スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

マルチチャンネル:音の繋がり -番外

またまた前回からの続き

色々と試行錯誤しているついでに、思いついた事をそのまま実行に。
コレ、私の信条ですw
手っ取り早くこの画像を見て貰えれば分かり易いかとw
センタースピーカーがアレレ?な状態

センタースピーカーのマッチングがどうのこうの?
ならば逆転の発想?で思い切ってセンターSPにトール型を持ってきちゃえっ!w
何だか勢い任せにこんなこんなことやってしまったけど、
後々になって、
「おれ、なにやってんだろ・・・」

まぁそれはさておきw
こんなアホみたいなセッティングで、果たして音は繋がるのだろうか?
結論はそれなりに。
そもそもトール型だからなのか、それともトゥイーターの高さの問題なのか、
まず今までの様なビシッとしたセッティングが出来なかった。
というか、セッティングがシビア過ぎて挫折(妥協)したってのが正しい表現かも。
当たり前だがセンターSPから独立した音を出すと高い位置に音像定位してしまう。
(スクリーンの中心部あたりに定位するので、むしろこれが本来の高さなのだろう)
左右のSPから出る音はややセンターに引っ張られる感じで(センターも鳴っている状態)
スピーカー丁度1個分上あたりに音場が現れる。
でもってセンター成分の音(定位補助)に関しては、
逆に左右のSPに音が引っ張られ、センターSPのウーファーあたりに音場定位する。
左右に移動するような音はセンターを通過する際、極端に上下にブレる事は無く、
思ったよりもスムーズ。
むしろ気になったのがサラウンドでの繋がりで、
センターに高さが出来た分、音場空間も同様に高さを感じられるようになった。
宇宙戦争のトライポッド出現シーンで、光線?みたいなヤツ。
画面の高い位置から発射され、斜め右・斜め左へと放出され、後方へと流れてゆく。
このシーンでトライポッドの高さをこれほど感じたのは初めて。
他でも銃撃戦など、銃声の発砲・着弾も高さが出たり、
車やバイクが画面内を斜めに横切るシーンで、これまた斜め方向へ移動音が表現されたり。
何だか今までの音場と全然違くて面白かったw
そう、面白かっただけ。
実際には今までのような奥行き感は乏しく(セッティングが出来ていないだけかも?)
スクリーンに音像がベッタリと張り付いているような感覚。
面白いけど、サラウンドとしてはダメダメだろうw

音色のマッチングもそれなり。
正直、違和感は感じなかった(糞耳なだけかもしれない)
間違いなくブラインドテストされたら違いはワカランw
当たり前だけど、前回のIMAGE11/KAIがセンターだった時と比べると、
全体的な音の鳴り方は違ってくる。
が、どちらが良いとか、そういう判断はつき難い。
音の繋がりというか、音場空間的な事を言えば当然、前回の方が良い。


でもって、ついでだからこんなんも試してみましたw
highlandセンターバージョン
フロントをIMAGE11/KAIにして、highlandをセンターに。
前回の逆パターンです。
これだとほぼトゥイーターの高さが揃い、見栄えもGood?
音の繋がりもスムーズですが、音像が低過ぎてダメかも。
スクリーンの下方に定位してしまうので、映像との違和感が。
その代わりと言っては何だけど、左右への広がりは一番かもしれない。
多分IMAGE11/KAIがフロントだからなのだろうけど、
面白いほど音場が左右へ広がってくれる。
奥行きも左右から回り込むように広がるので、
何だか映画館で見ているような気分に(せっまい映画館ですけどw)
センターの定位感はIMAGE11/KAIほどビシっとしていませんが、
これはこれでアリかもしれない。
これまた映画館のように、スクリーン裏から聞こえてくるような感覚に近い。

あと興味があったのは、センターの低音出力は必要か?という問題。
IMAGE11/KAIだと殆ど低音が出ないので、
例えばセリフ周りの音の厚みだとか、効果音の迫力だとか。
その辺りが不足しているのでは?と不安に思ってました。
(今まで不足感や不満は感じた事ないですけど)
結果は殆どの場合は問題ないレベル。
何度も言うようですが、highlandはかなり低音が出るスピーカー。
量感だけでいえばトールのIMAGE44よりもずっとある。
逆にIMAGE11/KAIはスカスカだ。
highlandをセンターに持ってきても、セリフ周りの厚みは殆ど変わらず、
効果音もごく一部を除いて、殆ど差は感じられない。
そのごく一部もある程度、SWでカバーすれば何とかなりそうな気もする。
むしろフロントの低音が出なくなった方が問題だ。
いくらSWで低域をカバーしていると言っても、流石にこれでは迫力40%減(当社比w)
音自体は切れ過ぎる程にシャープで、広がりも申し分ない(低過ぎるけど)
だけど音圧と言うか、パンチのある音が全く出ず、音響に圧倒される事はない。
何と言うか、狭い部屋なりのめいっぱいの音響なんだけど、
望んでいるのは部屋のキャパをオーバーするくらいの音響。

あまり大音量が出せないような環境なら、
それこそIMAGE11/KAIを5本揃えて、
そこへSWを追加すれば気持ちの良いサラウンド空間を構築出来ると思う。
ただ個人的にはせっかくのホームシアター。
近所迷惑ギリギリで、音圧の波に飲み込まれたい。
そう思えるような、大音量でも余裕で鳴っている音響。
あくまで理想ですが・・・。


さて、何だか色々やっているうちに、
結局何がやりたかったのか、何を試したかったのか良くワカラン状態にw
まとめもクソも無いですが、
個人的に一連の組み合わせで一番良かったのは、
やはり前回の状態。↓コレ
IMAGE11/KAIセンターバージョン
理由は二つ。
まずスピーカー間での高さがある程度合っているので、音像的な繋がりが良い。
次にセンターの抜けの良さやセリフ等の明瞭さは他と比較にならない程に良い。
ただ空間的にやや狭苦しさを感じた。

次に挙げるとしたら最後に試したフロント:IMAGE11/KAI、highland:センター
音場的に無理が無く、かなり自然さを感じた。
こちらは空間的には広いのだが、音像の定位が低いのが気になる。
高さ的に上記と大差ないハズなのだが。

一番ダメダメなのはやっぱりw今回最初に紹介したトール型センターバージョン。
上下方向への音場の広がりはあるものの、立体感は乏しく平面的。
ただこれ考えると、いま流行?のフロントハイとかアリなのかな?とか思える。

最後に。
当然の事ながら、今までの状態がやっぱり一番落ち着くwww
これがいつもの状態
スクリーンに丁度合った音場定位だし、空間の広さや包囲感も心地よい。
改めて元に戻して実感する。
無理にスピーカー買い換える必要もないのかな~?
大きな不満も無いし、現状維持で十分かも?
いや、チマチマアクセサリー類を試すよりも、
全体的なグレードアップを・・・(以下ループ)


で、結局なんだったんだっけ?



テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画

2011.01.26 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。