FC2ブログ

(HV)ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

今日のWOWOWは
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」(初見)
1997年 1:30 HV・AAC(WOWOW)

日本版「ヘブンズ・ドア」に引き続き放送されていたこと、
そしてオリジナル版の評価が非常に高いこと、
この二つを理由に観てみました。
う~む、観る順番を誤ったのか、それとも製作時代柄なのか。

先に日本版を観てしまったので比較になってしまうが、
なるほど、日本版はかなりオリジナルに沿った展開になっているのか。
同じ事を日本でやっても非現実的だが、舞台がドイツならばありえそうかもw
でもってオリジナルの方は大分明るいと言うか楽天的。
どことなくコミカルではちゃめちゃな事を仕出かしているといったもので、
死というものに対し悲観的になっておらず、
あっけらかんと受け入れてしまっているのはお国柄の違いなのだろうか。
ただ日本版との決定的な違いは、こちらは男二人組みと言う点。
なので友情やら絆みたいなものに説得力がありシックリ来る感じ。
男性だったら大抵共感できそうか。
ただし97年製作の割りに、作りが古臭く低予算なのがミエミエなので、
それを割り切って観る必要があるかも。

画質はさすがに悪い。
フィルムの傷やしわ、汚れなどが非常に多く目立ち、
黒潰れが酷く、時折映像の変色も目に付く。
たぶんマトモなソースを手に入れられなかったのだろう。
残念ながら画質云々以前の問題。
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

音質もさすがに悪い。
いちおうAACの2chなのだが、どうみてもモノラルにしか思えないw
音は篭りっきりでモゴモゴしている。
擬似サラウンドはほどほど効果あり。
篭り感はどうしようもないが、それでも多少音場が広がってくれるのが救い。
効果音なども思いのほかリアスピーカーから聞えてくれて、
ショボイ割にはサラウンド感は感じられる。
ただそれでもやはりチープさは残ってしまう。

邦画に抵抗がなく、原作原理主義じゃないのならば日本版の方が観易いだろう。
古臭くても平気でなおかつ男性の方ならば断然オリジナルをお勧めする。
ただどちらも限りなく内容が同じなので、
どちらか一方を観れば十分。
どうしても両方観たいという人はオリジナル→日本版の順が良いかもしれない。
個人的に先に日本版を観てしまったせいか、
どうも純粋に楽しめなかった。。。

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.03.07 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 な

コメント

はじめまして^シネマパラディーソのベルです。

いきなりですが、言っておきましょうw
本作、全然古臭くないです。し、古臭いとしたら、それは「味」というもんです。
画質が悪いとかもそう。

あと、国柄ゆえに死に対して楽観的なのか?というのは、違うと思います。
死に様がnorさんの言う「あっけらかん」としてるからこそ、感動が深い・・・。
と僕は思います。
norさんはどうか知れませんが、僕は議論が好きなので、少しだけ挑戦的なコメントを^^

2010-07-16 金 05:12:14 | URL | ベルモンド #- [ 編集]

>ベルモンドさん

ども、はじめましてm(_ _)m

>挑戦的なコメント
いつでも歓迎します(^^)
私もぶっちゃけ感想を書いているので、割と辛口になってしまってます。
人によっては「そうじゃない!」って意見もあると思ってますし、
こうやってひとつの映画に対し、あーだこーだ言いながら議論するのも好きなので。

>古臭い
確か途中でカーチェイスもどきのシーンがあったと思うんですが、
私はそれがどうも昭和時代のTVドラマを彷彿させて古臭く感じました。

画質に関しては、とてもじゃないですがダメダメ過ぎです。
参考画像を見てもらえれば分かると思いますが、黒が潰れ過ぎです。
97年製作と、ごく最近作られた映画でこの画質は”味”と呼ぶには厳し過ぎます。
ベルさんが何で視聴されたのか分かりませんが、
少なくともWOWOW放送されたソースは酷いものでした。
印象としては↓この時と近いものを感じました。
http://marantz.blog36.fc2.com/blog-entry-303.html

>「あっけらかん」
まぁ死生観についての議論になると白熱しそうなので控えますが、
死をあえて意識しない事で逆に感慨深いものは感じますが、
さすがにドライ過ぎませんか?(^^;
個人的には何か一つでも「あ、死ぬんだ」と思わせるような、
もっと人間臭さが欲しかったです。

2010-07-16 金 21:54:50 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販