スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(HV)フェイク シティ ある男のルール

今日のWOWOWは悪徳警官転じて、正義となる?!
フェイク シティ ある男のルール」(初見)
2008年 1:49 HV・AAC(WOWOW)

またか・・・。
LAPD×悪徳警官の構図。
L.A.はそんなに汚職警官で溢れてるのか?w
この手の物語は散々遣り尽してるので容易に先が読めてしまう。
もうLAPD=汚職警官が定説でおk。

あらすじは汚職警官がある事件の真相を探るうちに、
何が真実で、何が正義かで揺れ動く話。
もう寝ていても大筋のストーリーが分かってしまい、
あくびをしながらでも真相に気付いてしまうw

大きな善の為に、小さな悪を積み重ねるのか、
信念の前に正義を歪めるのか。
そんなコッテコテコテコテのクライムサスペンスアクションも、
これがルールだと言われちゃしょうがないw
キアヌが出てなきゃ観る価値すらないw
フェイク シティ ある男のルール

ストーリー展開には全く期待できないものの、
テンポは非常に良く、大きく外している訳でもないので、
”ある程度”は楽しむ事が出来るのではなかろうか。
アクションも派手さはないが、それなりに爽快感は味わえる。
が、一部ちょっとしたグロシーンありw
(だからPG-12?)
ただ全体的に人物の掘り下げが足りておらず、地に足がついていない。
表面だけを取り繕って、一気に流して、ハイ、おしまい。
そんな印象は拭えないだろう。
キアヌファンにだけ一応お勧めか・・・・w
フェイク シティ ある男のルール

画質はそこそこ。
フィルムグレインは控えめで、ややあか抜けない映像ながら、
解像度感、精細度感を十分に感じさせる画。
アップシーンはキアヌの髭剃り痕などw
異様に肌の凹凸がしっかりと分かる。
発色もL.A.独特の夜景など雰囲気が出ており、怪しげで艶かしい。
ただ暗部は意外と大雑把。
ややザワツキがあり、暗部の情報量も少なく、締りがない印象。
せっかくのLAの夜景も薄汚く見えてしまうのが残念。
フェイク シティ ある男のルール

音質は良い。
LFEが豊富にあり、どっしりと低音を聞かせてくれる。
高音もそこそこ抜けが良く、銃声などの音の立ち上がりも十分味わえる。
中音域もセリフの明瞭さはもちろん、メリハリ感も効いている。
元の音響の素性が良いと思わせる音質。
ただ下にも上にも、もうひと伸び欲しい所。
音は良いけど、空間に音が満ちてくれないと言うか。
部屋の広さ=音場の広さで留まってしまっている。
サラウンド感は上々。
決して派手さはないものの、
アクションシーンでは移動音や効果音など的確かく明確にサラウンドしてくれる。
やはりこちらも密度感が薄く、包囲感が長続きしない。
鳴らす時は鳴らすけど、鳴らない時にはピタっと鳴らなくなってしまう。
そんな印象を受ける。
元々LFEが豊富にあるので、フロントの低域信号をSWへまわす必要はないが、
それでもまわしてあげれば全体的な厚みの底上げには繋がるかも。
この手の映画はやや派手めの音響で丁度良い。

またか、と思わせる、
LAPD×悪徳警官の構図。
これといった捻りも無く、底の浅いストーリー。
悪だ、正義だ言ってる割に、人物の掘り下げも足らず、
どうしても表面だけしか見えてこない。
それでもテンポ良く見せてくれるので飽きは来ない。
よっぽど暇だったら観てみても・・・?
キアヌファン以外はスルー作品。

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.05.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。