スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)レポゼッション・メン

本日のレンタルBlu-rayは一言でカオスwww
レポゼッション・メン」(初見)
2010年 1:51 28~32Mb/s(AVC) 3.8~5.1Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

内容は人工臓器の高額ローンの返済が滞ると、強制的に回収(レポ)される話。
そう、文字通り内臓を手掴みで回収されるのだ。
「借りたものは返せ」と・・・。
いやいやいやいや、全然シャレになってませんから!w
多分間違いなくサブプライム・ローン問題を比喩したテーマなんだろうけど、
ローンを三ヶ月滞納で強制回収って発想が、
資本主義の冷たい現実を思わせゾッとするよ・・・。
風刺と言うより、完全なブラック・ユーモアです。
回収人が切り裂いた腹部に手を入れて内臓を取り出すシーンなど、
グロシーンも結構ねちっこく見せてくれたりと、
どんより不快感が募ってゆく・・・。
レポゼッション・メン

舞台は「ブレードランナー」を彷彿とさせそうな近未来SFなのだが、
近未来的な描写はかなり少なく、骨格だけで細部は端折り過ぎと言うか。
また回収屋から必死に逃げ回るアクションシーンなど、
見所は多いのだが、割りと地味。
っというより、この監督が”アクションに慣れていない”感が否めない。
オールドボーイ」あたりを髣髴とさせるシーンもあるが、
どこかたどたどしく、まとまりの無さを感じてしまう。

つか、久しぶりに酷い”夢オチ”(←超ネタバレ文字反転)を見た気がするw
終盤にかけて妙な違和感を感じてはいたが、まぁ最後まで観れば納得だったのかと。
(手法としてはズルイけどw)
レポゼッション・メン

画質は微妙。
解像度感は高いものの、
質感がヌメっとしており「サロゲート」に近い(そこまで酷くないけど)
発色は色濃く、色温度も高めでガッツリ鮮やか。
コントラスト感も高く、暗部の情報量も豊富で見通しが良い。
高画質の部類に十分入りそうなのだが、
やはり質感がキモくてダメかも。
レポゼッション・メン

音質は良好。
あまり派手なシーンは無いものの、低音は意外としっかり入っており、
引き締まった良質な低音が楽しめる。
高音も非常に伸びやかで透明感溢れ、
中音域も密度感があり、セリフの明瞭さも問題ない。
全体的に音数がある割りにスッキリとした印象で、
空間の使い方、特にBGMの鳴らし方が巧いと感じさせてくれる。
サラウンド感も同様。
移動音や効果音のみでなく、
環境音やBGMといった音も常にサラウンドされており、
後方定位する音数も豊富で楽しめる。

臓器移植・ローン滞納問題と重々しく入り、
たどたどしいアクション、ちょい近未来設定、
人体切り刻みで内臓わし掴み。
で、ラストの”夢オチ”(←ネタバレ文字反転)と、
一言でカオスwww
テーマや内容はしっかりあるくせに、
まとまりがなく、とりとめのない印象。
ブラック・ユーモア、グロさも少々きつめで、自己満足感たっぷり。
人によっては不満どころか、後味も悪く不愉快を感じるだろう。
・・・だけどパワフルでインパクトの強い作品。
例えるなら、
”青臭く、苦くて、えぐみもある青汁。
 「ん~、不味い。もう一杯!」
 でも青汁飲んだ事ないけど(笑)”

そんな印象かもしれないw

    



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.11.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ら

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。