FC2ブログ

PS3の各ノイズリダクション効果の程:2

前回、PS3のアプコンおよび各ノイズリダクションの効果を検証してみました。
ただフレームノイズリダクションの効果がどうも納得出来ない事もあり、
再度各リダクションごとに検証しました。
大体は前回と同じような結果ですが、若干訂正する点もあり。

前回、あまり効果の詳細が分からず仕舞いだったフレームノイズリダクション(以下FNR略)
色々調べたうえで実際に効果を確かめましたが、
フィルムグレインのような画面広範囲に及ぶノイジーなノイズにどうやら効果を発揮するようです。
ぶっちゃけ、フィルムグレインを弱くしてくれます。
弱くしてくれると言うよりも、ソフトにする。と言った方が正しい表現かもしれません。
そして他のノイズリダクションと違う点が画面の広範囲に効果を及ぼします。
もっと言えばノイズ以外の部分にも効果を及ぼします。
なので前回感じたようにソフトフォーカスになってしまうようです。
でだ、主にフィルムグレインに効果を発揮すると言いましたが、
古い映画、または意図的に強めにされたフィルムグレインって結構ノイジーなんですよね。
粒状の間隔が広かったり、大粒だったり、量が極端に多かったり。
画面がざわついていて、特に顔にグレインがのると汚く感じる事も多々。
そう言ったフィルムグレインには結構効き目があると思います。
もちろんフィルムグレインの意味や効果を知ったうえですので、
一昔前のワーナーのBlu-rayディスクのような”ツルテカ画質”になります。
もしかするとワーナーも同じようなFNRで処理しているのかもしれないと推測。
ワーナー画質を知っている人にはまさにその通りの画質になると思います。
ディティールが潰れ気味でフォーカスが甘く、ツルテカ。
ただし、前回も言いましたがレベル3での話です。
(レベル3にすると他に残像みたいなモヤモヤノイズも発生させるし)
レベル1や2ではそう極端に処理されません。
前回の印象通りの比率くらいかと。
また前回は良く理解していなかったので微妙にスルー気味でしたが、
ではフィルムグレインの無いソースには?
不必要です。
実際にはFNRはフィルムグレイン以外のノイズにも効果があります。
画面全体に現れるペグノイズ。モスキートノイズみたいだけど違うっぽいノイズ。
なので前回もモスキートノイズリダクションと併用出来ると言ったのですが、
モスキートノイズは輪郭線に現れるけど、フレームノイズは全体的に現れる。
そう言ったノイズにも効果があります。
が、ブロックノイズ同様最近のDVDにはあまり見受けられませんし、
相対効果よりも副作用の弊害の方が大きいです。
あと白っぽいチラチラしたノイズや輪郭がチラチラ動くノイズには全く効果ありません。
よって、FNRはフィルムグレインがノイジーに感じた時に使用するのがベスト。
それでもレベル1かレベル2まで。
レベル3は絶対悪です。
アニメやドラマなどフィルムグレインのない物には不必要。オフです。オフ。
(劇場用アニメや海外ドラマは除く)

次、ブロックノイズリダクション(以下BNR略)
前回は弊害も殆ど無いと説明しましたが、
いや、ありましたm(_ _)mスマソ
これも上げ過ぎるとぼやけ出します。
FNRのように極端じゃなかったので分かり難かったんですが、レベル3で確実にぼやけます。
レベル1や2くらいならボケた事に気付かないと思います。
ただ前回同様、最近のソースでは使用頻度もそう高くない。
ブロックノイズを認識した時点でオンにするのがベストかな。
ただ副作用はそれ程でもない気もするので、
ブロックノイズが酷い場合にはレベル3にすべきだと思います。
そのノイズに対しての効果はかなりありますんで。
それ以外、通常はオフで。
心配な方は片面1層ディスクやレンタルディスクの場合にレベル2で観る事をお勧めします。

そして最後にPS3のアプコン能力と同じくらいの実力を持つ、
モスキートノイズリダクション(以下MNR略)
改めてその効果の高さを実感しました。
しかもノイズ判定の高さは秀逸です。
一つ一つをじっくり見ていくと分かるのですが、ノイズだけをキチンと判断して消してくれます。
輪郭の実線を上手くよけつつ、その周りのノイズがザッパリと。
いやー、素晴らしい。
素晴らしいのですが、一応副作用もあったりします。
モスキートノイズが発生していない部分をたまに誤認判定してる感が。
主に実線の隣にある本当は影だったりを誤認して薄くしてしまったり。
または実線の強弱で弱い側をより薄くして、短くしてしまったり(途中で消してしまう)
他にも光などのような画面上で明るい部分の境目を消してしまったり。
極端ではないんだけど、部分的なディティールを消し去ってしまったり。
そう、FNRとの違いでMNRは部分部分で効果を発揮するから、
副作用も画面全体じゃなく、一部だけだったりするんです。
ソフトフォーカスにもなりません。
まぁFNRはディティールをソフトにするけど、MNRはそもそもディティールを消すからねw
もちろんそれは稀だし、あっても画面全体の一部分なので殆ど気にならないし、
ノイズ除去能力の方が十二分に高い。
そもそものノイズ判定能力の高さはかなりのものです。
使ってみれば分かります。マジで脅威に値する。
ただ誤認判定が怖いのならばレベル1か2までにしておくのが吉かと。
やはり各リダクションでそうだけど、レベル3だけ異様なくらい極端なんですよね。
このMNRもレベル3は強烈です。
ただし、MNRだけは基本的にオンにしておくのがベスト。
心配性な方はレベル1くらいでどうぞ。
個人的にはレベル2あたりで十分ベターに思える。
ま、時と場合で臨機応変に。
そして実写ものに対してレベル3はあまりお勧めしません。
副作用にも気付かない程度だと思うけど、
やはり実写映画で例え一部でもディティール欠如は痛い気がする。
で、アニメやCGとかそう言った部類のアレにはレベル3固定。
アプコンと合わせれば鬼に金棒ですw

つーわけで、随分長ったらしくなっていまったが、こんな感じです。
一応お決まりのセリフを言わせて貰うと、
個人の環境によって効果の差があるので、参考程度に。
質問やクレームはいつでも受け付けます。

あ、あと忘れてましたが、各リダクションは”動画”のみに効果があります。
そしてリアルタイムに処理されます。
なので静止画はもちろん、動画でも一時停止してからオン/オフをしても
停止画面には効果は現れません。
基本的に動いている時じゃないとオン/オフは機能しません。
もちろんオンの状態で一時停止すれば効いている状態で一時停止します。
効果を確めたければ再生状態のままオン/オフを切り替えて下さい。
殆ど動かない映像シーンとかがお勧めです。
(カメラ固定でずっとセリフの続くシーンとか、動きはあるけどカメラは動かないとか。)



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2008.10.25 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販