スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)インシテミル 7日間のデス・ゲーム

本日のレンタルBlu-rayはカイジ x バトルロワイアル x ライアーゲーム
インシテミル 7日間のデス・ゲーム」(初見)
2010年 1:47 36~40Mb/s(AVC) 4.1~5.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

「インしてみる?」
うん、するする!w
こんなチョロいデス・ゲーム、1度きりと言わず、2週、3週続けてインしてやんよw
え?じゃぁ映画も2度観したいかって?
んなわけないじゃん!
綾瀬はるかのオッパイと(妄想です)
石原さとみのタラコ唇はしっかり脳内に焼き付けておきましたから、
本編観るのはもう勘弁w

内容は時給11万2,000円に釣られて集まった見知らぬ男女10人が、
奇妙で危険な究極のゲームを繰り広げるスリリングな心理サスペンス
最初に勘違いしていたのが、
観る前までてっきり「es [エス]」とかそっち系かな?と思っていた事。
まぁ冷静になって考えてみれば、邦画であのレベルは到底無理だろと、
自分の浅はかさに悔しさいっぱい。
余談はさておき、インしてみる?だが、
どう見てもカイジxバトルロワイアルxライアーゲームだ。
原作はミステリーサスペンスらしいのだが、そんな素振りはまるで見せず、
突飛な設定と殺人ゲーム、そして豪華俳優人のプロモーション。
ぶっちゃけ、
こんな子供騙しの内容、よく劇場公開出来たもんだ、レベル。
上記の3作品に似ている事からも、
それらの”ノリ”が好きな人なら楽しめるかもしれないが、
間違ってもそれらを上回るような出来ではない。
インシテミル 7日間のデス・ゲーム

中身についてはあまり語れないほど薄い。
謎解きに関しても、仰々しい割りに(舞台セットや武器)安っぽいと言うか、
どこかで見た事のあるようなものばかり。
いや、そもそも動機のみで犯人確定なんてもはやミステリーとは呼べない。
互いに疑心暗鬼になる心理サスペンス要素も不完全で、
キャスト陣のキャラ立ちだけで済ませてしまっている。
どうしようもない事なのだが、
豪華なキャストのお陰で、死ぬ順番や誰が生き残るのか、
はたまた誰がキーパーソンなのか、容易に想像出来てしまう。

そもそも藤原竜也はカイジそのまんまだろw
インシテミル 7日間のデス・ゲーム

画質はあまりよくない。
邦画らしい薄ボケた映像で、精細感や情報量も一昔のそれに近い。
ほぼセット内で完結しているので、映像的にもメリハリが無いだけに、
更に平坦で奥行きを感じ難い。
レートの推移を見る限り、上限近くを常にキープしている事からも、
どう考えても元々の映像がよろしくないのだろう。
特に気になるのが暗部の潰れ。
なまじBDだとその辺りも良く見えてしまうので、
汚らしい暗部が余計に目に付いてしまう。
唯一BDならではの高精細な綾瀬はるかと石原さとみを堪能出来るのは、
映像特典でのインタビュー(5分程度)だけだろうw
インシテミル 7日間のデス・ゲーム

音質はそこそこ。
ライアーゲームのような派手さは無いが、
ややケレン味のあるBGMはそれなりに広がりがあり、
場の盛り上げに一役買っている。
セリフも藤原竜也の口をハッキリ開けず聞き取り難さはあるものの、
セリフそのものは明瞭さ十分。
低音も控えめながら最低限仕事をこなしている。
一部かなり大げさな効果音が突然鳴るので、音量には気をつけたいかも。
サラウンド感はやや物足りない。
ただでさえセットの中での狭苦しいやり取りばかり続くのに、
それを逆手に取ったようなサウンドメイクがなされていない。
閉鎖感やホールの反響音など、イマイチ出し切れず。

男女10人が高額報酬に魅せられ、奇妙なゲームに参加させられる。
設定自体はありふれたもので、ミステリー要素も皆無。
死人が出て、疑心暗鬼なり、
精神的に追い詰められてゆく様子も薄く、テンポも悪い。
謎解きも取って付けた様な安易なもので、
そもそもキャストの顔ぶれを見てしまうと予測の範疇。
ハッキリ言って内容はとてもお粗末過ぎるが、
不思議と憎悪は感じなかったのは、
綾瀬はるかのオッパイと(妄想です)
石原さとみのタラコ唇を同時に1画面内で見る事が出来たからでしょうかw
例えるなら、
”パチもん商品を掴まされたけど、
 明日の笑いのタネに出来るから、「ま、いっか。」”

そんな印象かもしれないw

    



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2011.02.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。