FC2ブログ

『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』:まとめ

つい先日、最終回を迎えたAngel Beats!
しばらくブログも手に付かないほどに余韻に浸っていましたがw
一区切り付いたと言うことで、このアニメについてのまとめでもしてみようかと。
まぁ論察とか大した事じゃく、ただの散文程度ですが・・・w

まずどういった内容なのか。
ミッションと称して野球してライブして、釣りしてまたライブして、
テストしてライブして。の悪あがき人生。
箱庭的な日常を描いたセカイ系?
毎回何らかのミッションを行い、ギャグを多く織り交ぜつつ、
時にシリアスに、時に感動的に。
展開がコロコロ変わり、登場キャラが多い事もあり、
まるで2話分を1話に凝縮したような内容になっており、
言い換えると詰め込みすぎかも。
唐突と感じるか、急展開と感じるか。
昨今の日常をベースとした、まったり系アニメとは異なり、
間延び感が一切無く、無駄な途中過程を省いて山場だけを見せる、美味しい作り。
その間の描写を求める(全て説明されないと)人には不評で、
そんなの気にしない(含みを自分で考えられる)人にはウケが良い。

また舞台である死後の世界についての謎に囚われ過ぎると本筋を見失い勝ちに。
そもそも麻枝准の作品の多くには必ず救い、救済の対象が描かれるので、
謎の追求やキャラ萌えだけを求めてしまうと理解出来ないかもしれない。
麻枝作品に良く言われている事だが、
”考えるな、感じるんだ。”
これを念頭に置いた上での視聴が絶対条件。
Angel Beats!

ギャグパートとシリアスパートの切り替えが早く、
良く言えばメリハリがあり、悪く言えば急過ぎる。
ある程度、自分なりに処理する必要や、
または2度見、3度見して理解する必要があるかも。
脚本の説明不足というよりP.A. Worksの演出不足、力不足。
割りと脚本どおり、忠実にやり過ぎたのかもしれない。
例えば麻枝が主なプロットを考えていたとしていてもアニメは初心者。
そこはやはりプロであるP.A. Worksが足らない部分を補って然るべき。
これは単純に話数だけではなく、1話1話の演出や間の取り方と言った、
小さな部分での見せ方の積み重ね。
どうもプロットそのままアニメにしてしまった感が否めない。

その他。
放送前から全13話構成と言われていたのにも関わらず、
2クールやれ!とったワケの分からん意見や、
25分x13話=325分、映画約3本分、十分過ぎる時間を詰め込み過ぎと言ったり、
昨今の日常アニメに慣れ過ぎなのか、展開が唐突過ぎると言ってみたり、
自ら考える事をせず、行間を読めない人は説明不足・掘り下げ不足と言う。
それでいて毎週欠かさず視聴しつつも、面白くない・クソアニメだと。
アンチ意見が多く見られたが、逆にそれだけ注目された作品でもあったと言うことだろう。
Angel Beats!

作画・音楽について。
まず作画はそこそこ安定しているも、時折崩れが目に付く。
アクションメインのアニメではないので、あまりゴリゴリ動くような事は無いが、
展開の起伏さのお陰で、シーンカットのバリエーションは豊か。
また個性的なキャラの表情を上手く描いているも、やはり時折の作画崩れが邪魔をする。
輪郭線はあまりシャープではなく、ややソフトなフィルターをかけた感じで、
光源処理や気合の入った背景など、わりと画になるシーンは多い。
クッキリ・ハッキリ系ではないものの、綺麗な映像が多いので、
やはりDVDよりはBD映え。
Angel Beats!

音楽はガルデモを中心とした歌物楽曲が多くあるも、
肝心の劇中に流れるBGMはごく平凡。
Keyと言ったらそれだけで涙腺を刺激するBGMの秀逸さ。
演出を盛り上げる上でも重要な役割があるのだが、
そのBGMの数が圧倒的に少なく、使用用途もワンパターン。
個人的にこれが一番の不満点。
過去のKey作品同様に、物語と同等以上のBGMもしっかりとした物を用意して欲しかった。
それでもLiaが歌うOP、EDの多田葵はもちろん、
ガルデモ初代の岩沢の魂の叫び、2代目ボーカルのユイ(LiSA)と、
アニメとしては贅沢すぎるボーカル曲は聴き応え十分。
Angel Beats!

ミッションと称したギャグパート、
それぞれの過去を回想するシリアスパート、
とにかく展開に起伏があり、
毎回、きっちりと見せ場を用意してある。
麻枝の言ったとおり、毎回が楽しめるアニメ。
放送前から話題を集め、放送中も常に話題に事欠かなく、
それに応じた賛否両論あるのも必然。
ファンの多さ?人気アンケート?売り上げ枚数?視聴率?
何をもって良し悪し、名作・駄作と言うのか分からないが、
間違いなく”人気”だけはあったのは間違いないだろう。
評価を前提とした斜め見、偏った見方をする人達が多かったが、
素直に楽しんだもの勝ちだろう。

http://www.angelbeats.jp/



テーマ:Angel Beats! - ジャンル:アニメ・コミック

2010.07.01 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 その他

コメント

おはようございます☆

norさんへ

いつも企画の時には色々とありがとうございます☆
他の記事にもコメントを差し上げたいのですが、なかなか見ていない作品が多く、失礼してゴメンなさいね!

今朝もこの記事へのコメントではないので申し訳ないのですが・・・

今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
(おめでたい事に、1周年です♪)

作品名:『カプリコン・1』 
(1977年・アメリカ/イギリス製作作品 監督はピーター・ハイアムズ)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「 MOVIE-DIC 」 の 白くじらさんです。
(白くじらさんは、この企画に第4回目から参加して下さっています☆)

選んで下さった理由は

1・未だに実現していない火星有人探査を扱いながら、今でもありえそうな
  出来事という恐怖を、みなさんと味わいたいため。(^^;
2・最近、火星関係の作品を観て懐かしくなったため。
3・まるで生き物のようなヘリにまた会いたくなったため。
4・「ブログ DE ロードショー」一周年ということでここはSFかな!と。
5・といいながらもSFというよりはサスペンス仕立てなので、すんなり入れるかなと思って。

 ・・・との事です。

鑑賞日は7月9日(金)~11日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

なお、このDVDは、大きなレンタルのお店に、存在するとおもわれますので、宜しくお願いします。

2010-07-02 金 05:40:59 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

>miriさん

ども、いつもお誘いありがとうございます。
私はまだ参加して間もないですけど、もう1周年ですか~。
おめでとうございます。
もちろん今回も参加させて頂きたいと思ってます。

2010-07-04 日 10:54:49 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販