(HV)プライド

今日のWOWOWは音楽がテーマの映画にまさかのハズレ・・・有り?!
プライド」(初見)
2008年 2:06 HV・AAC(WOWOW)

オペラ歌手を夢見る青春ストーリーと言うから、
音楽モノにハズレは無いと高をくくっていたら、ビックリ仰天w
青春ストーリー?
いやいやいやいやいやいやいやいや・・・・(ry
とんでもございません。

ドロっドロの昼ドラのノリじゃないですかっー!!www

あらすじはお金持ちのお嬢様と貧乏音大生の妬み、嫉み、僻み対決。
一昔前の少女漫画や昼ドラにあったような、
非日常生活のドロドロとした転落劇?蹴落とし劇?
逆サクセスストーリーとでも呼ぶべきかw
もう腹黒で感情むき出しにプライドだの嫉妬だの何だの罵り合い。
前半はもう胸焼けがしてくるほどに酷いw
そう、前半だけならば・・・。
私もここまでなら昼ドラでやってろっ!と投げ出したでしょう。
しかし後半は意外な方向へと向かい出し、
客観的に観れば昼ドラや少女漫画の王道パターンなのだが、
どちらに転ぶのか分からない展開から目が離せなくなる。
何しでかすか分からないような危うさがあったりと、
ある意味ホラーよりもハラハラさせられるっつーかw
まんまとドロ沼にハマった気分だw
プライド

オペラと言う全く興味の無いジャンル(パンクも興味なかったですがw)
冒頭からいきなりオペラ歌唱が吹き替えアテレコだったので一抹の不安も、
中盤からはクラブJAZZミュージックだったりと、主軸のオペラとはかけ離れてしまうがw
ラストのライブは不覚にも感動してしまった。
後から調べてみたら主演のステファニーは本物の歌手で、実際に歌ってるらしい。
どうりで演技が大根ぷりだったワケだw
そしてもう一人の主演、満島ひかり。
彼女も実際に歌っているようで、その歌唱力にも大変驚きだが、
(っと思ったら元Folder5のメンバーね、納得w)
存在感・演技力も見応え十分。
ちなみに石原さとみ似。
プライド

画質は微妙。
典型的な邦画の白ボケした低コントラストな映像。
解像度感はそこそこ感じるものの、精細感はまるでなくノッペリ。
ソフトな画と言えば聞こえは良いが、締りのない映像ともとれる。
もう少しシャキっとして欲しい。
ただ全体的にバラつきが多く、一部のシーンではそれなりに持ち応えている印象。
また色温度も低いせいもあり、古臭い映像に見えてしまうのが残念。
決して悪くはないが、良いとも言い難い微妙なライン。
プライド

音質ももう少し頑張れ。出来ればサラウンドにして欲しかった。
AACの2chなのでどうしても広がりや立体感に欠ける。
低音は殆ど無く音場は軽いし、高音も頭打ち。
中音域もピーキーで繋がりも悪い。
せっかくの音楽をテーマにした映画なのだから、
この辺りも考えて欲しいトコロだ。
擬似サラウンドによる効果もイマイチ。
無いよりは全然マシだけど、それでも期待は出来ない。
ラストの歌なんかは良い音質・サラウンドで聞いてみたかった・・・。

昼ドラを凄く豪華にしたような作品。
非日常生活での嫉妬や腹黒なドロドロ劇。
苦手な人が多そうだが、
興味本位で観て見ては如何?
一度足を踏み入れたら、このドロ沼から抜け出せない、、、かもしれないw
音楽がテーマの作品はやはり安定感があり、
オペラに興味が無くとも全く問題無し。
クライマックスの盛り返しは意外と満足感高し。

    



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2010.04.09 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販