スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(HV)ドロップ

今日のWOWOWは中学生だから許してね☆
ドロップ」(初見)
2008年 2:02 HV・AAC(WOWOW)

クローズZEROと被りまくりだけど、似て非なるもの。
品川裕原作、監督で話題になったが、
素人の域を出ておらず、無駄に吉本芸人を使うなど、
好き勝手やった自己満足映画。

あらすじは中学生が鉄パイプだの金属バットだのを持ち歩いて、
日々喧嘩に明け暮れて、相手と友情を深める・・・。
社会的に責任の無い立場を利用した不良三昧。
喫煙・飲酒はもちろん、窃盗・無免許運転、器物破損・傷害・殺人未遂・・・etc
っと観ているコッチが引いてしまう程やりたい放題。
同じ不良や喧嘩でも、
クローズZEROのような純粋に強さだけを求めるのに対し、
ドロップは暇だから、自由に遊びたいからと動機が無い。
なのでどうしても感情移入や同調し辛い。
またストーリーが全て投げっ放し状態で、
内容が薄っぺらなので、余計にそういった点が目に付き易い。
ドロップ

喧嘩のシーンはかなり多い。
と言うか殆ど喧嘩ばかりじゃなかな。
クローズZEROと比べると意外と本格的?と思わせるくらいヒッティングが巧い。
またスタンディングの殴り合いばかりだったクローズZEROと比較すると、
組んず解れつの喧嘩なので、こちらの方がリアリティが感じられる。
ただし爽快感は薄く、下手すりゃぐでぐで感と紙一重。
この辺りが素人監督とプロ監督の魅せ方の違いなのだろうか。
大袈裟だろうと、ワザとらしいとしても、
けれんみたっぷりに”魅せる”クローズZEROの方がカッコ良く見えてしまう。
ドロップ

その他。
テンポは非常に良く、サクサク進む。
お笑いの要素もふんだんに用意されているが、微妙にスベり気味。
キャスト陣はどうしても小栗旬や山田孝之と比較すればランクが一つも二つも下がるが、
成宮寛貴、水嶋ヒロともに頑張りは十分見て取れる。
ちょい役で多くの芸人が登場するも、映画とは無関係。

画質は邦画的でそれなり。
微妙にぼんやり白飛び気味だが、発色・コントラストともに不満ないレベル。
解像度感もそれなりに感じらる。
画作りはやはりTVドラマの延長線上に近く、
フィルムらしさは皆無。
暗部は見通しよく、黒もしっかり沈んでいるもノイズは多めでチラツキも。
ドロップ

音質は微妙。
一部、邦画にしては驚くほどLFEが入っているシーンがあるものの、単発止まり。
全体的に見ると低音は寂しく、派手なシーンとは裏腹に音はスッカスカ。
よっていつものようにフロント低域信号をSWへ。
これでようやく音と映像のバランスが取れる。
高音はあまり出ておらず、やや狭苦しい印象。
中音域も薄く、引っ込み気味。
どうしてももう少し・・・と感じてしまう。
全体的に音場が狭く、音が団子状態で平面的。
サラウンド感も薄い。
移動音や効果音は多少サラウンドされているも、
あまり効果的に使えておらず、フロントに音が集まりやすい。
また広がりも無く、包囲感はあまり味わえない。

クローズZEROとは似て非なるもの。
若さや青春を微妙に履き違えてた、やりたい放題。
随所のお笑い要素は作品を軽くさせ、
ノリと勢いだけの喧嘩ばかり。
自由気ままに青臭い青春を語り、
物語にシリアスさはなく、中学生だから許してね☆と言わんばかり。
大人が観るには耐え兼ねない、
どちらかと言うと若者向けの不良映画だろう。


っという品川裕が大っ嫌いな私の感想でしたw
 (各自で補完・差し引きして下さい)
ホントのところは思ったほど悪くは無いですが、
1週間もたてば内容は忘れてしまいそうかも。

    



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.04.13 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

詳しい内容はブログ内に書いてあります。

norさん、こんにちは。
いつもレビューを拝見しています。
全面的に、こんな話題だけの邦画には内容の希薄さと、ヒューマニズムの低迷があるだけで、好きな俳優がいないと観る気にはなりませんよね。
仰る通り、バカな若者向け映画ですから、適当な俳優と適度な喧嘩シーンがあればいいんでしょうね。

今日は「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
映画ブロガーの皆様と一緒に、毎月一人のペースで選出された管理人の紹介したい映画を皆でみるという企画です。
ブログの中で、皆で同時期に観るという現代的な企画です。

泣ける映画です。
作品名:『パコと魔法の絵本』 
(2008年・日本製作作品 監督は中島哲也です)

選んだ理由。

☆全面の雰囲気に反比例して、邦画で難なく泣ける映画だからです。

鑑賞日は4月23日(金)~25日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)

茶栗鼠としては、もっとも見ていただきたい作品の1つです。

是非、norさんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、茶栗鼠は書くことになります)

2010-04-16 金 21:35:09 | URL | 茶栗鼠 #- [ 編集]

>茶栗鼠さん

ども、お越し頂ありがとうございます~。

なにやら面白そうな企画ですね!
是非とも参加させて下さい。

『パコと魔法の絵本』というチョイスもGoodですねぇ。
(フレンチホラーでも良かったですけど(><;)
これ、実はBlu-rayで狙ってたんですけど、高くて手が出ませんでした。
作品が作品だけにHD画質で楽しみたかったので、
WOWOW放送でやるのを待っていた作品だったりします(笑)
これを機に思い切って買ってしまいましょうか。

2010-04-16 金 22:42:01 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。