FC2ブログ

(BD)2012

本日のBlu-rayは大破壊スペクタクル
2012」(初見)
2009年 2:38 ??~??Mb/s(AVC) ??~??4Mbps(DTS-HD)

超大作スペクタクルムービー請負人ローランド・エメリッヒ監督。
今現時点での映画史上最も凄いディザスター映画なのは間違いないだろう。
大災害?そんな生温いもんではない。
地震、地割れ、噴火、津波、洪水...etc
最後には何と地表が無くなってしまうのだから、逃げるたってどうしようもないw

ぶっちゃけ、この手の映画は何も言えない。。。
とりあえず”凄い”
それだけ。

まぁこれじゃぁあまりに味気ないのでw
分りきってる事だが、かるく説明しようか。
ストーリーは非常にシンプルで、
よくあるディザスター映画のような予兆描写(学者が気付く→お偉いさんは無視する)は
早めに切り上げて、出し惜しみせずスペクタクルシーンを次々に魅せてくれる。
あとは生きる為、愛する者の為にドラマチックに、時に切なく展開していく。
「有り得ない!トンデモ!ご都合主義!」なんて野暮な事はせずに、
アバターやトランスフォーマー以上に頭カラッポにして
ただただ超スペクタクルに身を任せよう。
観終えた後は疲労感しか残らないw

あ、それと一つだけ。
ここまで期待させておいて水を差すようであれだけど、
エメリッヒ作品ってどうしてこうもCGのコンポジットがショボイんだろう・・・
確かに映像としてはかつて無い程凄いことになっているのだが、
CGの出来が良くないから映像にリアリティが無いんだよなぁ。。。
2012

画質はそこそこ。
CGと実写のマッチングを優先したのだろう、ソフトタッチ。
彩度やコントラストも低めなので、CGそのものの出来・不出来以前に、
画調をいじり過ぎてCG臭さを感じてしまう画。
決して高精細な映像ではないものの、
映像自体は明るく見通しが良いので画面の隅々まで見せてくれる。
屋内での実写部は意外とシャープでグレインも無くスッキリ。
ただ画作り的な不満(好み?)はあれど、十分高画質の部類に入る。
とにかくスケール感に圧倒される映像はBlu-rayならでは。
2012

音質は良好。
派手な映像以上に津波のように押し寄せる音響も凄い。
地鳴りのような低音から、耳を覆いたくなるような高音までキッチリ出ており、
音の情報量や密度感はハンパ無い。
特に建物などが崩壊してゆくシーンでは、
メキメキと部屋が悲鳴をあげているのかと錯覚するほどヤバイ。
分厚く硬質で力強い効果音、BGMはロスレスならでは。
サラウンド感もハンパ無い。
先にも述べたが、建物が崩壊してく=部屋が崩壊してゆく、かのように感じる。
また爆風やら噴火の火の玉やら津波やら、
押し寄せてくる音場が上手くサラウンドされており、
つい避けたくなるような、目を瞑りたくなるような移動音が効果的に使われている。
臨場感、包囲感、迫力ともども映像以上に凄い事になっている。
ただ、もう一息欲しい気がしないでもない。
何が足らないのか良く分らないが、もう少しイケるんじゃね?っと思ってしまうかも。
そう、そう、それとラストあたりのセリフで音が一部歪んでいるシーンがありました。
吹き替えでは割れていなかったのですが、あれは・・・?
2012

映画史上最高のディザスター映画。
大迫力のスペクタクルシーンの連続。
そしてドラマチックに、時に切なく。
単純かつシンプルだけど、
とてつもなくスケール感大きい”凄い”映画。
2時間37分と長尺だけど、飽きる事はまずないだろうし、
観終えた後の満腹感・疲労感も十分味わえるだろう。
あれやこれやと考えずに、
ただただ映像・音響に圧倒されましょう!

    



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.03.21 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 0-9

コメント

はじめまして

はじめまして。

私、今年、アカデミー賞の予測をしたんですけど、「音響賞」とかどうやって決めんのよ?!って思ったんだけど、あなたみたいに映画を楽しんでいる人ならわかるんだろうなあと感心しました。

2010-03-21 日 21:07:07 | URL | チュチュ姫 #- [ 編集]

>チュチュ姫さん

ども、はじめして。
私も詳しい事は分りませんが、
音響賞は技術的なシステムやミックスなどの関係者が対象で主にスタジオやプロダクション。
音響効果賞は音響編集(ディレクション)に対して授与される賞で音響ディレクターなどが対象となっているらしいです。

映画は一つの作品であり、何か一つでも欠けてしまったら形にならないと思います。
個人的にオーディオが趣味なものでして、映画の音響にも大変興味があったりします。
5.1chのサラウンドをしていると良く分るのですが、
映像に映っていない物(事柄)でも音響効果によって気付かされる事が多々あります。
例えば後ろから人が近付いてくる音とか、何かが通り過ぎてゆく音とか。
そういった何気ない音でもその場の臨場感が伝わる為に、
音響効果スタッフの陰ながらの努力があるのだと私は思っています。

2010-03-21 日 21:31:22 | URL | nor #- [ 編集]

面白そうですね

はじめまして.
この映画は少し気になっていたのですが,なかなか実際に見るところまでは踏み切れていませんでした.
でも,ブログを拝見してとても面白そうなので,頭をからっぽにして見てみます.

2010-03-22 月 21:57:37 | URL | Friday #voc713vM [ 編集]

>Fridayさん

ども、はじめまして。
面白いか面白くないかは置いておいて(^^;
スケールの大きい”凄い”ものを見せてくれるハズです。

たぶん、大抵の人の感想は「まぁまぁかな」だと思います。

2010-03-22 月 22:28:07 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販