スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

クローバーフィールド/HAKAISHA

本日のDVDは
クローバーフィールド/HAKAISHA
2008年 1:25 6.23Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★★★★  音質:★★★

結局のところFPSみたいなものを映画化したらこんなカンジだろうと思う。
第3者の視点ではなく主観的視点なので、感情移入というか擬似体感度がある。
臨場感と言うか、あたかも自分がその場にいるような、一緒に体験しているような感覚。
客観視に慣れすぎてたから、実際どうなんだろう?と半信半疑だったが、
意外とイケるもんだねw
いや~、普通に面白かった。
また手持ちカメラ撮影で、手ブレが多いので大画面だと酔うらしいのだが、
これも結構平気だった。
観終えた後に何とも言えない気分にさせてくれる映画です。

さて、今更ながらこの映画を知らない人もいないだろうし、
ネタバレしても平気だろうか?w
つか、そもそも散々ネタバレ厳禁とか言われていたようだが、
そう言われる事自体がイミフだ。
結局は最後まで謎は謎のままだし、あれが何かなんてどうだっていい。
それを事前に知ったからと言って何も意味は無い気がするんだが。
ネタバレ厳禁と言う煽りを入れてヒットさせようとしているようにしか思えん。
とにかくあれがハリウッド版ゴ○ラとトムの宇宙戦争に出てきたアレを
足したようなカンジだったという事だけは言っておこうw
むしろそのどちらかをFPS(主観撮影)したような映画でしょうか。

さて画質ですが、大きな破綻も無く不満ありませんでした。
ただ内容が内容だけに、むしろ綺麗すぎじゃね?なんてツッコミは野暮ですよ?w
そして何より音。
どうしてハンディカムなのに後ろから音が聞こえるの?つーくらいサラウンドしまくりw
音質も結構よい。
まぁそう言ったツッコミも野暮ですし、
むしろこのサラウンド感が疑似体験の臨場感を大幅にアップさせてくれている。
移動感や包囲感はもとより、定位感もハッキリと分かるので、
サラウンドある・なしで印象がまるで違ってくる典型的なタイプの映画ですね。
音質もDDながら頑張ってました。
かなり低いトコロまで沈むような低音があり、SWが大活躍でした。
常にSW信号が入っているので急に音が寂しくなるような事もありません。
しかもうるさいだけの膨らんだ低音じゃなく、タイトに引き締まった低音なので聞きやすい。
DDにしては珍しいくらい良かったです。

    



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2008.10.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。