スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

マルチチャンネル:音の繋がり

スピーカーの買い替えにあたり、色々と考える事が多く、
なかなか映画を観る時間がありません。
とは言っても、まだどのスピーカーを買うのか迷っている状態ですが、
とりあえず今出来る事を一つ一つ試してみようと思ってます。

さて、今回はマルチチャンネルにおけるスピーカー間の音の繋がり。
もしスピーカーを買い換える事になったら、
というか、フロントスピーカーのみ買い換えるつもりなのですが、
例えばB&WのCM9(もしくはCM8)のように、
あれほど個性的な音を出すスピーカーなら、
他のスピーカー(audio pro)との音色の違いが生じるのではなかろうか?
なんて疑問に駆り立てられました。
他のサラウンドスピーカーもCM1に統一したほうが良いのでは?
ならば1グレード下げたモデルでサラウンドトータルで揃えるべきか・・・。
バランスを重視するのか、
多少バランスが悪くとも圧倒されるフロントの音を選ぶのか。

まぁ迷い出したらキリが無いワケでw

そこで友人に無理言ってスピーカーを借りてきました。
Highland audio ORAN 4301
Highland audio ORAN 4301
うちのaudio proと正反対の性格で、高域よりも中低域の表現力が魅力。
audio proは開放的で明るく爽快な鳴り方をするが、
highland audioはやや閉鎖的でアンニュイな雰囲気を持っている。
中低域の厚みや量感もブックシェルフ型としては驚くほどで、
トール型のIMAGE44よりも実は量感を感じるほど。
そんなaudio proとは正反対の音をフロントに使ってみて、
他のスピーカーとのバランスや音の繋がりに違和感を感じるのか?
それを試してみました。
ちなみに他の相違点は以下の通り
audio pro ソフトドーム・密閉式
highland audio チタンドーム・バスレフ方式


今まで使っていたIMAGE44を壁際に追い遣り、
丸一日かけてセッティング。
ただどうやら部屋の環境(定在波・反射)からくる問題で、苦労させられました。
(ゆくゆくはこの辺りも解決させないとなぁ・・・)
また以前セッティングしたセンターSPも、今回に合わせて再度調整。
ちなみに今までのセッティングはテープで床にマーキングをしておいたので、
次回、元に戻すときに楽になります。
(スピーカー足元周りの黄色い線みたいなのがそれです。お見苦しいですがw)
Highland audio ORAN 4301
僅かにスクリーンに被ってしまったのはご愛嬌っす(>_< ゞ-☆

さて、
とりあえず5.1ch収録されたソフトを取っ替え引っ替え再生したワケですが、
結論から言えば「音の繋がり・違和感に一切問題ナッシング」
HiViCastのヘリコプターや飛行機が左から右へ、右から左へと移動する音も違和感無く、
スムーズな音の繋がり。
DolbyDigitalやTHXのトレイラーを再生させても、スピーカーによる音色の変化は一切感じられない。
 

他にも移動音が多そうな映画はもちろん、
5.1ch収録されたライブ音楽物も再生させてみたが、
これと言った違和感は感じられなかった。
もちろんスピーカーを変えた事により、
音場や空間の広がりなど音自体は変わったが、
それで統一感や音の繋がりが失われる事は一切ない。
なるほど。
これは興味深い結果だった。
多少なりと違和感があるかと思ったのだが、全然そんな事はなかった。
特にフロントとセンター間の繋がりは指摘されても気付かないくらい自然だった。
このセンタースピーカーで使っているIMAGE11/KAIは、
逸品館で
”100万円クラスのフロントスピーカーと組み合わせて
 センターにお使い頂いても全く問題がない”
と言っていたが、あながち間違いではないのかもしれないと思わされた。

以上、
今回の結論は、フロントスピーカーのみ別のスピーカーに買い換えても問題なし。
もちろん完璧とはいかないとは思う。
同一のメーカー、シリーズ物で揃えた方が、より統一感は増すのは間違いないだろう。
ただスピーカーが違っていても、懸念するほどの事ではない。

この辺りはセッティングや鳴らすアンプでどうとでもなる気がする。
ひとまずこれでフロントスピーカー選びに専念出来るw

次回、highland audioを借りて気付いた事を予定してます。



テーマ:ホームシアター&AV機器 - ジャンル:映画

2011.01.19 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

これは意外な結果ですね。。
リアのスピーカーに影響を感じられないのは、
ある程度理解ができますがセンターでないのは「え!?」です。
逸品館のスピーカーがよっぽど素晴らしいんでしょうね・・

それでも100万円のスピーカーにもタイプが色々あるだろうし、
どうしても理解ができないです。

ま、理解できなくても事象を受け入れる
しかないんですよね(笑)

勉強になりました!!

2011-01-20 木 19:12:00 | URL | take51 #- [ 編集]

>take51さん

IMAGE11/KAIはちょっと褒め過ぎですね(笑)
後で読み返してみて恥ずかしくなって来ました(><”)

今までファントムモードだったtakeさんなら多分良く分かると思うのですが、
センターSPの役割を考えれば、ある程度納得出来るのではないでしょうか。
この辺りは後日追記したいと思ってますが、
音色そのものよりも定位の方が敏感なんですよね。
なのでセッティングさえキチンとしてしまえば自然に聞こえてしまうんですよ。
映画などの移動音も、まず最初に音像を捉え、それから何の音かを認識するワケです。
絶えず移動し、他の音が鳴り続ける映画のような場合、
音色の変化を感じる事が少ないのではないかと考えています。
逆にライブ音楽系は常に同じ場所で定位しているので、割りとシビアかもしれません。
センターの役割が完全に定位補助だけなら違和感は感じないのですが、
ボーカルや他の楽器・環境音(拍手など)が混じっていると、
フロントとセンターに結構な違和感を感じるかも。
あとは疑似サラウンドさせた場合もこれに近い感覚です。

って、この内容の事をブログで書くつもりだったのに・・・(爆)

2011-01-20 木 22:00:01 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。