スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(HV)タッチ

今日のWOWOWはお手軽懐古ムービー
タッチ」(初見)
2005年 1:56 HV・AAC 5.1ch(WOWOW)

あまりに有名なあだち充原作の青春ラブストーリー「タッチ」の実写映画化。
どうしても原作に思い入れがあればあるほど、
実写とのギャップの差を感じ、怒り、もしくは悲しみすら感じてしまう事が多い。
ただ個人的には「ま、こんなもんじゃね?」
ハリウッド映画の原作の跡形すら残っていないトンデモ実写に比べれば、
もしタイトルを伏せられて観ても、邦画ドラマの範囲内で十分「タッチ」をしている。
タッチ
  (↑慶太和也? 祥太達也? どっちがどっち?w)
あらすじは双子の兄弟、上杉達也(斉藤祥太)と和也(斉藤慶太)が、
幼馴染である浅倉南(長澤まさみ)を甲子園へと連れて行く青春映画。
原作やアニメの名エピソードを踏襲しつつ、
テンポ良く進むので、どうしても人物の掘り下げが足らない。
原作ファンならグッと来るシーンも、
どうしてそうなるのか、どういった思いがあるのか。
それが省かれてしまっているので、感動どころか感情移入すら厳しい。
ぶっちゃけてしまえば、
原作の美味しい場面をちゃちゃっと見せた、お手軽懐古ムービー。
これでは原作ファンは納得できないだろう。
むしろ私のように殆ど忘れかけた頃に観ると、
「あぁ~、こんな感じ、こんな感じ」と懐かしい気持ちで楽しめるかもw
特に終盤に流れる岩崎良美の主題歌(本編ではカバー曲)が流れるシーンでは、
大いに気分を盛り上げてくれるだろうw
キャスティングもこれはこれでアリだなと思わせてくれる。
タッチ

ちなみに原作を全く知らない人は。
原作ストーリーがストーリーだけに、
青春ドラマとしてはそこそこ楽しめるんじゃなかろうか。
ただし先も言ったとおり、人物の掘り下げがイマイチなので、
感動出来るかどうかは微妙かも。
邦画嫌い(食わず嫌いも含む)の人にもお勧め出来ない。

画質は邦画画質。
白ボケ・黒浮き+ビビット調の画質。
HV放送だったけど解像度感は低く、良く出来たアプコン程度。
夏の甲子園という舞台も、中途半端に変色した画調しか出来ず、
古臭いTVドラマのような画にしか見えない。
またグレインの粒子感も粗くザラついている。
タッチ

音質もTV音質。
とにかく伸びねぇ、広がらねぇ、のぺなぺな音質。
低音はモコモコしてるし、高音はピーキーだし、
中音域も篭ってる。
セリフも周りの音に埋もれ、聞き取り難い。
また取って付けたようなアフレコ音声にゲンナリ。
サラウンド感も一応あるものの、
2ch音声を無理やり疑似音声にしただけのような、
狭苦しく、定位感にも不自然さを感じてしまう。

「タッチ」の実写映画。
邦画ドラマの範囲内で十分「タッチ」をしている。
しかし原作ファンに耐え得る中身は無く、
タッチファンより、長澤まさみファン向け。
もしくは、
忘れかけた内容を懐かしい気持ちで楽しむ、
お手軽懐古ムービー。
それ以上でも、それ以下でも無いw

    



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

2010.09.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。