スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

プアルームアコその6:音の反射と拡散

さて、連日プアなルームアコースティックを披露してきました。
今回はその集大成?とも言うべき画期的なルームアコをご紹介。

642.jpg
「いらっしゃいませ~、冷やし中華はじめました~」

おぃ!ココどこだよ!
つか、いつの時期だよ!!
もう風鈴とか似合いそうな部屋ですね!


冗談はせておき、ご覧のようにとんでもない事になってますが、
まず↓この状態から説明しましょうか。
642b.jpg
 ・スピーカー前に訳のワカラン板が置いてある。
 ・四方の壁に棒切れが立てかけてある。
 ・床の至る所に例の磁器が落ちている。
 ・写真では分かり辛いが、スピーカー後ろ奥に黒い何か立ってる。

これくらいでしょうかw

まずスピーカー前に訳のワカラン板について。
スピーカー前の床振動が激しいので、その辺りの対策をと考え、
例の磁器タイルを敷き詰めてみたのですが、やはり高音の反射音が強過ぎてダメでした。
そこで某反射パネルを模した形で木片をその上に並べてみたw
642c.jpg

とりあえず思い付きだったので、固定せず並べてあるだけだけど、
意外と効果があった。
中~低音が跳ねるような?リズミカルな感じに。
また今までどこか所在なげだった低音が、しっかり定位するような感じに。
幾分まだ効果にバラつきがあるけど、
後でしっかりした板にでも貼り付けて固定してみようと思う。
ちなみに木片は不要になったラックとベビーベッドを解体してサルベージしましたwww
どちらも元々既製の物なので、素材としては割りとしっかりしている・・・気がするw
642d.jpg

四方の壁に棒切れについては、まぁ分かる通りベビーベッドの支柱ですね。
壁振動対策にしようか、拡散ポールのようなものにしようか迷っていますが、
とりあえず壁周りに立て掛けて、壁振動吸収+音拡散を狙って。
効果の程は・・・良くワカランw
後でちゃんと何かに使う予定。

床の至る所に例の磁器が落ちているのは気分です。
ある程度の面積に敷き詰めてしまうと反射音が耳に付き過ぎてしまうので、
適当に散らしてるだけ。
同時に床振動も・・・とか思っているけど、これも効果の程はワカラン。
もうぶっちゃけ、この磁器タイルは要らない子。
どうにか役に立てさせようと色々考えてはいるが、どうにもならんw

写真では分かり辛いが、スピーカー後ろ奥に黒い何か立ってるヤツ。
まずコーナーに以前使っていたスピーカースタンドを置いて、
その上に角材を立て掛けているだけ。
この角材はホームセンターに行って買ってきたキチンとした物w
素材はエゾ松。それを綺麗にヤスリをかけ、黒く塗った物。
これも壁の振動防止に使おうと思っているのだが、
未だに覚悟が決められず、とりあえず立て掛けて音の拡散に使っているだけ。
効果はハッキリ言って無いw
気休めも良いトコだろう。
642a.jpg


でもって、今回のメインディッシュ。
最初の写真にある簾(すだれ)と言うか葦簀(よしず)。
これは音の拡散を狙っており、色々なサイトで良く見かける。
どんなものかと、最初はリスニングポジション後方の壁(窓+カーテン)に吊るしてみた。
 (写真はありませんけど)
効果は殆ど感じられず、邪魔なだけでした。
でも勿体無いので今度は全面に持ってきた。
ただスクリーンがあるので上手く吊るせず、
とりあえず壁に這わせて立て掛けてみた・・・。

効果は激変!!
もう笑いが止まらないほどに!


一気に音の情報量が増し、
また今まで聞こえなかった音が本当に聞こえるようになった。
音量もいつもより2~3db上がったかのように感じる。
またソースによってはマジで部屋の壁の向こうにステージが広がって聴こえる。
例えるなら5.1chのプロロジックⅡで聴くよりも音場が断然広い。
もうなんじゃこりゃwww状態。
つか、キモwww

今までクソみたいに時間費やしていたスピーカーセッティングはなんだったのだろうか・・・。
一連のプアルームアコ、一切スピーカー動かしてないままだったのに、
この変わり様ときたら・・・。

