(HV)モンスターVSエイリアン

今日のWOWOWは引用元ネタが分からず・・・
モンスターVSエイリアン」(初見)
2009年 1:34 HV・AAC 5.1ch(WOWOW)

3DCGを駆使した3D映画(ややこしいなw)
フルCGアニメで、いま流行の飛び出す3D上映作品。
もちろんWOWOW放送なので、観たのは2D版ですが・・・。
3D上映の為に作られたような映画ですから、やはり2D版では良さが伝わり難い。
モンスターVSエイリアン

内容は50年代(?)のモンスターパニック映画をオマージュした、
B級SF映画風フルCGアニメ。
引用している元ネタが分からないとサッパリ楽しめない。
でも多分それが分かったとしても、クスクス笑える程度だと思う。
同じ3DCGの第一人者であるピクサーと比べると薄いし、大雑把。
CGの出来もキャラクターだけ異様な質感があるだけで、
それ以外は割りとチープ。
ストーリーもザックリし過ぎ。
何だか知らないけどデカくなっちゃって、
何だか知らないけどモンスターと仲良くなっちゃって、
何だか知らないけどエイリアン退治して、
何だか知らないけど地球を救って、
何だか知らないけどハッピーエンド。
細けぇ~事はどーでもいいんだよ!と言わんばかりに、
テンポ良く展開してくれるのは有り難いのだが、
面白くない・・・w
逆につまらなくも無い。
どっちつかずって、すっごい微妙なんですけど・・・w
モンスターVSエイリアン

画質はさすがフルCGアニメ、HV映像栄えする。
もうアホみたいに明るくクッキリ・ハッキリした画で、
細かい部分まで隅々見渡せるのは気持ちが良い。
ただいくらWOWOW放送のビットレートが高くても、
これだけ綺麗だと逆にペグノイズも目立つ訳で・・・。
極端に視聴の妨げになるような事は無いものの、
細かい映像が沢山あったり、激しく動くシーンではどうしても散見出来てしまう。
モンスターVSエイリアン

音質は普通。
程々の低音、程々の高音、程々の中音。
割りとクリアで、メリハリのある音響。っと言うか強弱が激しめかも。
大げさで分かり易い音とでも言えばよいだろうか。
せっかく巨大化したり、それ以上のモンスターが登場するのだから、
もっと低音を利かせても良かった気がする。
全体的にこれと言った聞かせ所は少なく、映像負けしている感は拭えず。
サラウンド感は上々。
かなり大げさで、音場から音が食み出し過ぎているシーンも。
多分これは映像が飛び出したらちょうど良い音場になるのかもしれないが、
飛び出さない2D版で観てしまうと定位感に違和感を覚えてしまう。
その他もやはり飛び出す事を前提にしたサウンドメイクなのか、
やたらと後方を意識させるサラウンド。
聞いていて楽しいかもしれないが、
定位感に違和感があると、少々疲れるかもしれない。

3Dの為のフルCGアニメ。
2D版では面白さ半減だろうか。
ピクサー作品と比べると非常に大雑把で、
ザックリとしたストーリーもイマイチ乗り切れない。
また50年代(?)のB級モンスター映画をオマージュしているので、
引用元を知らないと尚、楽しめないだろう。
ユニークなキャラや分かり易い内容だけど、
上記の理由により、子供でも楽しめないかもしれない。
ただ3Dとなって映像が飛び出せば、
”それだけ”楽しいのだろう。
ちなみにエンドロール中に1シーンあり。お忘れなく。

   



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.09.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 他

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販