FC2ブログ

(HV)エグジット・スピード

今日のWOWOWは地味ぃ~なマッドマックス風
エグジット・スピード」(初見)
2008年 1:30 HV・AAC(WOWOW)

全編に何だかリハーサルのような微妙な空気が漂い、
終始テンションが上がり切らないまま、
すごく地味ぃ~なマッドマックスを観ている気分にさせられるw

ストーリーは長距離運行バスが、イカれたライダーたちに襲われ、
工場跡に逃げ込み篭城戦を繰広げるバイオレンス・アクション。
襲われる理由などが一切説明されず、
理不尽と言うか意味不明状態で、物語に入り込み難い。
ラリっているのだろうけど、無差別通り魔殺人状態ですよ。
しかも一言も発さないからなお更気味が悪いw
そして逃げ込んだ先で鬼ごっこか、サバゲーの軽いノリ状態で
バス乗客達とバイカーの篭城戦が始まるが、
こちらにあるのは敵が落とした1丁の銃のみ。
それを持つのは中年オヤジで、案の定、銃の無駄撃ちばかり。
乗客内の一人が元軍人でイラクにまで行ったつわもので、
なおかつ中年オヤジの無駄撃ちをわざわざカウントしてくれる程のキレ者なのに、
「小娘が!」の一言で片付けてしまう自己中さ。
さぁ、どうしよう、唯一の武器は使えない中年オヤジの手の中。
言葉が通じないメキシカンは訳のワカラン物を作り出す始末。
「あ、私、アーチェリーの選手よ」「マヂか!」「じぁ、オレ、弓取ってくるよ。」
っと、お前ら緊迫感無さ過ぎw
登場人物が、と言うより映画としての脚本が行き当りばったり過ぎるw
いつしか昔の刑事ドラマのような感じでドンパチ始めるし、
どちらが殺戮狂かわかんねーよw
結局は主役であろう元軍人が大活躍。
あんた序盤で近距離から脇腹を撃たれたのにかすり傷ってどういうことよ?
一体軍でどんな特別な訓練、いや、改造をなされてきたのですか!w
B級映画と割り切って、なんでやねんっ!と突っ込みながら楽しむのも良いが、
動機や理由が明らかにされないと、それもままならない。
一体何がどうなってそうなるのか良くワカラン。
襲われる側もいつのまにかそれが当たり前のように行動し始める。
あんたら映画の影響受け過ぎですよ。
状況をもっと理解しましょうよ。

画質はそれなり。
解像度感はあまり高くないものの、ボケボケと言うわけでもない。
そもそもカメラによる映像のバラツキが激しく、
固定カメラと手持ちカメラとでは極端に画質が変わるのが気になる。
特に暗がりでの暗部のザワツキ感や黒潰れの差が大きい。
一部ビックリするほどボケて汚い映像も混じる事も。
カメラワークもまちまちで、ブレが酷かったり機械的な動きだったりと、
画質云々以前に、撮影状態の方が気になる。
エグジット・スピード

音質はやや悪い。
全体的に音が軽くて上擦り気味。
僅かながらLFEが入っている程度で全然物足りない。
なので低~中音域にかけて厚みが無くスカスカ状態。
高音は篭り感もなくそこそこクリア。
とにかく低音が足らないので、
フロントの低域もSWへ回して上げれば幾分改善する。
サラウンド感はそれなり。
移動音や効果音、BGMなど積極的にリアスピーカーを活用しているも、
ワザとらしいサラウンドと言うか、やや不自然さを感じる。
環境音などがあまりサラウンドされていないので、
リアスピーカーの鳴り方が極端なのもその理由のひとつだろう。
サラウンドはされているも、包囲感と言うようなものはあまり感じない。

ストーリーや設定・展開に
一切説明がなされず、状況把握し辛い。
唐突かつ不自然な行動展開ばかりで、
なかなか方向が定まらず、物語に入り込み難い。
頭っからB級映画と割り切って観るべき。
それでも緊張感が無く、
地味ぃ~な空気感しか漂わず、アクションもショボイ。
名前も聞いた事のない深夜の洋画レベル。
ちなみにアーチェリーっ子が安藤美姫に似ているw

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.02.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販