FC2ブログ

(BD)インセプション

本日のBlu-rayは「夢の中へ~、夢の中へ~、行ってみたいと思いませんか~?」
インセプション」(初見)
2010年 2:28 25~35Mb/s(VC-1) 4.1~5.5Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

「ダークナイト」の気鋭の映像作家、
クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、
想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント超大作。
長尺でありながら、1度の視聴では作品の全貌を掴みきれず、
2度、3度と観て初めて真意を理解出来るのではなかろうか。
計算され尽くした脚本・編集・演出なのだろうけど、
普通に観てしまうとあまりに不親切設計で分かり難い。
難解というよりは、理解している(つもり)事すら、
本当にそれが理解出来ているのか正確な判断に困る。
パラドックスな内容とでも呼べばよいのだろうか。

内容は他人の夢に侵入し、アイデアを盗み出す企業スパイチームが、
盗むよりも難解な「インセプション」なるミッションを依頼される。
他人の夢の世界へ侵入すると言っても、これまた難解。
まず夢自体が多段構造になっており、
「夢の中のまた夢の中」なんて日常茶飯事。
また夢と言っても共有された夢なので、夢の世界が一方向だけに向いていない。
それらの「ルール」が根本的に理解出来ていないと混乱は必至。
とにかくワンシーンどころか、
登場人物の一語一句聞き漏らさず集中して観ないと取り残される可能性大だ。
自信の無い人は(私も含めて)2度観を前提にした視聴を考えるべきだろう。
または>>こちらで予習をしておくのも手かもしれない。
インセプション

また難解な設定に気を取られすぎて、
本筋を見失い勝ちになるのも注意が必要かも。
というのも「夢の中のまた夢の中」なんて聞くと、
どうも裏を考えすぎてしまう(どんでん返し的な要素)
分かり難い構造の上に、余計な勘ぐりまで巡らせるとかなり困惑してしまう。
なのであまり深く考え過ぎない事も大切かもしれないw

その他、魅せ場など流石に金がかかってるw
想像世界をそのまま具現化したような映像は、
まさに夢を見ている時のような浮遊感に襲われる。
またアクションシーンも思考を凝らしており、
平衡感覚を奪われたかのような無重力状態でのアクションは見応え十分。
とにかくめまぐるしい展開が終始続くので、
少々息が詰まるかもしれない。

ただどうしてもややこしいルールのせいで、
それがどれだけ困難で危険な事なのか伝わり難かったり、
夢の中ということで、どうしても生死に関わるスリル感が薄いのも事実。
インセプション

画質は良好。
聳え立つビル群や飛び散る破片など、
さすがに高精細な映像を見せてくれる。
ただ一部のシーンで若干甘くなったり、
暗部も僅かに潰れ気味の傾向になっていたりと、
全体を通してややバラつきがあり、手放しに高画質とは呼べないのが残念。
発色は割りと自然で透明感が高く、
コントラスト感もあり、メリハリや奥行きを感じ易い。
ただどうしても、所々で野暮ったさがついてまわり、
もう少し頑張れたのでは・・・?と思わずにはいられないかも。
インセプション

音質も良好。
中~低音域に重心があり、SWの活躍は頻繁。
ただ迫力の割りにレンジ幅が狭く感じ、
特に高音の伸びがイマイチ物足りない。
またDTS-HDの割りに音圧レベルもやや低めで、
いつも以上にボリュームを上げてやらないと音が出てこない。
ここ最近はドンシャリ傾向のソフトばかり聞き慣れてしまったせいか、
どうしてもマイルドに聞こえてしまう・・・。
サラウンド感は上々。
ひとたびスペクタクルシーンに入ると、
鳴り響く重低音と共にサラウンドも一気に活性化され、
取り巻くような包囲感が楽しめる。
全体的な印象としては、どうもTrueHDのような音響臭いかもw

現実と非現実の境界が曖昧で交錯する世界。
その構図は難解で、ルールひとつ見落とす事は出来ない。
また平行して多段階層の話が目まぐるしく展開し、
アクションやスペクタクルシーンも豊富に用意されているが、
裏を返せば一息付く事すらままならないだろう。
全てにおいて計算され尽された内容だが、
それをたった1度で理解するのは困難。
またこれだけの内容が詰まっていながら、
爽快感やカタルシスは極めて薄く、
何だか凄いもの見せられた気分だが、感情に響く事は殆ど無い。
結局はノーラン監督の頭の中であって、
それを他人が共有するのは一筋縄でいくまい。
2度観、3度観を通してようやく真意が理解出来るのかもしれない。
あとは2時間28分という長尺に耐えられるかどうか。
例えるなら、
”オーシャンズ11とマトリックスを足して2で割って、
 シャッターアイランドを振りかけたような内容”

そんな印象かもしれないw
ちなみにちまたでは“驚愕の秘密”なんてのも話題になっていました。

    



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.12.11 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画 あ

コメント

こちらもお邪魔します

さっき書いたtopのこと、もう一度みなおしたら直ってました。うちのPCの調子が悪かったのかな?

この作品はこの間のTV吹替え版を観ました。微妙な吹替えでがっかりしたけど、だんだんと作品世界に飲み込まれて楽しめましたよ。
確かに状況が複雑で付いていくのが大変だし、感動とかはあまりなかったですね~。わたしは観てる間より、観終わってあれこれ考え出してからが本番だったと思ってます(笑)
でも、ホテルのアーサーのカッコよさには痺れました!

2012-06-15 金 13:11:41 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

>宵乃 さん

ブログDEロードショーのお誘い、いつもありがとうございます。
残念ですが、モノクロ作品は見送らせて下さい。
今回は告知だけさせてもらいますね。

>スタイルシート
特にこれといって弄った記憶は無いのですが、どうなんでしょう。
たまにFC2自体のサーバがおかしくなる事があるので、そのせいなのかな?
とりあえず正常になったようで一安心です(^^;

>インセプション
私もチョットだけ観てましたけど、だいぶTV用に分かり易い言葉選びした翻訳になっていた気がします。
親切にも?夢の階層表示までされていましたね。
普通に見たら、ただでさえ小難しい設定のうえに字幕を追う作業もあったりで、
初見では何だか良く分からないうちに終わってしまった感じでした。
この凝った設定や独特の世界観をあれこれ考察するのが楽しいんでしょうね。

2012-06-16 土 16:00:45 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/610-9a6e8838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「インセプション」観た

製作:アメリカ’2010 原題:INCEPTION 監督:クリストファー・ノーラン ジャンル:★SF/サスペンス/アクション他人の夢に潜入してアイデアを盗み出す企業スパイが活躍する時...

2012.06.15 | 忘却エンドロール

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販