スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(HV)ソウ6

今日のWOWOWはシリーズ4、5、6の完結編?
ソウ6」(初見)
2009年 1:35 HV・AAC 5.1ch(WOWOW)

回を重ねる事に、前作の壮大なネタバレを次々にしてしまうジレンマ。
ソウシリーズ未見の人にとっては、
新作の予告CMはおろか、DVDのジャケットや宣伝ポスターですらネタバレを食らってしまうw
裏を返せば、シリーズを全て観たファンのみが次回作を観る事が出来るということ。
それ以外の途中参加は一切認めない。

内容は何と言えばよいのかワカランw
っというより、少しでも内容に触れてしまう=それ以前のネタバレが前提だからだw
まぁ前作5を観た人なら分かる通り、アノ続きの話だ。
5で残して置いた謎をせっせと回収しつつ、
過去のシリーズ(3あたり)の裏話を今更語り出す。
そして最後は決まって新たな謎を残して終了。
相変わらず人物相関図を用意されていないと分かり難く、
事前に復習をしておく事をお勧めする。
4,5,6の三部作?の完結編という事で、
いままでの伏線は一通り回収しているが、完結はしていないw
ソウ6

もはや3以降は手段が目的と化しており、
残虐ゲームの趣旨や意味は全く無くなってしまっており、
誰にも感情移入出来ないのが残念である。
論理的整合性を徹底し、緻密に絡み合うストーリーもワンパターン化。
大胆な伏線やどんでん返しも不振続きで、絞りカスすら出てこない。

残るは残虐ゲームだが、
冒頭から悪趣味で痛々しいシーンから幕を開ける。
良くもまぁ凝りに凝った装置を毎回作り出すなぁと感心w
中盤以降も次々と困難を強いるゲームが続きますが、
目を背けたくなるのはこの冒頭ゲームだけかもしれない。
(ラストも一瞬グロかったけど)
ただやはり究極の選択を迫るゲームだが、
動機の部分に納得させるだけの理由はなく、
一方的に殺し合いをさせているだけにしか見えず、
例え死んでも生き延びても、何も感じない。
もっと言ってしまえば、誰が裏で糸を引いていようと、
どーだっていい!w
ソウ6

画質は良好だが、やや甘。
グレインの粒状感のあるものが控えめに処理されており、
ザラつきは無くしっとりとした印象。
解像度感は十分に感じさせてくれるが、
やや細部の甘さが気になる。特に暗いシーンで顕著。
全体的に青緑が強い色合いで不気味さを際立たせており、
ソウシリーズ独特の風合い。
ソウ6

音質はいま一歩。
低音、高音ともに伸びが足らず、
中音域を押し上げたかまぼこ型のバランス。
篭り感は少ないが音場は狭く、広がり不足。
またグロシーンの効果音なども、
繊細さに欠け、グチョとかネチョっといった細かい音は映像ほど耳に入ってこない。
サラウンド感はそれなり。
ゲームを盛り上げる演出など、
効果的にサラウンドを活用しており、
ぐるぐる回る音響は面白い。
臨場感と言うより、完全に演出としての印象が強く、
観ていて息苦しさや不安感が募る事は少なく、
むしろテンションが上がってゆくような音響作りだろうか。

完全に素人さん、一見さんお断り仕様で、
既にファンすら惰性で見続けているだろうソウシリーズw
今回も相変わらず重箱の隅っこに穴が開くほど突っついて、
それでも飽き足らず、
次回作へお持ち帰りしてしまうほど勿体無い好き。
残虐ゲームは凝りまくっているし、
グロ・痛いシーンもいつも通りだ。
コレといった新展開は一切無く、
もう観なくていいかなと思いつつも、
気になって次回作も観てしまう・・・。

    
                    ↑過去シリーズ未見の人はネタバレご注意下さい。



テーマ:ホラー - ジャンル:映画

2010.11.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。