SPケーブル導入記:2

前回に引き続きスピーカーケーブルの交換による音質の変化をちょろちょろとw
本当は高性能マイクでもあればそれぞれ録音して差をじっくり検証出来そうなのですが、
如何せんそんな物は持っているはずもなく・・・。
ケータイやデジカメの簡易録音機能を使ってみましたが、差を比べる云々以前の問題でした。
なので残念ですがソースはありません。
全て私自身による主観の感想になりますw

さて、今回は6N14GとHCR-ACR/EVO/EZ、
それぞれにAET最高級ケーブルSIN-ACを継ぎ足しをした結果です。
ようは6N14G、HCR-ACF/EVO、6N14G+SIN-AC、HCR-ACF/EVO+SIN-AC、
計4種類のケーブルによるスクランブルてすとですw

が、まずSIN-ACのケーブルの加工について。
いやぁ~、これがまた図太いんですわ。ハンパなく。
加工するのにとにかく骨が折れた。
sp1 sp2
赤いケーブル:6N14G  白いケーブル:SIN-AC

で、これを剥き剥きしていくワケです。
sp3
まず外周を覆うゴムを取る。
その下にまた薄~いゴムの膜みたいなのが現れました。

sp4
薄いゴム膜を剥いでみると今度は銀紙状の素材が。
もちろんただの銀紙であるわけも無く。一種のシールド材みたいなもんでしょうか。

sp5
銀紙のようなものを剥いでみると、また似たようなアルミ箔っぽいのがw
こっちのはホント薄くてアルミ箔っぽい。もちろん違うけどw

sp7 sp8
で、ようやく中のケーブルが見えました。
赤と白が本導線。シルバーのヤツがアース線らしいです。
で、もう一本(計3本あるけど)透明のが芯材(非導線)です。
ここまでバラすのに費やした時間、約15分。
それを両側、左右2本。単純計算で1時間w
大変でした。
sp9 ビオランテ

さて肝心の音質の差ですが、どちらのケーブルにしろSIN-ACを継ぎ足す事による音質変化は凄く、
大げさに言うと、スピーカー自体のグレードを一つも二つも上にしたような変化でした。
ありふれた言葉かもしれないが、一つ一つの音が溢れ出てくるイメージ。
空気感と言うか音の実体が現実味を帯びるような。
圧倒的な存在感のある音になりました。
これはもうケーブルを変えて音が出た瞬間に気付きます。
第一声が「うわっ、うわぁ~」でしたからw
この差は6N14GとHCR-ACFの差よりも大きかったです。
ただ6N14G+SIN-ACとHCR-ACF+SIN-ACの差は思ったよりも小さく、
6N14GとHCR-ACFの差よりもずっと小さいものでした。
要は
6N14GとHCR-ACFの差>>>6N14G+SIN-ACとHCR-ACF+SIN-ACの差
SIN-AC継ぎ足しと継ぎ足し無しの差>>>6N14GとHCR-ACFの差
こんなカンジ。
で、継ぎ足し後のそれぞれの違いですが、
元々の6N14GとHCR-ACFの個性(キャラクター)の違いがよりハッキリと出ます。
6N14Gは煌びやかで明るい音。
HCR-ACFは緩やかだが温かみや押し出し感の強い音。
この違いがハッキリ出た上で音が溢れ出てくるイメージで空気感が生まれる。
ややHCR-ACFとSIN-AC継ぎ足し(どちらも)が近い音質でした。
そして改めで実感。6N14Gの唯一無二の個性。
繊細で音の広がり、回り込みが素晴らしい。
正直、この点に関してはSIN-ACを継ぎ足すよりも単体の方が優れてます。
ただし実在感はかなり薄れますが。
なかなか悩ましい結果になりました。
手元のスイッチ一つでそれぞれ切り替えられるなら良いのですが、
そういうワケにもいかず、わざわざスピーカーまで移動し継ぎ変えるワケですから。
もう何度も繰り返している作業ですが、
正直、すっげー面倒。
音楽・オーディオが最も大事にしている趣味なので、
妥協したくないし、煩わしい作業でも根気良くこなしてますが。
何度心が折れそうになった事か・・・w
体力的にも疲れるし、常に集中して聞いている訳だから精神的にも疲れてきます。
それで音質の違いが分からなかったり(分かり難かったり)した時には、、、
心理的にもガタガタになりそうでした。


つーか、随分まとまりの無い文章+日記的な内容になってしまったなw
あまり本分(ホームシアター・映画)とは関係ない話だし。
まぁこれで映画を観る際の音が良くなってくれれば御の字だけど。。。
そもそも5.1chなのに(一応6.1chだけど)フロント2chだけケーブルグレードアップさせても、、、
どうなんだろ、音の繋がりとか違いが出てくるんかな。
音色の差とか感じたりしないんかな。
う~む、せめてセンターSPのケーブルも変えるべきだったか。。。
検証したくとも、映画の5.1chは音数が多くて難しそう。

     



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2008.11.17 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販