簾セッティング。
幾つか留意点が。
まず縦目と横目の違い。
これは比べていませんが(どうしてもフロントは横目で吊るせない)
色々なサイトでの聞き覚えで言えば、
縦目の場合、音の反射効果があるようです。
横目の場合は音の拡散効果。
どちらが良いのは分かりませんが、縦・横試してみても良いかも。
また立て掛けの場合、左右の両辺を僅かに扇状のように内側に角度を付けています。
これは傾けあり・なしでかなり変わります。
傾けた方が奥行きが出て、ステージが後方へと広がってくれる。
角度や位置はその都度、聞き比べて調整しましょう。
(そういった意味でも立掛けの方が便利かも)
他にも某反射パネルを参考にするならば、
高さは180cmが理想らしい。
それ以下では効果が薄くなり、それ以上にしても効果は上がらない。
また立掛け位置は壁に近ければ近いほど、スピーカーとの距離が広がるほど、
ステージの奥行きが広がるらしい
です。
ちなみに拡散も狙って、簾を波状(ヒダ状)に立掛けてみましたが、あまり変化は無かった。

簾の素材は何が良いのか知りません。
そもそもこの時期に売っているのかすら分かりません!

 (去年使った物を流用しただけなので)
また簾自体、僅かに高音を吸音してしまうらしいのですが、
それ以上に反射・拡散作用が強いので気にするほどではない。
もちろん低音には一切効果は無いだろう。
ちなみに簾の前にスクリーンを下げると簾効果が激減してしまう。
ステージの奥行き感もですが、
明らかにスクリーンを下げない方が高音がハッキリ聞こえる。
思った以上にスクリーンが高音成分を吸収している事に気付かされました。
この辺りをどうにかしたいな~。
というか、
ぶっちゃけ部屋全面を簾で囲ってしまおうかっ!なんて事も思ってしまうw
ただこれまた某パネルメーカーからの入り知恵ですが、
フロントは反射(縦置き?)で、後方は拡散(横目?)にした方が、
前方から後方へスムーズな音の流れになるらしい。

とりあえず、簾セッティング、
騙されたと思って一度試しては如何でしょう!
ついでに冷やし中華も用意すると更に良いです。


次回は、まとめ。



テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画

2011.02.09 | Comments(4) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

騙されてみようかな~(笑)

すぐは無理かも、ですけど覚えておきます!
スクリーンは2chには悪影響のようですね。。
僕も先日、とある方のルームでビックリしましたから。

しかし本当に色んなネタをお持ちですね!
参考になりました~!!^^

2011-02-09 水 22:37:01 | URL | take51 #- [ 編集]

>take51さん

簾は手短ですし一度やってみる価値はあると思います。

スクリーンはどうしても素材自体もありますし、多少なりと影響が出てしまうようです。
補強のしようも無いですし、どうしようもないので諦めます。

ネタと言っても、全て受け売りですけどね(笑)
少しでも参考になれればやった甲斐があります。
しかしルームアコでこんなに変わるとは思ってもみませんでしたよ。
下手すりゃスピーカーの買い替えよりも効果あるかも。

2011-02-10 木 21:08:47 | URL | nor #- [ 編集]

norさん、お久しぶりです。
最近なんですが、体に毒のように思えてきました。
というのも、茶栗鼠は実家ぐらしで、家のテレビも小さい代物なので(コンポもない)、なんだかフル装備を観ると精神的なダメージが。

プアルームアコースティックの記事が終わって、安心するやら、ほっとするやら・・・。

変なコメントですいませんでした。

2011-02-10 木 23:48:26 | URL | 流れ行く者 #- [ 編集]

>茶栗鼠さん

ども、お久しぶりです!
体に毒でしたか~、それはスイマセンでした(><)
つい、遣り出したらトコトンやってしまう性質なもので、
今回はちょっと遣り過ぎだったかもしれません(^^;

>フル装備
いえいえ、ウチの環境なんてまだまだですよ。
本格派の人達は沢山いますし、それに比べたら私だって精神的ダメージ食らいますよ?
でも他人は他人と言い聞かせて、
自分で楽しめればそれで良いと思っています。

>プアルームアコースティックの記事が終わって、安心するやら、ほっとするやら・・・。
ゴメっ、次回は多分もっとダメージ与えてしまう可能性が・・・・・

2011-02-11 金 00:07:32 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。