(BD)ハート・ロッカー

本日のBlu-rayは”今時の戦争”を描いた戦争映画
ハート・ロッカー」(初見)
2008年 2:11 26~30Mb/s(AVC) 3.5~5.4Mbps(DTS-HD)

爆弾の破片は毎秒およそ820メートルの速さで飛ぶ。
爆発の中心地から膨張して出てくる加圧ガスの衝撃波には殺戮能力があり、
時速21,000キロの速さ、1平方センチ辺り110トンもの力で飛び出す。
半径25m以内を「キル・ゾーン」(死の領域)と呼ぶ。
本年度アカデミー賞受賞作品。

内容は爆発物処理班の38日間の過酷な任務。
文字通り死と隣り合わせの極限の状況下でしか生を見出せない。
「戦争は麻薬である」と。
ドキュメント風に撮られた今時流行りの?手ブレ映像は激しく画面を揺さぶる。
爆弾解体には異常な緊迫感と圧迫感が伝わる。
派手なドンパチがあるわけでもないけど、
まさしく”今時の戦争”を描いた戦争映画。
ハート・ロッカー

反戦映画だとかプロパガンダがどうだとかは、
アカデミー賞を獲ったあたりで大方の予想は出来るだろう。
観終えた後に各々で意味を見出し、あれこれ考えてみるのも一つ。
ただそういった内容な事もあり、エンタメ性は限りなく低い。
戦場のひりつくような緊迫感の中でも、
どこか淡々と客観視させられるし、死のタイミングも予定調和内。
戦争中毒の男の共感は誘えど、感情移入までは行かない。
ドラマ性が薄く、観終えてどっと疲れるも、不完全燃焼。
玄人好みの戦争映画と呼べば良いのだろうか。
ハート・ロッカー

画質は難しい。
全体的にザラザラした粗い粒子感があり、
良くも悪くもフィルムライクな映像なのだろうか。
今風の精細感度や解像度感を期待すると拍子抜け。
それでも決して甘い映像ではなく、
ゴリゴリとしたディティールはしっかり残っている。
階調は浅めで、コントラストもあまり高くない。
また暗部の落ち込みが激しく、黒潰れ気味。
またハイスピードカメラを使った映像では色収差が目立つ(これは仕様の問題?)
これといった破綻無く、安定した画質を保っているも、
物足りなさはどうしても感じてしまう。
ハート・ロッカー

音質はぶっ飛んでるw
作風が作風だけに、
緊迫したシーンの静けさの中での空気感が良く表現されており、
映像や内容うんぬんよりも、音響からくる圧迫感に耐えられるかw
そして静寂を切り裂くような突然の爆風。
マジ心臓が止まりそうなくらいビビるっつーのw
瞬間的に6Mbpsを超える数値から想像出来るであろう音の情報量。
単純計算で従来のドルビーデジタルの14倍の情報量。
ロスレスってすげーなぁ~w
迫力や音圧だけではなく、
耳に突き刺さるようなキレがあり、音の衝撃が痛い。
どちらかといえば、迫力の音響よりも限りなくリニアな音。
あまり派手さは無く、
一つ一つの音に対し、纏わりつくような空気の重さを感じる。
そのひとつに低音の沈み込みの深さが恩恵しており、
量感はアクション映画ほどではないが、
濃縮された低音は体感以上に出ている可能性があるので、ボリューム調整に注意が必要かも。
またセリフがかなり遠めに聞こえる事もあり、
それにボリュームを合わせて上げてしまうと、唐突の大音量に耳を傷める恐れアリw
サラウンド感も上々。
立体的な空間表現というより、位置関係が把握し易く、
部屋が現場になるのではなく、現場に居合わせるような感じ。
戦場の雰囲気、文字通り漂うような緊迫感を上手く表現している。

爆発物処理班から今時の戦争を描いた戦争映画。
まるでギャンブルを楽しむかのような戦争中毒の男。
生死を乗り越えた時の高揚感と、得も言われぬ満足感。
ただそれだけを求めて生きる現実。
とにかく観終えた後は疲労感しか残らない。
淡々と戦争という日常を綴っただけで、
ドラマ性やエンタメ性は低く、
爆弾処理のスリルやサスペンス要素を期待すると裏切られる。
ただ爆発シーンは流石に見応えがあり、
それ以外にも緊迫したエピソードが多めに用意されているので、
普通に観ても決して飽きる事は無い。
また手ブレ映像が激しいので、苦手な人は要注意かも。

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.09.08 | Comments(0) | Trackback(1) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/553-a87f2576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ハート・ロッカー』お薦め映画

骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。

2010.09.18 | 作曲♪心をこめて作曲します♪

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販