FC2ブログ

SHOCKER ショッカー

今日のレンタルDVDは主役不在のスナッフ風ホラー
SHOCKER ショッカー」(初見)
2007年 1:30 5.32Mb/s 192kbps(ST)

電気椅子での死刑は1万5千ボルトを45秒。
最大3回まで。
なお生存の場合、受刑者は自由の身に。

あらすじは電気椅子を耐え切った殺人鬼の復習劇。
なのだが、ストーリーに連続性が無く、ダイジェストムービーを見せられている気分。
冒頭から動物の虐待シーンで始まり、
死刑シーン→夢→獄中生活→過去回想→スナッフ映像・・・
っと、話がバラバラで物語の焦点が合わない
幾人かの登場人物がいるも、誰が主役なのか不明なので感情移入すら出来ず、
終始、客観視させられてしまう。
恐怖感はもちろん、淡々と残虐シーンを見せられるだけの退屈なホラー。
SHOCKER ショッカー

殺人鬼の容姿などのせいもあるが、
狭い屋内で神出鬼没に一人一人惨殺してゆく様は、
どこか13日の金曜日のジェイソンを髣髴とさせる。
ただそのどれもが単調で、煮え切らない。
一部、長回しを使った惨殺シーンも淡々としており、スナッフムービーを思い起こす。
冒頭の動物虐待もそうだが、気分を悪くするシーンがあるのは間違いないが、
ホラー映画として成立していない。
また洋画のクセに間延びが多く、テンションが下がりっぱなし。
一体何をしたいのか、何を見せたいのか理解に苦しむ。
ラストも途中で切ってしまったような終わり方をしており、
凄く残尿感の残る、尻切れトンボ。

画質は微妙。
やけに古臭い映画の彩度の低いセピア調の画調。
解像度感も厳しいのだが、
そもそも薄暗い映像が続くので気になりにくい。
ペグノイズも暗部以外は目立ち難い。
画質が悪い事に間違いないが、視聴の妨げになるほどではない程度。
SHOCKER ショッカー

音質はさすがに厳しい。
悪名高いwドルデジ2chの192kbps。
もはやアナログ時代のTV音声。
音に生気を感じることはなく、空気のように淡々と流れるだけ。
擬似サラウンドするもロウソクが懐中電灯になった程度。
サラウンド感は申し訳ない程度。
一部の効果音が多少後方から鳴ってくれるものの、
あってもなくても良いかも?と思ってしまう。

ストーリー展開に連続性がなく、
登場人物による主観が一切無い、ドキュメンタリ風。
動物虐待シーンや、長回しのスナッフ風など、
気分を害するシーンもある。
どうも目的無く作られた感が否めない、
煮え切らないホラー映画。
間違ってもお勧めは出来ないし、評価の価値すら感じない。

    
>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2010.04.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販