(BD)アマデウス ディレクターズ・カット

本日のレンタルBlu-rayは
アマデウス ディレクターズ・カット」(初見)
2002(1984)年 3:00 11~18Mb/s(VC-1) 2.1~2.5Mbps(TrueHD)

今月も「ブログ DE ロードショー」にお誘い頂きました。
今回も?3時間越えの長丁場。
映画を観るだけでお腹いっぱい。感想は1日遅れになっちゃいました。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
クラシック音楽なんて殆ど聴いた事ないので、
モーツァルト=オーケストラ交響曲なんて安易な考えしか持っていなかったが、
これ、殆どオペラじゃねーかwww
オペラはサッパリ分からんw

あらすじは人生の全てを捧げた音楽家サリエリが、
天才モーツァルトに出会い、その才能に嫉妬と憎しみを抱く反面、
モーツァルトの才能を愛したが故に苦悩する悲劇の物語。
神の旋律を奏でるモーツァルトが眩しく見えれば見えるほど、
自分の影が色濃くなってゆくサリエリの人生の矛盾。
単純な天才と凡庸の構図だけに収まらず、
存在を許せぬも互いが一番の理解者である皮肉。
その対比がどこか痛々しく、どうしようもなく残酷に描かれている。
アマデウス ディレクターズ・カット

3時間とやや冗長で展開も割りと静かなので、
どうしても時間の長さを感じてしまう。
後半はオペラ主体のシーンが多く、
苦手な人には眠気を誘うかも・・・
それでも劇中に流れる音楽は聴き応えがあり、
普段クラシックを聴かない人でも十分その魅力が伝わってくる。
内容も天才と凡庸の人生模様を通した葛藤が深く描かれており、
時代を超えた共感や理解を得られる、ある意味普遍的なテーマになっている。
”才能”というこのどうしようもない産物が、
モーツァルトとサリエリの二人の人生を大きく交差させてゆく運命は、
何とも悲痛で残酷なのだろうか。
またこの映画を通して、偉大な作曲家モーツァルトと、
存在すら知らなかったサリエリを深く知る事が出来る。
アマデウス ディレクターズ・カット

画質は良好。
とても80年代の映像とは思えぬ綺麗さ。
フィルムグレインはかなり除去され、スッキリと見通しの良い映像。
暗がりなどで時折ノイジーになるも大きな不満は感じない。
ワーナー画質に有り勝ちな情報をスポイルすることは無く、
装飾品などが浮き彫りになるくらい精細感ある素晴らしい画質。
発色も鮮明で一切くすんだ感じはなく色鮮やか。
それでいて陰影が濃く、フィルムらしさも感じさせる。
もちろん最新作の映像と比べるまでもないが、
25年前の作品と考えれば十分高画質だと言えるだろう。
アマデウス ディレクターズ・カット

音質も良好。
低音は薄く、SWは殆ど動かないのは致し方ないのだろう。
高音は割りとクリアで篭り感は一切感じない。
中音域も少し薄く、全体的に音が軽い印象は拭えない。
スカキンとまではいかないまでも、やや上擦ったバランス配置になっており、
もう少しどっしりとした音像の方が良かったかも。
それでも軽やかに響く音楽の数々は聴き応え十分。
サラウンド感は薄い。
基本的にフロント3ch主体なので、リアスピーカーは補助的な役割に留まっている。
どうしても音場が狭くなり勝ちなので、
もう少しリアにも音を振って欲しかったかも。
まぁ元々はステレオ収録だっただろうから、
それを考えればそこそこ広がりは得られていると思う。

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.10.04 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

こんばんは☆

今回も鑑賞とレビューを有難うございます☆

>天才と凡庸の人生模様を通した葛藤が深く描かれており、
時代を超えた共感や理解を得られる、ある意味普遍的なテーマになっている。

そうですね~今も昔もこういう事はあるのでしょうね・・・
この人たちほどではなくても、誰にでも多少は心当たりがあるような気がします。

音質画質も、80年代と考えれば、norさんの鑑賞にも耐えて良かったようですし、嬉しいです♪

では、この記事も記録にリンクさせてもらいますネ。
皆さんの記事も、もし良かったらご訪問くださいね。

また次回もお誘いに参りますので、宜しくお願いします。

2010-10-04 月 22:34:47 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

こんにちは

わたしもクラシックやオペラはまったくわからないんですが、この作品では聞き惚れてしまいました。サリエリとモーツァルトの運命を、まるでオペラのように盛り上げてくれましたよね。

この作品に出会わなければ、モーツァルトのイメージは教科書通りのままだったし、サリエリについては知らぬままだったと思います。

3時間じっくり堪能しました。

2010-10-05 火 14:36:58 | URL | 宵乃 #vaMGwv5Q [ 編集]

>miriさん
ども、こんばんわ。
サリエリもそうですが、モーツァルトも幸福じゃなかったという点が何とも言えない気持ちにさせてくれますね。
ビリヤード台で玉を転がしながら黙々と作曲をするシーンが凄く印象的でした。
正直、この手の作品は殆ど食わず嫌いでしたけど、かなり面白かったです。
紹介して頂いてありがとうございました。

>宵乃さん
ども、こんばんわです。

>この作品に出会わなければ、モーツァルトのイメージは教科書通りのままだったし、サリエリについては知らぬままだったと思います。
まさにその通りですね。
最後にサリエリ自ら語ってますけど、
「自分の存在が薄れてゆき、音楽は忘れ去られ、今では演奏もされない。だがモーツァルトは・・・」
現実にその通りだったけど、この映画で少しは報われたのかなと。

2010-10-05 火 22:56:41 | URL | nor #- [ 編集]

はじめまして。

初めてコメントさせて頂きます、ロッカリアです。
宜しくお願いします。
長い映画を選んでしまった張本人です。(^_^;)
norさんと違い、極めて質素なシステムで、しかも初期のDVDで見たために、堪能するまでにはいきませんでした。
しかもこのDVD、おそらくはインターミッション辺りでA面からB面に裏返さないといけない代物でした。(初期の『燃えよドラゴン』と一緒)
まだ稼働中のLDでも自動でひっくり返してくれるのに。
DC版ではない通常版での視聴だったの、今度BDを買って再見しようと思ってます。
今回はお疲れ様でした。次回のご参加もお待ちしております。
ちなみに、私が使用しているAVアンプなんて、パイオニアのVSA-D10TXと言う、おそらく15年以上も前に買った物です。(トホホ…)

2010-10-06 水 01:05:45 | URL | ロッカリア #- [ 編集]

えーっと

ロケットオッパイ見ましたね(爆)

2010-10-06 水 15:09:31 | URL | サスケ #- [ 編集]

>ロッカリアさん
ども、はじめまして。

>A面からB面に裏返さないといけない代物でした。
懐かしいですね。ウチにもまだそんなDVDディスクが残ってますよ(笑)

>長い映画を選んでしまった張本人です。
いえいえ、こちらこそ素晴らしい映画を紹介して頂きありがとうございました。
もし今回この作品を紹介されなかったら、多分自ら選んで見る事は一生なかったと思います。
なので知らずに居たら後悔していたかもしれません(観終えてから言うのも何ですが(笑)
そう言った意味でも初めて観る機会を得られて凄く感謝してます。
ありがとうございました。&お疲れ様でした。


>サスケさん
ちょwロケットオッパイって・・・確かにw
割りと童顔なんですけどね・・・アレにはビックリでしたよ(笑)

2010-10-06 水 22:31:14 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販