクして勝利!のアメリカンドリーム的な内容だ。
スポーツを通した、友情・恋愛・スポ根・ライバル・コメディなどなど、
学園青春ドラマとしては申し分無い題材なのに、
それを料理しきれず、レンジでチンしてしまった感が否めない。

ハードでアクロバティックなチアリーディングの魅力があるだけに、
勿体無くも残念で仕方ない。

    



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2011.04.11 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

こんにちは☆

>ラクして勝利!のアメリカンドリーム的な内容だ。
>スポーツを通した、友情・恋愛・スポ根・ライバル・コメディなどなど、
>学園青春ドラマとしては申し分無い題材なのに、
>それを料理しきれず、レンジでチンしてしまった感が否めない。
>ハードでアクロバティックなチアリーディングの魅力があるだけに、
>勿体無くも残念で仕方ない。

そうですね~私もあの3週間の事は、もっと丁寧に描写してほしかったです。
あのように簡単にされると「?」という感じでしたので。
でもまぁ監督の技量によるので、ダラダラやられるよりはましだったかな?とも思いました。
きっと同じ素材でも違うヒトの演出だったら・・・とも思いました。

チア自体の魅力はありましたよね♪

今回も告知記事、ご鑑賞、レビューと、有難うございました☆
記録の方にリンクさせていただきますね☆

2011-04-11 月 09:33:07 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

こんにちは

わたしもあの3週間のことは惜しいと思いました。もうすこしスポ根的な描写がほしいですよね。
でも、プロの振付師を雇うのって不正なんですか???
練習も大変だろうに、自分たちであんなバイトまでして偉いなぁとか思ってました(笑)

2011-04-11 月 11:43:31 | URL | 宵乃 #- [ 編集]

>miriさん

どもどもです。
テンポは良く、チアの魅力はありましたけど、
やっぱりやっている事がどうしても納得出来ません。
演出描写というより、脚本がダメダメ過ぎなので誰がやっても同じでしょう(笑)

2011-04-13 水 02:22:10 | URL | nor #- [ 編集]

>宵乃さん

どもです。

>プロの振付師
ルールギリギリのグレーゾーン。
「審査委員も見逃すだろう」と言ってましたし、事実、審査委員から忠告も受けてました。
ルール違反ではないかもしれないけど、
でもそれってアンフェア(スポーツマンシップに反する)って事でしょう。
それにプロの振付師を雇う→金で物を言わす→クローヴァーズの努力を踏み躙るって事にも繋がると思います。
バイトの件もそうですね。
プロを雇う為に練習せずにバイトって本末転倒です。
例えばクローヴァーズが大会へ出るためにバイトする描写にした方が良かった気がします。
一方で父親に頼み込んで簡単に小切手とか、色々と間違っているように思えちゃう。

何だか違った意味で食い付き良くてスイマセン(笑)

2011-04-13 水 02:24:19 | URL | nor #- [ 編集]

こんにちは

>クローヴァーズの努力を踏み躙る

これは確かにそうですね~。彼女たちもきっと努力してやっと大会に出られたんですものね。

この作品を観た頃に、ちょうど「炎のランナー」を観ていて、その主人公のひとり、ユダヤ人の青年が、オリンピックで勝つためにプロのコーチを雇うというエピソードがあるんですよ。
それを大学が注意して、「自分がユダヤ人だから文句を言うんだろう!」みたいに噛み付くシーンがあって、結局プロを雇うのって一般的にどうなんだろうなぁと思っていたところでした。
少なくとも高校生のうちは自力で頑張るものなんですね。納得です!

2011-04-13 水 10:32:07 | URL | 宵乃 #- [ 編集]

>宵乃さん

まぁ高校生(未成年)のウチは自力で何とかしましょうよ!って話です(^^)
学園青春ムービーとして観れば、そこまで目くじらを立てるような事じゃないのかもしれませんけど、
でもせっかくなら正攻法で努力・友情・勝利を攻めて欲しかった気がします。

2011-04-14 木 22:54:46 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販