スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

スネーク・フライト

今日のレンタルDVDはよく分かっている人が作ったパニック映画
スネーク・フライト」(初見)
2006年 1:45 5.96Mb/s 448kbps(DD/EX)

昨今のホラー作品の勢いに比べ、モンスター・パニック作品は息を潜ませてしまった。
隕石だの、津波だの地球滅亡系のパニック・アクションは最新VFX技術恩恵を受けているが、
モンスター系(ワニだの、サメだの、クモだの)はB級扱い。
大きく風呂敷を広げ過ぎた人類滅亡パニックより、
ある程度フォーカスを絞ったパニックの方がより身近に感じられる気がするのだが・・・。

さて、「スネーク・フライト」ですが、
タイトルからしてB級臭プンプンさせてくれますw
まんま題名通りの内容、旅客機内で大量のヘビが暴れだす話。
確かにどう考えてもB級以上の物には成り得ないネタだが、
作りはかなりしっかりと描かれており、B級だから~と決して馬鹿に出来ない。
まず単純なヘビの大量発生だけでも、
旅客機内なので逃げ場が完全に無く、密室度が非常に高い。
この手のパニック映画において、最も重要な要素だ。
次にパイロットが襲われ、操縦不能になる航空パニック要素も含む。
地味にヘビだけ対処すれば良い訳ではない。
そして旅客機以外の部分(地上での犯人捜査や血清の準備等)でしっかり後支えしている。
なので決して単調にならず、飽きずに最後まで観切ってしまえる出来栄えだ。
スネーク・フライト

幾つかの要素が絡んでいながらも、シンプルに作られており、
この手の作品では”お決まりのパターン”と言うものをしっかりと押さえてある。
なので襲われる順番やら、誰が助かり誰がやられるのかも分かり易い。
また途中で疑問に思う言動や設定も、分かり易く説明してくれる。
B級映画と言っても、細部まで作り込まれた”良く出来たB級映画”と言って良いだろう。
カラフルなヘビのCG出来もそこそこ良いが、一部ショボさを露呈しているシーンも。
最初からB級映画と割り切って観れば十分に楽しめるだろう。

画質は程々に良い。
DVDなりの解像度の低さからくるモッサリ感はあるものの、
発色やコントラストはしっかりしており、画質の悪さは気にならない。
またペグノイズも殆ど見受けられず、総じて安定した画質となっている。
スネーク・フライト

音質も程々に良い。
やたらと後方からの音が目立つと思ったら、DD・EXの6.1chだったw
高音域の伸びがイマイチ足らないものの、
低音~中音は量感もあり、
どっしりとした良くも悪くもドルデジらしい音。
サラウンド感はそこそこ。
EXの6.1chなのでサラウンドバックを意識した音作りで、
後方に配置された音は意外なほど明瞭。
ただやたらと強調されたサラウンドになっているので、
自然なサラウンドと言うより、楽しめるサラウンドだろう。
ただ思ったほど包囲感は感じられないかもしれない。

タイトルそのままのモンスターパニック・アクション。
この手のパニック映画の押さえ所は網羅しており、
多少のコメディを入れつつ、
お決まりパターンながらも爽快感は十分味わえる。
B級映画なりに上手く作られており、
決して安っぽいバカ映画に成り下がっていない。
ひねた言い方をすれば、
「よく分かっている人が作った映画」だろうw
B級と割り切ってしまえば、
マニア・初心者問わず、そこそこ楽しめる。
ただしヘビ嫌いの方は要注意w

    



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2010.04.22 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画 さ

コメント

トラコメありがとうございました!

>ある程度フォーカスを絞ったパニックの方がより身近に感じられる気がするのだが・・・。

そうですよね~。昔の作品だとヒッチコックの「鳥」が名作扱いなのに、最近はこういう題材だと見る人しか見ないB級扱いで…。何でも食べるシロアリの超大量発生とか真面目に怖いと思うんだけどな~。

この作品はエアパニックとモンスターパニックの可能性を見せてくれましたね。巨大化や変異なんてしてなくても、空飛ぶ密室で毒蛇と遭遇したらヤバイ!
一つのアイデアだけに頼って他がお粗末ということがなかったのも好感でした。

2016-03-06 日 15:11:52 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

>宵乃さん

ども、こちらこそトラコメありがとうございます♪

> そうですよね~。昔の作品だとヒッチコックの「鳥」が名作扱いなのに、最近はこういう題材だと見る人しか見ないB級扱いで…。何でも食べるシロアリの超大量発生とか真面目に怖いと思うんだけどな~。

ハリウッド超大作~って文句が無いと食指が動かないんでしょうかね。
でも結局は「CGだでツマンネ」ってなるパターン。
子供の頃にシロアリは家も食べちゃうって聞かされて、シロアリって凄い怖い生き物なんだと思ってました。
今見ると小さくて可愛いんですけどね(笑)

> この作品はエアパニックとモンスターパニックの可能性を見せてくれましたね。巨大化や変異なんてしてなくても、空飛ぶ密室で毒蛇と遭遇したらヤバイ!
> 一つのアイデアだけに頼って他がお粗末ということがなかったのも好感でした。

ですねー、アイディアをとことん練り込んだ脚本だからこその面白さでしょう。
ゾンビ映画とかでもそうですけど、逃げ場が無いってのが一番怖いと思います。
ましてやヘビなんて換気口とか狭い所まで行けちゃう訳ですし、凄く良く考えられてますねー。

2016-03-06 日 21:11:25 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://marantz.blog36.fc2.com/tb.php/464-e68c0fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一言映画感想(2/24~2/27)

いくつかファンタジーっぽい作品があったんだけど、ファミリー映画でもいけそうだなと思ったので温存することに。とりあえず、今回はピクサー短編を一挙放送してたので多めにまとめてみました。2/27「ダム・キーパー」う~ん、公式のあらすじを読んで幾つか疑問は解消したけど、人間(ここでは動物)って壁があればその向こう側に興味を持つ生き物なのに、平和ボケで壁の向こうの状態を忘れるって…。外の世界に行かなく...

2016.03.06 | 忘却エンドロール

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。