スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

呪怨 黒い少女

今日のレンタルDVDは
呪怨 黒い少女」(初見)
2009年 1:00 6.55Mb/s 384kbps(4.0ch)

呪怨 白い老女に引き続き、呪怨シリーズ最新作。
それぞれ繋がりは無く、どちらが先かという事も無い。
好きな順番で見ればよいし、どちらか一方だけ見ても問題ない。

内容はある少女を中心に巻き起こる恐怖体験。
こちらも白い老女同様に、
ショートエピソードの集まりで一つの物語になるというもの。
相変わらず時間軸バラバラで、コロコロ場面が変わる不親切設計。
こちらも毎回オチが用意されているが、白い老女より弱いかも。
その分お笑いコント風合いが薄れており、静かに観る事が出来るw

どちらかと言えば、こちらの方が従来の呪怨シリーズに近く、
世にも奇妙な物語っぽかった白い老女に比べ、
黒い少女の方は「本当にあった怖い話」風かも。
ただどちらも低予算のビデオ作品風なので、
本格的な劇場作品とは明らかに空気や質が異なる。
呪怨 黒い少女

恐怖描写はオチが弱い事もあり、
こちらの方が心拍数は上がらないだろう。
下手したら友人・家族と雑談しながら見ても印象に大差ないかもしれない。
またこちらのメインキャストは加護亜依。
南明奈同様、あまりパッとしない役所で残念。

画質は白ボケ・黒浮きが目立つ、いつもの邦画画質。
そもそも予算の関係なのか、
安っぽいビデオ撮影された画なのでどうしようもない。
加えてこちらは暗いシーンが多く、
その殆どが黒潰れを起こしてしまっており、
何が映っているのか良く見えない。
もしかしたら意図的な物なのかも知れないが、
暗がりに何かいそう・・・と思わせる黒ではなく、
単に何も映っていない黒なので、そこからくる怖さもないだろう。
呪怨 黒い少女

音質も不満。
何故かC、FrL、FrR、SRの4.0chという中途半端なサラウンド。
LFE信号は無く、リアサラウンドもセパレートしていない。
一応センターがあるので、セリフなどはしっかり聞こえるも、
やはり白い老女同様に全体的に音場が狭く、音も閉鎖的。
サラウンド感は微妙。
こちらも一応リアスピーカーから音は鳴るものの、
定位感は曖昧で雰囲気程度。
気のせいかもしれないが、こちらの方がサラウンド感は薄い気がしたが、
良く憶えていないw

呪怨シリーズ最新作。
とは言っても伽椰子は登場せず、
スピンオフ的な位置付けか。
10年経って原点回帰したのだろうか、
ビデオ作品の風合いで、どこもかしこもチープさ漂う。
呪怨好きなら良いのかも知れないが、
それ以外の人にとっては中途半端な恐怖しかないだろう。
例えるなら、
”古いレンタル屋の一角に並べる
 本当にあった怖い話のようなビデオドラマ”

そんな印象かもしれないw

    
>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:ホラー - ジャンル:映画

2010.11.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。